挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ヤーシャの国の魔法技師 作者:アラトリウス

何と成り、何を為し

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

19/28

第16話 ドゥオルグの国

 国境を超え、大陸東の天下に名前を響かせ始めた魔法技師エンジ。
 だが、半年もの長きに渡り不名誉な蔑称で呼ばれていたことを知るものは少ない。
 正確には過去形だ。少なかった。今日までは。

「うぉぇぇ……」

 舗装されていない道の上をゆく馬車に揺られて数日。
 魔法技師ことゲロ、ないしエンジは完全にやられていた。

「もう少し速度を落としましょうか?」

 御者台のダナンが心配そうに声をかけるが、瑛士は手を横に降った。首は間違っても振れない。
 代わりに答えたのはシャルロッテだ。

「これ以上速度を落としたら間に合いませんから、申し訳ないのですが、え……エンジ様に我慢していただいて、進みましょう」
「そうですか……あの、馬車の中に出してしまいかけたら止めますので、言ってくださいね?」

 馬車は速度を上げ(瑛士はそう感じたが周囲に合わせて速度を戻しただけである)、瑛士とシャルロッテの乗る馬車から後ろは二股に分かれ、Y字になりながら平原を進んでいた。
 目的地はもうすぐそこ。
 目の前に広がる大山脈。ヤーシャの西に接するダの国である。


◇◇◇


「最近、魔道具の品質が下がっている」

 祭りが終わってからしばらく経ったある日の晩餐。呼ばれていたのは瑛士だけで、ヤーシャ王と二人での食事だった。
 ここ最近は王も忙しかったらしく、瑛士にとっては久々の会食だったのだが、ヤーシャ王はいつも通り唐突に席で要件を話し始めた。
 瑛士ももはや慣れたものである。ヤーシャ王に食事に呼ばれた時点で何かある、と勘付いてはいた。
 しかし今回は普段よりやや遠回りだった。
 アレをしてほしい、コレを作ってほしい。そういう結論から先に述べる人物がこのように話を持っていくのには当然理由があった。

「魔道具の品質というのは、魔法の紋様が乱れているということですか?」
「そういうわけでもない。これを見ろ」

 王が侍女に運ばせてきたのは、石づくりの人形だ。
 とんがりボウシを被った頭をポンと叩くと、人形が不器用にカクカクと踊りだす。

「っていうか、それって縁日で私が買ったものじゃ……」
「危険がないかメリルに調べさせた。すまんな。だがすでに解析は終わったのだろう?」
「えぇ。凄いんですよ。手足の魔法がそれぞれ反発と誘引を起こす魔法を仕込まれてまして。引き合ったり反発して踊りになってるんです」

 "踊る人形の魔法"として流布されているそれは、本質をたどれば恐ろしい魔法だった。
 魔法を探知するという定型魔法(ライブラリー)をうまくラッピングして覆い隠しているが、中身のライブラリー部分だけをうまく抽出してしまえば……。

 と、瑛士の舌峰が回り始めたのだが、タイミング悪く人形はバタンと倒れてしまった。
 ランダムに動く踊りは楽しいが、倒れてしまってから起き上がるような機能はない。
 だからこの人形はそれだけだと思っていたのだが。

「昔はもっと綺麗に、そして長く踊り続けるものだった」
「職人の腕前が落ちているのでは?」
「俺の部屋にある人形がこれだ」

 それは何年も前のものなのだろう。何度も倒れて削れたのか、いびつな頭になっていたが、同じ人形だ。
 そして頭をぽんと叩くと。

「うわっ、全然違うじゃないですか!」
「最初は手習い品を売っているのかと怒鳴り込みに行ったのだが、職人も嘆いていた。作り方は同じなのに、年々質が落ちていく、と」

 行ったんだ……という呆れはわざわざ口に出さなかった。
 つまり、

「魔導具に使う"素材"の品質が下がっている原因を調べろ、ということですか?」
「そうだ。エルフの森から送られてくる木材の品質は落ちていないが、西の鉱山から送られてくる金属や土石の類の品質はどうやら落ち続けているらしい。どうしようもないからと諦めて苦情は上がらなかったそうだが、調べさせてみれば山のように情報が出てきた」

 山のようにだぞ?とヤーシャ王は恨めしげだ。
 なるほど、祭りのあとしばらく顔を出さなかったのはその辺を取りまとめていたからか、と瑛士はヤーシャ王のお勤めぶりを慰めた。

「お疲れ様でしたね」
「甲斐はあったからいいがな。で、現地で何が起きているのか調べたいが俺は離れられんので、お前とシャルロッテに行ってもらう。当然正式な大使としていってもらうから護衛も侍女もつく。気楽に行けばいい」
「シャルロッテ様と、ですか……」
「……嫌なのか?」

