挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
怪異妙奇譚伝 作者:Kt

壹譚目

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

22/22

二十一

「早かったね」

「物分かりのいい方たちばかりだったので」

「へぇー……」

 自分から訊いた割には素っ気ない感じになってしまったが、現実そう返答するしかできない。だって視えないんだから。
 でも、そういう幽霊だったからこそ今まで実害がなかったのかもしれない、なんてことも思った。

 中に入る。電気はもうトー君が付けていた。なので、玄関からリビングまでの道のりで改めて付けるような箇所は無かった。
 靴を脱ぐ。スニーカーから解放された黒い靴下で、フローリングの床に足を置く。

 数歩歩いた時聞こえたエンドウさんの「お邪魔します」で、ここが我が家であることを思い出し、俺は慌てて振り返って「ど、どうぞ~」と一言。
 続けて「スリッパは無いんでそのまま。最後の人は鍵だけお願い」と3人に伝え、俺はリビングへ。

 廊下はトの字型になっていて、途中を右に曲がれば寝室などがある。だが今はとりあえず、リビングへ。
 ドアノブを下に押し、リビングと廊下の間にあるすりガラスの扉を開ける。
 入ると同時に向かってきたのは、換気されてないことで溜まる重い空気だった。

 そういえば、あのタクシーに乗ったあの日から帰っていなかったな……
 俺は空気を交換するため、ベランダと繋がっている大きな窓に向かう。
 開けてすぐ側には4人座れる茶色いダイニングテーブルとチェアがあり、その正面奥にはシンクやコンロなどが所狭しと置かれているキッチンが長方形で広がっている。

 俺は左手方向に歩いていく。黒脚のガラステーブルやクリーム色のソファ、テレビがあるリビングを抜け、引き戸タイプの窓へ。
 閉まっている鍵に手をかけ、下ろす。重い窓を横にスライドさせると、外からあまり心地の良くない空気が流れ込んできた。梅雨時期独特の湿気をまとった空気だ。
 どっちもどっちだったので、少し換気したら閉めることにした。

 ギィーッと音が耳に届く。この音がこうもはっきりと鳴るのは、建てつけの悪いすりガラスの扉だけ。
 見ると、3人が入ってきた。

 「それじゃ……」全員が揃ったところで、部屋の説明を始めた。

「寝室だけど、イチ君とトー君はここと玄関の間にあるとこを左に曲がってもらって、突き当たりの部屋で。
 ベッドは1人分しかないから、クローゼットに布団があるからそれを使って。
 普段は俺使ってるからもしそれが嫌だったら……」

「オレ、ベッドでいいかっ!?」

 子供のようなワクワクした表情でトー君に尋ねるイチ君。肩には竹刀袋が下げられている。
 どうやら、使ってるから嫌だとかそういうのは大丈夫そうだ。

 「どうぞ」大人な対応を見せるトー君。

「っしゃぁぁ!」

 本気のガッツポーズ。よっぽど嬉しかったんだね……

「エンドウさんはそこの、ソファの後ろにある畳の部屋を使って下さい。布団類は押入れに入ってますんで」

 普段は仕事の作業部屋として使っている。なんかあった時用に準備しておいてよかった、とつくづく思う。

 「それじゃあ、坂崎さんは?」エンドウさんが少しキョトンとしながら尋ねてきた。

「俺はこのソファで」

「そんな……私がそこに」

「いや、いいんだよ。
 ここで寝落ちしてそのまま仕事場まで行くこともよくあるから、体が慣れてる」

「でも……」

「いいじゃんか。本人がいいって言ってんだから」

 イチ君が後頭部に両手を置きながら、右足を左足前へ交差させる。

「じゃあお言葉に甘えて……」

 とりあえず大丈夫なようだから続けよう。

「お風呂は出てすぐの正面にある扉をスライドしてもらうと、中に洗面所がある。その右奥ね。
 バスタオルは洗面所の斜め右後ろの天井近くに洗濯したのがたたんであるから自由に使って。
 で、中のボディーソープとかシャンプーとか、そういうのは好きに——」

