挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ヤーシャの国の魔法技師 作者:アラトリウス

二代目魔法技師、参上

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

13/35

Exception01 侍女長メリル=パルシバール

 二代目魔法技師エンジ。
 彼の名はあっという間に広がっていった。

 まさしく風の如く平野を走り、山を飛び越え、森林を抜けて、いまだ併合されぬ四方の国へと届いた。
 国の外でそうなのだ、ヤーシャ国内ではその反響はもはや熱狂的というしかないほどの歓迎ぶりであった。
 民衆から兵士、貴族に至るまで、魔法技師に対して否定的な意見をもつものはごく少数。
 そしてその人気の波は、王城内で王族や主流貴族に仕える侍女達へも波及した。

* * * * *

 メリルの朝は、日が昇る前に始まる。
 瑛士は知らないし気づいてもいないことだったが、彼女はヤーシャ王城に務める三人の侍女長の一人であった。要は、偉いのである。
 瑛士は初めのころ侍女をメイドさんのように捉えていたが実際は違う。
 侍女というのは下働きの女ではなく、下級貴族や大商家の娘が高貴な方々に奉公(して縁作りを)するために選ばれているのである。
 侍女は全て上流階級の中で、更なる上流階級を支えるための貴族的な職業なのだ。

 メリルは十歳の時に侍女として王城に入った。
 数年奉公をして働きぶりを認められてからは、王族の侍女役を歴任している。元ヤーシャ王の実母である王妃。現ヤーシャ王。そしてシャルロッテ姫。
 結婚を期に一度は退任したが、子を設ける前に彼女の夫は戦死していた。悲嘆にくれる日々に沈んでいたメリルを王妃が呼び戻し、王妃の子供達の世話を押し付けることで彼女の傷も知らぬ内に癒えていた。
 王妃の優しさに感謝して障害を王家に捧げようと決意したメリルはそれ以後、城内の侍女達を管理する重役をこなしながら現場の侍女としても働いてきたのだった。

 思い返す日々は忙しいながらも充実していたが、魔法技師の侍女を勤めるというのは最も大変な日々であった。それでも彼女は侍女長としての仕事に手を抜くことはない。
 日が昇る前から城内のタスクを確認し、貴族方々の予定と侍女の予定を付き合わせ、仕事を適切に振り分ける。
 誰も起きだしてこない早朝から、その日の城内の動きを決める大事な仕事の最中だったのだが、遠慮がちに、しかしどことなく浮ついた心が透けて聞こえる若い娘の声が背後からメリルを呼んだ。

「メリル様、少々お願いがあるのですが……」

 溜息はつかずに肩を落としながら振り向くとそこにはここ数日で見慣れた表情の娘が立っていた。
 何をそんなにしっかり化粧をしてきているのですか、というツッコミは控える。器量を武器に良縁を見つけるのも侍女に課せられた期待の一つなのだから。
 とはいえ、この若い侍女にも昨今の魔法技師ブームが全てメリルにブロックされているくらいの情報収集はしてもらいたいものだった。何より一々ブロックするメリル自身が忙しく、面倒この上ない余計な仕事に嫌気がさしているからだ。

「まだ当番が決まっていないのでしたら、技師様の午前の当番にあてて頂けないでしょうか」

 さて、今日はなんと応じて禁止したものか。

「貴女の希望は分かりました。ですがエンジ様の担当は一月先まで決まっています」

 昨日の朝に同じように訪れた別の侍女はここで諦めたのだが、今日の娘はまだ粘った。

「では、次の私の番と入れ替えでも、飛ばして頂いても構いません」

 ここまで強気に出る彼女のヤル気に、メリルは今度こそため息をついた。
 玉の輿。両家の関係繋ぎ。政略。嫌いな侍女が狙っているから。
 はたまた、純粋な恋愛感情。もしくはやっぱり身体狙い。
 理由は様々だが、円満な侍女の退職理由の殆どは、結婚や出産だ。普段なら(接近される貴族にも要望を聞いたうえで)彼女らの要望を聞き入れることもある。
 しかし、エンジの場合、話は別だ。

「カロエリーナさん。貴女の要望は分かりました」
「では!」
「ですが、貴女のためを思って言いますが、やめておいたほうが良いでしょう」

 えぇー、という顔をされ、メリルは昔自分に説教をしてくれた先輩の顔を思い出してしかめっつらをわざとらしく作った。
 当時は細やかな仕事の仕方や、お仕えする方の趣向を裏で教えこまれたものだ。
 今回の指摘内容はそれとは段違いに危険なものだったが。

「ナの国の残党や、周辺諸国の諜者から狙われたくなければ、出すぎたマネは控えたほうが宜しいでしょう」

 侍女の表情がピシリと固まる。

「国内の有力者だけの間でなら、侍べる女としての力量次第でしょう。ですが、それで彼を虜にしたところで今度は貴女や、貴女の家、親類縁者が国外から狙われる可能性があります」

 彼女は軽挙ではあったが、事前に発揮できないだけで想像力は十分にあったようだ。
 うわさの魔法技師を家に迎える。玉の輿狙いとしたら上物だが、国外から訪れた不埒なものが執拗に手を伸ばしてくるとしたら。
 うっかり子どもや親を質に取られてしまったら。