 ジロリと睨み挙げられるが、滅相もない。
 瑛士としては、だが。

 ここ最近、特に祭りの後から、どうにもシャルロッテの反応がたどたどしくよそよそしい。
 魔法の授業にはしっかり参加してくれるのだが、気がつけば会話の回数が減っていた。
 そもそも瑛士から話しかけることは少なく、ほとんどがシャルロッテからの声掛けで生まれていた交流なので、ここ最近は彼女に見せたい魔法もだいぶ溜まってきている。
 どうしたものか、どう伝えるべきか、迷っていたがヤーシャ王にとっては織り込み済みだったようだ。

「どうも最近不仲なようだが、その様子では困る。馬車を出してやるからさっさと元通りになってこい」

 ニヤリ、と笑うヤーシャ王の笑顔がお節介で大きなお世話だった上司にかぶる。
 どうりで今日はシャルロッテが呼ばれていないわけだ。
 嘆息する瑛士にかけられた言葉は慰めではなく、それでは準備をしましょう、というメリルの業務連絡だった。

◆◆◆

 平原を超えると今度は山道だったが、逆にそこは道が整備されていて、むしろ平原をガタゴトと進むよりもよっぽど楽だった。

「ダの国の領土はこの山だけなのですか?」

 ようやく体を起こした瑛士に話しかけられて、シャルロッテも久々に口を開いた。

「そんなことありませんよ。あの平原も道が途絶えていたところから先はダの国の領土です。ですが、ダの国の方々はこの山を離れませんから」
「自分たちの使う道だけはしっかり整備してるってことですか?」

 それは交易を営んでいる立場としては杜撰だ。
 鉱山資源を抽出できるから、上から目線でいるのだろうか。
 そうだとするとこの後の交流も大変だと早とちりしていたのだが、その間違いも含めてシャルロッテの予想通りだったようだ。彼女は(瑛士の前では久しぶりに)くすりと笑うと、彼の勘違いを正した。

「会ってみれば分かると思います。ドゥオルグ達は私達と同じ物差しで世界を見ていませんから」
「どぅお……?」
「あら。え……エンジ様の世界にはエルフは居ても、ドゥオルグはいらっしゃらなかったのですか?」

 石から生まれ、石とともに生き、石に還って大地と眠る。
 土石鉄に通じた、鍛冶の民。
 つまりそれは。

「ドワーフの国なんですか!?」

◇◇◇

 大使を出迎えるにはまるで相応しくない轟音が、洞窟の内部を満たしていた。
 鍛冶場の金属音、燃え盛る炉の鼓膜まで焦がすかのような叫び声、巨大な木製の水車がギシギシと回り、落とされる滝の様な水量は音を吸い込むどころかそれらを上回る轟音だ。
 そしてなによりも。それらの中で通じるような大声で会話するドゥオルグ……瑛士の世界でドワーフとして描かれていたのと瓜二つな、小柄の親爺がゲラゲラと笑ってヤーシャの国の大使を出迎えていた。

「よぉーーく来たなぁ!久しぶりだな、お嬢ちゃん!!」
「お元気そうで何よりですわ、ダンター様」

 ちなみに鈴のようなシャルロッテの声は当然届いていないので、近くの衛兵が代わりにダンターというドワーフの耳元で伝言ゲームをしている。
 腰をかがめてようやく届く子供のような背丈だが、顔にはたっぷりとヒゲを蓄えている。優しげな目元をしているが、大きくて丸い鼻以外のパーツはほとんど見えていない。
 そして、子供とは比較にならないガッシリとした筋肉が全身に搭載されている。部屋の奥に彼らの背丈と同じくらいのサイズの槌や斧が飾られているが、決して飾りではないのだろう。

「ダンター様、今回の訪問なのですが、ご用件は伝わっておりましたか?」
「おぉ!こちらとしてもありがたいことよ。ヤーシャ王のとこの兄ちゃんが、わりぃ石をなんとかしてくれんだってな?」

 瑛士は「聞いてない!」と叫んだのだが、その声はダンターには届かなかった。
 ヤーシャ王が勝手に風呂敷を広げたのだろう。
 シャルロッテとしては"調査"にきたのであって、"解決"は公約できないのだが……。
 勝手なことを、と兄への怒りで彼女の背中が燃えてあがっていたので、瑛士はとりあえず前に出た。

 営業がどんな甘い言葉を顧客に投げても、現実は現場で現場は残酷だ。
 手八丁だけでは生き残れない。手八丁に合わせて口八丁。
 十八には足りないが、十六丁の十八番である。