 あっ、そっか……

「エンドウさん」

「はい?」

「石鹸類が男物しかないんですけど、それでも大丈夫ですかね?
 なんなら、すぐそこのコンビニで買ってきますけど」

「いや、そんな! あるもので十分です」

「分かりました。じゃあ、もし使って合わなそうでしたらすぐに言ってください。買いに行ってきますんで」

 「分かりました」頷くエンドウさん。

「それじゃあまあ……もし何かあれば俺に訊いてもらって、あとは好きにくつろいで」

 「トイレどこ~」右手を上げ、意思表示してくるイチ君。

「あっ、そこの角を左に曲がってすぐ。2人の部屋の手前のとこ」

「りょーかい」

 イチ君は竹刀袋を持ったまま、去って行こうとする。

「置いといていいよ」

 「あ?」呼び止められたのが自分だと分かったのだろう。顔と少し体を俺の方に向けてきた。

「刀、置いといていいよ」

「……いやいい」

「でも、邪魔じゃない?」

 ちょっと怪訝な顔になり、こちらを向くイチ君。

 「邪魔じゃねぇーよ」強い口調。

「ゴ、ゴメン。そういう意味で言ったんじゃ——」

 変な誤解を与えてしまったと思い、俺はすぐに謝罪をする。
 イチ君は目を強く瞑りながら、髪をわしわし掻いた。

「別に怒ってるわけじゃない。
 ただ、なんかあった時対処出来ねえから、刀は常に持っておきたいってことを言いたかったんだ。
 持ってってもいいよな?」

「うん……」

 俺は首も振って肯定する。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

異世界と青い鳥 ~本物の獣耳娘と仲良くなりにちょっと異世界に行ってきます♪~

「冬也。リオと一緒にあっちの世界に行って、一年くらい旅をしておいでよ」  ――はい? アニメ・ラノベ好き、獣耳娘大好き、彼女無し、そんな普通の大学生トーヤは//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全90部分)
  • 9 user
  • 最終掲載日:2017/10/21 16:11
彼女と出会ったあの日から

一人暮らしでフリーターの俺こと青山憲法はある日、向かいに引っ越してきた彼女に一目惚れをした。彼女の仕草一つ一つに気持ちが揺さぶられてしまう。彼女と俺の短い恋物語//

  • 純文学〔文芸〕
  • 連載(全29部分)
  • 9 user
  • 最終掲載日:2017/09/04 00:01
パラドックス・セリスィ -クロス・W-

突如現れた上半身は女、下半身は蛇の姿をした化け物が人々の日常を壊す。 人を喰う化け物から逃げる少女。 他人を見捨て生き残ろうとする自分が醜い。そう思う彼女はそ//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全19部分)
  • 12 user
  • 最終掲載日:2017/10/15 08:19
放浪の魔女

 神聖暦第七期、終わりの見えぬ戦乱の世を旅する魔女の物語。    血のように暗く赤黒い瞳、闇のように長く黒い髪。  そして死を匂わせる黒い外套を身に纏った姿の彼//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全97部分)
  • 9 user
  • 最終掲載日:2017/09/24 00:29
悪の帝王は滅びない

『人間』以外の全ての知的生命体の帝国の王。 鬼に人狼にヴァンパイアに龍、サキュバスにリリムにグール、エルフに妖精… 彼らの命運は帝王の手に委ねられている。 強大//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全47部分)
  • 14 user
  • 最終掲載日:2017/10/15 19:05
フローティア

駅前のビルから落下して死亡した女子高生、森津衣菜(もり ついな)は、その150秒後に起き上がった。 身体のあちこちが壊れ心臓は停止した死体のままで。 生きている//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全92部分)
  • 10 user
  • 最終掲載日:2017/09/05 22:02
俺と彼女とタイムスリップと

主人公の松村淳一は、会社を解雇され現実逃避をしていると11年前にタイムスリップをしてしまい、高校生に戻ってしまう。 しばらくタイムスリップを続けていると淳一の前//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全41部分)
  • 13 user
  • 最終掲載日:2017/10/13 19:16
猛火のスペクトラム

【10/15 ご報告】 進行中の第一幕ラストシーンの構築ですが、まもなく完了の見込みです。 遅くなりまして申し訳ございません。最遅で10/25を目途に、3日に一//

  • アクション〔文芸〕
  • 連載(全49部分)
  • 11 user
  • 最終掲載日:2017/08/31 22:30
この主人公、植物である!? 〜ワールドティアの奇跡〜

コンニャクゼリーを喉に詰まらせ、窒息死した彼が次に目を開けるとそこには異世界らしき…物はなく途方もなく続く『暗闇』であった。これからこの物語を作っていく張本人で//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全17部分)
  • 9 user
  • 最終掲載日:2017/09/08 01:01
幽霊彼女 フユレちゃん

 二十歳の大学生・伸一は今まで彼女がいたことが無く、いまだに童貞で、ただ講義とバイトに明け暮れるだけの日々に嫌気がさしているのだった。そんなある日、バイト中に見//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全455部分)
  • 12 user
  • 最終掲載日:2017/10/24 00:00
自由気ままな退魔士譚