「悪いことは言いません。打算で動くだけにしてはあまりにもリスクが大きすぎる相手ですよ」
「うぅ……でも……」

 彼女の反応に今度はメリルが唖然とさせられた。

「本気でエンジ様を狙っていたんですか?」

 言外に「趣味が悪い」というのが漏れでていた。
 本気で本気の部分があった彼女は、その物言いにさすがに憤慨したのだろう。控えめな言葉で激しく反論した。

「真面目に仕事をされていますし」

(あれは仕事の虫というだけです)

「社交と言い張って遊びほうけてもいませんし」

(人と関わるのが面倒くさくて仕事を入れられては、付き合うこっちが大変だというのに)

「珍しい黒髪に黒目で、くせっ毛もかわいいですし」

(人前に出すときにアレを直すのがどれほど大変か)

「線も細くて、無駄なお肉がついてないですし」

(……個人の問題ですから、まぁよいでしょう)

 まだまだ続きそうだった彼女の告白ラッシュを止めて、メリルは大きくため息をついた。

「個人の主観を否定するつもりはありませんが、とにもかくにも、個人的な理由だけで出し抜けて近づくには、彼は危ない立場にあります」
「はい……」
「あと、もう少し男性を見る目を養いなさい」
「……はい」

 なぜそこで不満そうなのだ。
 ちょっとムッとしたメリルは、彼女に一枚の羊皮紙を見せた。

「今日の空き番の貴族様方です。この中から好きな方を選びなさい」
「あっ。じゃあカリオスティ様がいいです!!」
「分かりました。では、今日はこのまま仕事に入ってもらいますよ」
「え゛……」

 まだ仕事が始まっていない朝からこれである。
 ため息は止まらない。
 だというのに、彼女の仕事はここからが本番だった。


* * * * *


 祭りが終わって瑛士が魔法技師として正式に認められてから、午前中にメリルが彼のもとに顔を出すことはなくなった。
 政治的に彼を監視する必要がなくなったというのが大きな理由だが、彼女にはやるべきことがあったからだ。
 メリルは自室に戻るとヤーシャ国内の貴族をまとめた資料を広げると、昨日一日で集めた国内の派閥情勢などの情報を書き込んでいく。
 これも全てはヤーシャ国内をまとめ上げるために必要な仕事であり、そして直近でヤーシャの国に凶刃を向けたナの国の悲劇を繰り返さないためだった。

 ナの国はヤーシャの国の東に隣接する国家だ。西をヤーシャの国、東を人間不可侵の大森林に挟まれていたナの国は国土を広げられず、国を富ませるのに四苦八苦していた。そんな国が戦力を整えたら隣国の領土を削り取るのが常道だろう。
 ナの国は満を持してヤーシャの国の交易路を絶とうとしていた。しかもヤーシャの国が懇意にしている東の大森林に住まう種族との交易路を。商路が絶たれれば戦争以上の影響が出ると先代ヤーシャ王は判断し、最も信頼する腹心の娘を差し出して同盟を結ぶことに決めた。
 ヤーシャ国軍の長を務めるパルシバールの家長もそれを認め、使者を交わし、両国王が同盟を結ぶ調印式まで事は進んだのだ。

 だが、ナの国はその手を取らなかった。それだけならまだしも、一度は受け入れる振りをしてヤーシャ王を暗殺したのだ。
 決め手になったのはナの国が隠し持っていた魔導具だった。魔導具発祥の地であるヤーシャの国の王を、魔導具で仕留めたナの国の高揚ぶりといったらなかった。
 ナの国と内通していた東方の貴族も離反して戦争状態に入り、ヤーシャの国はその全てを黙らせるほどの侵攻を行い、戦争に勝利した。

 国王が暗殺されてから二年。冬の間の休戦を挟んで今度はヤーシャの国から侵攻をかけ、降伏を受け入れずに徹底的にナの国の王族を駆逐したのだった。
 戦争で得たものは現ヤーシャ王の武凛の発露と、ナの国の国土。
 しかし失ったものはそれ以上に大きかった。
 メリルの養父であるパルシバールの家長と夫が、戦争で亡くなった。
 弱体化していると他国に評されているヤーシャの国としては徹底的に勝つしかなかったが、軍団長という大きな犠牲を出したことで利益はむしろマイナスだったと見られている。

 それでも。それでもこの国に仕えるというメリルの心の火は消えなかった。
 弱みを作らぬように貴族と大商人たちの結びつきを強め、怪しい貴族たちはそのつながりを緩めたり、密偵のように侍女を送り込む。

 彼女の半日はそのために費やされる。
 貴族の腹の中を探り、そこかしこを渡り歩く商人の更に深い腹の底を暴く。
 侍女らの想いを利用して貴族の線を断ち切り結び繋ぐ。

 しかしやり過ぎてもいけない。
 だから半日の采配で国の闇をひっくり返し、また蓋をする。
 弟の担当を願った今朝の娘は、あいつの姉が自分である事を知っているのだろうか。
 ため息は深く重い。弟がほだされない事を祈ろう。国家の闇の部分を紐解いて人心を弄んでも、弟くらいは好きに伴侶を選んでほしいものだ。
 まぁ、その不安に比べれば。
 面倒くさくて見所もない男だったが、彼の当番を務めるこの午後の時間は、悪いものではないのかもしれない。