「どの程度の改善ができるか、という見立てを見積もるためにまずは調査をさせていただきたく、まずは一週間ほどお時間を頂けますでしょうか?」

 改善の調査のための見積もりのための見立てのえいやで三秒見積もりドン。
 よくあるよくある。
 さぁ、言ってしまったぞ。

「おう、期待してるぜ、あんちゃん!!」

 不安げな空気は後ろから伝わるが、やることをやらねばならないのならやるしかないのである。
 とりあえずメリルに滋養強壮に良い食べ物と飲み物を大量に用意してくれ、と伝えた。怒られた。
 あぁ、空飛ぶ赤牛の飲み物が恋しい。


◆◆◆


 ダの国との協働は、うまい具合にスタートしていた。こと実務に関しては瑛士はかなりのやり手である。ドゥオルグ達ともすぐに仲良くなって、一緒に石をいじくり回しているそうなのだが……男達だけで勝手に予定を立てて、勝手にやりますと答えて進めてしまったのでは、シャルロッテのやることがなくなっていた。
 本来であれば瑛士には調査にだけ専念してもらうつもりだった。
 だが、交渉も自分でしてしまうのでは、何のために……。と悩みながら、彼女は与えられた部屋で悶々とだらだらしている。
 つまり、暇なのだった。

「姫様。そのお姿は少々、問題があるかと」
「ドゥオルグは石から生まれて石に戻るんでしょ?はしたない格好してても何も起こらないわよ」

 シャルロッテの言うとおり、ドゥオルグという種族は肉体的な交渉で子供を残さない。
 石から石に還り、また新たなドゥオルグが生まれてくる。
 ドゥオルグは背丈の小さな男しかいないが、それもあくまで人間から見て男と見えるだけで、ドゥオルグの中に男女の区別はなく、ほとんどのドゥオルグは男の格好をしている。
 女としての態度など、ドゥオルグの前では関係ない。
 それは正しい。しかし、いくら正しく暇であっても、ドゥオルグが自分たちの仕事にしか興味のない職人であっても、見えぬところでもしっかりしておかねばならないことはある。
 例えば、今のだらしのない態度……。普段のドレスであれば問題はなかったが、昨今の流行になっている新型ドレスでは幾分問題があった。

 シャルロッテに限らず、ここ数日で城内の流行には大きな変化が起きていた。
 肌を見せるなど言語道断。華美なドレスで男を捕らえ、肉体を晒すのはしかるべきタイミングになってから。ドレスもピッタリと首元を覆うものや、足元に隙間も覗かないスカートが普通だった。
 では今のシャルロッテの着ているものは普通かというと、大違いであった。
 肘までの手袋で肌を覆ってはいるものの、袖は半分、首どころか鎖骨がはっきりと晒されている。スカートもひざが隠れる程度の短さだ。
 流行の原因はもちろん、サアラだった。

 瑛士にダンスを見せたあの日、城内を駆けていったサアラの姿は多くの貴婦人方が目にしていた。そしてその多くは無謀にも彼女を模したドレスを着こみ、惨敗した。
 彼女の魅力はドレスだけによるものではない。鍛えられた健康的な(それでいて太いとは微塵も思わせない)絶妙なプロポーションと、人間には真似できないような見事な凹凸とくびれの為せる技だった。
 ドレスで体を覆い隠していた貴婦人型が真似をしても、ただいやらしくなるか、そもそも食いつかれない肢体を晒すか。
 とてもではないが、着こなせるものではなかったのだ。
 その無残な様を見てシャルロッテは友人を誇りに思っていたのだが、それはあくまで女性の中だけの話である。

 それでも、男性からの評価は概ね良好だった。
 ドレスだけでは勝負できないような若い貴族の娘が、その美しさで年嵩の婦人と勝負できるようになったからだ。
 新型ドレスは流行というだけではなく、実際的な意味でも活躍しているのであった。

 では、何故、シャルロッテは、今、それを着ているのか。察して欲しい相手にはその気配もない。
 部屋には他に誰もいないが、さすがに直接指摘するのは憚られて、メリルは遠回しに背を押した。

「そろそろ3日が経ちます。エンジ様の様子を見に行かれてはいかがですか?」
「"エイジ"の様子ねぇ。私が見に行く必要、あるかしら?」
「……珍しく悪い往生際をなんとかするためにも、是非お顔を見せるべきかと」

