挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。
この連載小説は未完結のまま約5ヶ月以上の間、更新されていません。
今後、次話投稿されない可能性もあります。予めご了承下さい。

隠匿するホテル

作者:kud
ある場所から見つかった手記をいくつかご紹介する。
これらの手記は、誰がいつどんな目的で書いたのか不明であり、目下研究中である。
書いた人たちはみな、ホテルに隠されているらしいというのが現時点での推測である。
この事から手記を、隠匿するホテルと名付けた。
まずは始まりと思われる手記「頷いて男の手を──」からご紹介しよう。

※即興小説(http://sokkyo-shosetsu.com/author.php?id=1497394669)で書いている連作掌編です。加筆修正したものをイベントで無料頒布してます。こちらにアップしてるのは無料頒布してるものと同じです。
※ホラーな空気はありますがグロテスクな表現はありません。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

山内くんの呪禁の夏。

『きみ、なんで火がお口から出てるの?』『……へーぇ。オレの火がみえるんだ』幼い日、墓石の陰から現れた妖しい子に、山内くんは命を救われた。小学校六年生になった山内//

  • ホラー〔文芸〕
  • 完結済(全32部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2014/11/24 17:14
↑ページトップへ