季節は冬。 数年前にある組織を抜けた男は三人の女性たちと再会する。 ――逃げ出した過去と向かい合う時が来たのかもしれない。 まだ踏み出すのは怖い。しかし見捨//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全59部分)
  • 12 user
  • 最終掲載日:2017/10/19 01:00
デスゲームに巻き込まれたようだけどこのゲーム作ったの俺でした

目覚めるとそこは真っ暗な空間。 記憶喪失で何も覚えていない。 扉を開けると教室。 部屋には巨乳の女騎士。 狩人。機械。ホスト。ギャル。 そして黒板に表示されるミ//

  • VRゲーム〔SF〕
  • 連載(全59部分)
  • 11 user
  • 最終掲載日:2017/08/16 23:01
マニュプレート

時は2027年。東京に住む一人の少年、小柳聖夜は力を欲していた。 学校にはほとんど行かない、行ったとしても理不尽な輩にいじめられる、親友なんていないし唯一話せ//

  • 空想科学〔SF〕
  • 連載(全25部分)
  • 9 user
  • 最終掲載日:2017/09/10 02:11
龍の魔道士

引きこもり高校生の狩屋龍輝は、外へ出た瞬間に異世界に召喚されていた。 金がなければ、知人もいない、自分の居場所さえも分からない絶体絶命少年。 そんな彼が手にした//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全30部分)
  • 20 user
  • 最終掲載日:2017/10/08 20:16
地獄の日常は悲劇か喜劇か?

「私が全てを託したのは貴方なのですから」 これは身勝手に全てを託された者たちの物語。 全ては自分勝手な理由で……。 これは一人の鬼によって巻き起された不//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全30部分)
  • 11 user
  • 最終掲載日:2017/10/20 04:57
魔王軍の勇者様 -Resurrection World-

何の肩書も持たない主人公の「僕」は、これまた何の前触れもなくあらわれた少女に知らない世界へ転移させられてしまう。 ここまでは、ある意味よくある話だが、少女エリー//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全141部分)
  • 13 user
  • 最終掲載日:2017/10/01 22:05
近所の森に行ったら妖精界と繋がっていた件

―― ごく普通の私立高校に通う普通の高校生、三井雄也。 ある日雄也は友人の森山優斗、新井和馬の3人で、幼い頃からよく遊んでいた水霊の森へと行く。 雄也の町では幼//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全86部分)
  • 10 user
  • 最終掲載日:2017/10/22 21:00
【イラスト有】プリンセスセレクション-女王選抜試練- 異世界の姫君は地球にて舞うようです

女王選抜試練《プリンセスセレクション》 それは世界の覇権を賭け、ただ一人の女王を選抜する試練。 異世界の命運を握る戦いの会場に、地球が選ばれてしまった。 豪//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全42部分)
  • 12 user
  • 最終掲載日:2017/10/22 23:06
楽園戦争

当たり前の日常は、いつまでも続くと、そういうものだと思っていた。 その日、少年は人の行き交うスクランブル交差点のど真ん中で、世界が血の色に染まる光景を目にして//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全31部分)
  • 9 user
  • 最終掲載日:2017/08/30 17:12
焰夏(エンカ)ノ蝉

 5月5日総合ランキング285位獲得です!スコ速にて2度紹介されました。 ★現在修正中です。10月からは更に不定期投稿になります。最新話投稿の宣伝は致しません。//

  • パニック〔SF〕
  • 連載(全83部分)
  • 27 user
  • 最終掲載日:2017/10/19 12:11
無彩色の運命〜転生失敗から始まる物語〜

無彩色の運命(むさいしょくのさだめ)と読みます。 「善の象徴」と呼ばれる神の子が「七つの大罪」である大悪魔の最後の1人を打ち倒したとき、その大悪魔は死力を尽く//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全24部分)
  • 12 user
  • 最終掲載日:2017/09/09 21:28
ありふれた職業で世界最強

クラスごと異世界に召喚され、他のクラスメイトがチートなスペックと“天職”を有する中、一人平凡を地で行く主人公南雲ハジメ。彼の“天職”は“錬成師”、言い換えれば唯//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全284部分)
  • 9 user
  • 最終掲載日:2017/10/21 19:00
今宵も異世界人を召喚します

 世界大戦により、労働人口が激減してしまった異世界。そんな状況を打破すべく、政府が打ち出した政策は"異世界人の召喚"だった。   そのプロジェクトに参加する召喚//

  • コメディー〔文芸〕
  • 連載(全6部分)
  • 9 user
  • 最終掲載日:2017/07/11 22:00
本日ハ所ニョリ磁気嵐、重油雨ノチ音波風

機能を停止した世界、鈍色をした構造体群の遺跡により覆われた地平線がどこまでも続いている。 巨大なレールの上を絶えず前進する一辺二〇キロメートルの立方体《格子建//