 しかし、押しても引いてもビクともしない主上の反応に、メリルからもさすがに手厳しいコメントが漏れる。
 シャルロッテの顔が奇妙な表情に歪んだ。

「いい加減、彼の前でもそうやって呼んであげたらいかがですか?」
「人前で公称以外を呼ぶのはだめでしょう?」

 呼ぶつもりはない、とムダな嘘をつかないところは兄妹の美点だ。
 だがしかし、理屈をこね回すことに慣れたこの妹は兄のような思い切りが足りない。ありすぎてもこまるが、全くないのも困りモノである。
 いったいなぜ、瑛士以外に上流貴族の男性がいないこの旅に、このドレスを持ってきたのか。
 意味はひとつしかなく考えるだけ時間の無駄だった。

「なぜ、そんなにエンジ様が人気なのでしょう」
「人気……?侍女達の中でも?」
「そのようです」

 サアラの出現で、瑛士の奪い合いは過熱する一方だった。
 あの美貌。あの凛々しい声。彼女に迫られたら、落ちない男はいないだろう。玉の輿にリーチをかけ、足をかけているようなもの。
 に見えているらしい。
 ならば、落とされる前に落とすしかない。

「最近の女子の間では、エンジ様のような頼りない男性が人気なのですか?」
「いや、頼りなくはないでしょ……。肉体的な意味では、その通りだけど」

 メリルと結婚し、パルシバール家に入ったハセン=パルシバールは、ヤーシャ王と並んでヤーシャ最強の騎士と謳われたほどの男だった。
 同時に、ヤーシャ王とは竹馬の友であり、シャルロッテからすれば似たもの同士の兄が二人いるようなものだった。
 あのレベルで逞しい男が趣味なのであれば、瑛士はひょろひょろのもやし未満である。
 メリルの評価が低いのも致し方ない。
 と頭では納得出来ていたのだが、シャルロッテの口をついて出たのは瑛士へのフォローだった。

「戦士としては頼れないでしょうけど、彼の知力は頼もしいんじゃない?」
「そうですが、アレだけだらしないと、結婚しても大変だと思いますよ」
「そ、それは結婚してみないと分からないでしょ。責任感はあるようだし……」
「仕事の虫ですが、プライベートに関してはどうでしょうね……」
「……」

 公的な時間を除かれた話になると、シャルロッテは途端に口を噤んでしまった。
 そう。それこそが、彼女の超えられない壁だった。

「私と三人でいる時も人前だというのでしたら、席を外しますが」
「待って!それは困る!」
「でしたら、いい加減ハッキリ決めないと手遅れになりますよ」

 手遅れ……、とシャルロッテは顎に手をやって唸り始めた。
 いろいろな意味で彼女はリードを取られている。
 侍女達の熱烈な攻撃にはさすがに瑛士も自分の立場に自覚が出てきているようだった。
 だが、彼の本当の名前を知っている人間はごくわずか。少なくともヤーシャ王、シャルロッテ、メリル、サアラ、その他数名の兵士のみが知るだけである。

 せっかくジョーカーを持っているというのに、その札を切らない。切れない。余裕がないのに、他に攻め手もなく出し渋るのは、決断力が足りていないからだ。
 瑛士が受け入れるかどうかではなく、それ以前に瑛士に踏み込んでいく彼女の覚悟が足りていない。
 もちろんその理由が、ただの意気地なしだけではないことをメリルも分かっている。
 彼女はソレをしっかりと解して……つまり、指摘して自覚させていった。

「引け目を感じていらっしゃるのですか?」
「もちろん。私とお兄様は、彼を巻き込んだ側だから」
「その負債は一生消えないでしょう。だったら、」
「分かってるわよ。私が決断するしかないんでしょ。分かってるから、悩んでるんじゃないの」

 そしてシャルロッテは再び拗ねて、新しい石菓子を口に含んでガリガリと噛み始める。
 味が染み出てくる不思議な鉱物なのだが、噛みすぎると顎を痛める。
 さて、どうやってこのいじけた小娘を素直にさせたものかとメリルは無表情に無情な計算をしていたのだが、救いの手は向こうからやってきた。

 コンコンとドアがノックされる。
 失礼します、と声をかけてきたのはダナンだ。
 目線をドアから戻すと、先程までのだらしなさを完全に隠した姫が居た。

「どうぞ」

 メリルが許可を出すと、扉がそっと開いた。
 身体だけ扉の向こうに見せ、部屋には入らない。直立したダナンは、さして緊張もせずに用件をつげた。

「シャルロッテ様。エンジ様がお呼びです」

 エンジからシャルロッテを呼び出すのは初の出来事だった。
 姫と義姉がぴんと身体を伸ばし、一瞬見つめ合ってから二度三度頷いて、猛烈に支度を始めた。
 ダナンは一人扉の外に取り残され、あぁ、また何かに巻き込まれるのか、と一人嘆息した。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