挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
怪異妙奇譚伝 作者:Kt

壹譚目

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

15/29

十四

 タクシーが止まる。扉が開く。赤信号でではなく、どうやら着いたみたいだ。なんともタイミングがいい。時計を見る。乗り込んでからもう30分が経過していた。思ってたよりも早く、時の流れを感じた。

 「5240円になります」運転手はこちらに顔を向け、告げてきた。

 財布を見る。小銭は多いのに、丁度よくはなかった。1番近い5250円を渡す。

 「あ、あと領収書下さい」運転手は慣れた手つきで肘置きから領収書の束を、胸ポケットから黒いボールペンを取り出す。
 「宛名は?」編集部の名前を伝えると、サラサラと書き始める運転手。

 アレ? なんだろう……何かを忘れてるような……

「お待たせしました」

 結局何なのか分からないまま領収書を貰って、タクシーから降りる。
 まあ……どっかで思い出すだろう。

 「で? こっからどう行けばいいんだ?」後から降りたイチ君は竹刀袋を肩にかけ直す。

 「ええっと……」と吃ると、イチ君は「え、分かんねぇの?」両手をポケットに突っ込む。

「うん」

 「さも知ってるみたいな顔してたじゃねぇーか」そう愚痴るイチ君が言い表しているのはおそらく、あの家でのことだろう。

「名前は知ってたけど、詳しい場所までは……それにタクシーでそこまで行けると思ってたし」

「ったく……どうすんだよ?」

 あっそうだ。

 「地図使おう」俺はバッグを開く。「地図?」イチ君は首をかしげる。
 あった。俺はケータイを取り出し、開く。

 「成る程。地図アプリを、ということですね」と話すトー君に、俺は「そう」と頷きながら返答する。

 タッチして地図アプリを起動させる。アップデートのため、開くのに少しばかり時間がかかる。

 ここら辺は俺の自宅とは反対方向な上、取材等でもあまり使ったり通ったりすることがない。方向音痴では無いが、下手に迷ってしまうよりはチラチラと見ながらのほうが遥かにいい。もうこれ以上無駄な時間は消費したくなかった。

 顔を上げてチラッと様子見。暇そうに、風船を作って遊んでいるイチ君。トー君はじっとこちらを見ていた。

 視線をケータイに。読み込みが終わったようで現在地が青い丸になって現れた。同時に辺りには建物の名前が地図記号とともに、表示される。ケータイの方向を変えると、それに伴って青い丸に付いている先端の尖った部分があちこちを向く。

 画面上部にある検索欄に“四六横丁”と打ち込む。すると、目的地から赤いアイコンが膨れるように出てきた。ここから350メートル。徒歩での所要時間は5分。さほど遠くはない。

 よしっ! 「お待たせ」アプリのナビを開始しながら、俺ら3人は歩き出す。



 「100メートルです」音声案内。女性の声だ。所々で「右折してください」や「左折してください」と案内され、来たのは辺りが民家で並べられた住宅街。昼時だからか、人通りは少ない。地図上で示されてる距離の数字が少なくなっているから、辿り着いてはいるみたいだけれど、このまま歩いていって本当に辿り着くのだろうかと疑うほどだ。それくらい普通の住宅街だったのだ。

 20メートル先にある角を左に曲がる。で、こっからさらに40メートル先の角を左に曲がって……って、ん?

 あれってもしかして。「エンドウさんっ!」

 自転車のハンドルを持ったまま、振り返ってきた。やはりそう、エンドウさんだ。この前会った時とは違って軽装で動きやすい服装をしている。そして、リュックを背負っていた。

 あっちも俺らのことが分かったみたいで少ししてから、エンドウさんも少し笑みをこぼしながら小さいながらも右手を振ってきた。

 俺は、俺らは近づこうとした。「何でここに?」と、訊こうとした。

 だけど、できなかった。

 訊く前に出てきたのだ、エンドウさんの背後から黒い(もや)が。
 ただただ黒く、まるで毛布に閉じ込められた複数の虫が外に出ようと蠢くように、うねうねと動いている。

 あんなのは今までに見たことなどない。だけど、体の底から一瞬で感じた。
 あれは、あの黒い靄は危険だ、と。

 すると、エンドウさんの手が突然、空中で静止した。気配に気づいたのだろう、手の平側に少し丸めながら、恐る恐る後ろを振り返っていく。

 彼女の腕が重力に負けて下がっていく。それはあの黒い靄が俺以外にも見えていたことを証明してた。
 そして、今のエンドウさんの状態がどういうのか俺なら分かる。あの時と同じだ。あの路地裏と同じで、体が恐怖で縛られているんだ。

 俺らとエンドウさんとの距離は、ザッと見て7、80メートル。この状況、マズい……とにかくマズい。

 「チッ、面倒なことになった」ボソッと呟きながら、イチ君は肩にかけてた竹刀袋を降ろす。

「あとは頼んだぞ、トー」

 イチ君は袋から素早く刀を取り出し右手で柄を掴み、地面と垂直に。

 「了解」トー君の返事を耳にした直後、イチ君は金の鞘を後方へ振り落とす。

 イチ君は口と鼻から一瞬で背中越しでも分かるぐらい大量の空気を体に取り込む。肺が一杯になり、動きが止まる。そして、素早く左足を前方へ。踏み出すのではなく、踏み込んだ。

「伏せろぉっっ!」

 大声で叫んだ瞬間、イチ君は歯を見せて食いしばり、野球のピッチャーの如く刀をぶん投げた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