「失礼します」

 ドアの中からは瑛士の声だけではなく、敬愛する姫の声も返ってきた。
 彼女も忙しいはずなのだが、どうにもこの部屋で顔を合わせる機会が増えてきた気がする。
 まさか……。いや、しかし。
 十六の娘の心情を見抜けなかった今朝の失態の例もある。
 厳しめに気を引き締めながら、彼女は今日も彼の部屋を訪れた。


* * * * *


 ヤーシャ王は瑛士を改めて魔法技師として迎えるためにあえて厳しい言葉で彼に迫ったが、実際のところ彼に喫緊の仕事がもたらされたことは一度もなかった。
 では彼が何をしているのかと言えば、新しい魔導具の作成と、そして次代の魔法技師の育成である。
 ヤーシャ国とは本当に切っても切り離せない名家の子供。その中でもヤーシャ王やシャルロッテ姫と直接関わりがあったり、信頼している数名の若手が、入れ替わり立ち代わり、彼の部屋を訪れて技師としての技術を習っていた。

 この日は(メリルの主観としてはこの日も)シャルロッテが彼の教鞭を受けにきていたようだ。

「なるほど……。ではこの部分を書き換えたのが、この前の指輪なのですね?」
「その通りです。その部分を守ればこの前の魔道具は効きません」
「ですがあえて、ここを疎漏にしていれば、乗っ取られても取り返す余地はありますね」
「さすがです、姫様。おそらく先代の魔法技師もそのためにあえてセキュアではない魔法を流布したものかと」

 メリルが午後は必ず瑛士の当番になっているのは、この魔法教室を監視するためでもある。
 その中でもシャルロッテの進度は最も進んでいるようだった。
 技術的なレベルもそうだが、特にそれを解釈して発想に繋げる才能は、やはり他の生徒より一段高い位置にある。
 だが、改めて見てみれば、彼女には別の問題があった。

「……治りませんね、その敬語」
「あぁ、いえ、そうですね。すいません」
「兄も言っていたじゃないですか。魔法技師がぺこぺこしていたら威厳も何もなくなってしまいます」
「そうは言いましても、地位を与えられたからといって一朝一夕で偉くはなれませんよ」
「あら。私は敬語を使わないように努力できてますよ?」
「か、可能な限り努力します……するよ」

 これはそのままヤーシャ王に伝えたほうが良いのだろうか、と真剣に思案しながら、メリルは努めて平然と本日の紅茶をサーブした。
 しかしシャルロッテも今年で十六歳だ。ここ二年は戦争のせいで縁談も舞い込んで来なかったが、魔法技師が再びヤーシャの国を盛り上げてくれれば状況も変わるだろう。その前に二十八になるというヤーシャ王と瑛士の相手を見つける方が優先度が高かったが。

 シャルロッテの擦り寄りが計算なのか、本気なのか、はたまた兄を慕うようなものなのか。
 最近は彼女も本当のことをメリルに話さないことだって増えてきた。さすがにこれはメリルの手に余る。どうするつもりなのかヤーシャ王に確認しておこうとメリルはここでも貴族の名前を脳内で掘り返して国を富ませる未来を考えていた。

 そうやって少し身を離して控えていたのだが、シャルロッテからお呼びがかかった。

「むむ……メリルも一緒に解きませんか?」
「姫様。宿題を一緒に解いては意味がないではありませんか」

 何度も同じ話を別々の生徒にしているので、だんだんとメリル自身も魔法についての知識が身についてきてしまっていた。
 解こうと思えば解けるのかもしれない。否、昨日も同じような授業を聞いているので、もしかしたら答えそのものを分かっているかもしれない。
 自分が入っていくのはフェアではないだろう、と思っていたのだが、瑛士はなぜか自信あり気な顔で笑っていた。

「メリルさんもどうぞ。今日のは二人のためのスペシャル問題ですから」

 つまり、挑発されていたのだ、と気づいて彼女の中の炎が燃え上がった。
 女とて、名将パルシバールの血を引いているのだ。
 挑まれて逃げるわけにはいかなかった。

「良いでしょう。では正解した暁には、見返りを頂きます」
「あっ、いいわねそれ!」

 歳相応にはしゃぐシャルロッテの姿を見るのは久しぶりだ。
 だから、彼女のこの姿を保てるように。あと少しの時間でも。

「姫様からで難しいのでしたら、私を含めた侍女をまずは呼び捨てに会話をしてみてはいかがでしょう」
「え……でもメリルさんは、としう」
「だめですよ、エンジ様」
「ではそういうことで。始めるとしましょうか、姫様」

 他に熱中するものがあれば、復讐心も薄らいで、やわらかな日差しを楽しめるだろう。
 少なくとも、このティータイムの間だけでも。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