  • 空想科学〔SF〕
  • 連載(全30部分)
  • 10 user
  • 最終掲載日:2017/10/20 08:05
ユニーク~SevenS.over~ 10000階の塔と7人の愚か者

平和な世界に突如現れた神々の遺産。 人々はこの塔に幾度となく挑み散っていく、そんな塔に7人の才能と力に恵まれた勇者達が挑むスペクタクルダンジョン巨編 //

  • 異世界〔恋愛〕
  • 短編
  • 13 user
  • 最終掲載日:2017/04/01 10:22
グラニスラ〜アブノーマルな「人工島」〜

日本の相模湾沿岸に、人工島がある。 何もかもが揃い、不自由なく生活ができる理想の島として有名だ。 だが、殆ど知られていない。この島には不思議とワケありな人間や事//

  • 推理〔文芸〕
  • 連載(全74部分)
  • 21 user
  • 最終掲載日:2017/10/22 12:16
コトノハ薬局

言葉に宿る音色と力・「コトノハ」を処方する薬剤師・音ノ瀬ことの物語。 四季折々の暮らし、人との触れ合い。 やがて物語は、音ノ瀬一族の核心・暗部へと迫る――――//

  • 純文学〔文芸〕
  • 連載(全181部分)
  • 18 user
  • 最終掲載日:2017/10/21 09:00
VARS -宇宙からの飛来物-

2057年。宇宙からある飛来物が世界各国の主要地域に落とされた。 その飛来物は直径150kmに及ぶ黒銀色の柱。高さ500kmのそれは天高くそびえ立っていた。その//

  • 宇宙〔SF〕
  • 連載(全26部分)
  • 11 user
  • 最終掲載日:2017/07/26 22:42
黙示録(アポカリプス)

夏休みの終わり 2人の少女との出会いから、俺 本城アキトは世界の存亡をかけた争いに巻き込まれていく…… 時は、西暦3070年 1500年前の大災害により、人//

  • アクション〔文芸〕
  • 連載(全41部分)
  • 10 user
  • 最終掲載日:2017/10/22 21:16
魔女的エクアージュ~失恋した腹いせに世界を破滅させる物語~

科学が繁栄した世界で、異端の黒髪を持つ主人公のユイは、学園の人気者であるルキノに告白するも、無残な形でフラれてしまう。その晩、途方に暮れていると、突如噴水の中か//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全167部分)
  • 11 user
  • 最終掲載日:2017/10/18 21:08
世界は闇に包まれる

狭間 十夜は人間性に欠けた人間だった。ある時、ふとしたことを契機に母親を殺してしまう。それから狭間の人生に転機が訪れ……。天性の殺人鬼が織り成す美しき生命の事象//

  • ホラー〔文芸〕
  • 完結済(全70部分)
  • 13 user
  • 最終掲載日:2017/06/11 19:55
妄執世界のアリス

 村を焼け出された少女ナユタを救い出したのは、アリスという不思議な少女と、ルイスという斜に構えた男だった。  全ての事象を見通すアリスの未来予測に導かれて、ナユ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全84部分)
  • 16 user
  • 最終掲載日:2017/09/24 17:00
礼装の小箱

現代、時の止まったような家の中に生きる旧家の令嬢・華夜理(かより)の日常。彼女は過去の出来事により心に傷を負っていた。 彼女を見守り、暮らしを共にする従兄弟の晶//

  • 純文学〔文芸〕
  • 連載(全67部分)
  • 10 user
  • 最終掲載日:2017/10/23 09:00
黎明の侍女と瑠璃色の姫に転生した二人は“天使”のシナリオに叛逆する。〜三つのゲームが融合!? どうやらテンプレの異世界転生では無かったようです〜

 地盤沈下に巻き込まれて死亡した〈藤真流星〉と〈南條汐莉〉は死したる者が辿り着く神域で“天使”と出会う。  “天使”に導かれ、流星と汐莉が転生したのはBad E//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全46部分)
  • 10 user
  • 最終掲載日:2017/10/21 00:00
Re:ゼロから始める異世界生活

突如、コンビニ帰りに異世界へ召喚されたひきこもり学生の菜月昴。知識も技術も武力もコミュ能力もない、ないない尽くしの凡人が、チートボーナスを与えられることもなく放//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全443部分)
  • 9 user
  • 最終掲載日:2017/06/13 01:00
ゲートの向こうにある世界

いつからだっただろう 私が、こんなに人間を憎むようになったのは  この世界、いや、世界は7つある。  6つの世界同士は、それぞれの世界にある、光る魔法陣//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全32部分)
  • 19 user
  • 最終掲載日:2017/08/23 22:25
↑ページトップへ