挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
怪異妙奇譚伝 作者:Kt

壹譚目

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

1/29

 「明日は10時でいいんだよね?」サヤは覗くように顔を横にやる。「うん」同じく横を向いて、縦に頷くアヤ。

 2人は濃紺のスクールバッグを肩にかけ、セーラー服を揺らしながら自宅への道を歩んでいた。黒を基調とした上下の中に襟や袖に白の線、胸元に赤いセーラースカーフという最近ではあまり見ない古風なセーラー服。

「前みたいに遅れないように、今日は早く寝なよ」

 白い歯を見せながら茶化すアヤに、「余計なお世話だよ〜だ」とサヤは赤い舌を少し出して顔をクシャリと歪めた。意識をせずだが、お互い変顔になっていた。見合った2人は、示し合わせたように笑い合った。

 十字路に差し掛かり、2人は立ち止まり、互いに向き合う。

「じゃあね、サヤ」

「うん! バイバーイ」

 アヤは右方向、サヤは左方向。それぞれの自宅へ向かって、2人は歩き出した。

「フッフフフッフッフー」

 鼻歌を口ずさむ。サヤの癖である。
 歌う曲はバラバラだ。好きなアーティストの既存曲であったり、適当に作った即興曲であったり。音楽知識は皆無だが、今まで様々な曲を聴いてきたのだから、感覚でなんとかなる部分があるとサヤは思っていた。

 数秒歌った後、ハッと気づく。もしかしたら誰かいるかも、と。

 良くも悪くも、サヤはどこでも鼻歌を口ずさむ。つまり外という、誰かいるかもしれない状況でも歌ってしまうのだ。
 今までに何度も気づかなかっただけで近くにいたことはもう既に身をもって経験してるので、外出中は自制を、と自身に忠告している。しているはずなのだが、癖というのはなかなか直らず、ふと気を許した瞬間に無意味なものとなってしまう。
 ここまでくるともう家の中でも気をつけないと直らないのかもしれない。だが、サヤはそれが嫌だった。そこまで気をつけたら、もう歌える場所がなくなってしまう。さすがにプライベートな空間までは邪魔されたくない。

 街灯が少なく少し暗めではあるものの、今の時刻は夕方6時。時間的なことを鑑みれば、仕事や学校帰りの人がいても何らおかしなことはない。

 左肩にかけたスクールバッグをかけ直してから、さりげなく辺りを確認しようとするサヤ。
 だが、動きはすぐに止まる。しなかったのだ。というか、できなかった。
 顔を、首を動かそうとした瞬間、背後から妙な気配を感じたからだ。じめっとした視線と意識が明らかに自身へ向けられていると感じ、サヤは思わず背に悪寒を走らせる。

 サヤはこの気配に心当たりがあった。昔、あのストーカーに襲われそうになった時と同じなのだ。その時も背後からの粘着質な気配を感じ、その異様さに身が恐怖で包まれた。

 だが、ちょっと違う。いやちょっとどころじゃない。かなりだ。

 何が違うのか。答えは足音。足音が少しも聞こえないのだ。
 気付かれぬよう歩くのだとしても、多少は聞こえるはず。なのに今回は聞こえない。前進にしろ後退にしろ左右に隠れるにしろ、歩む行為で発生しなければおかしい物音的なものさえも一切。

 つまり今、背後からは気配だけしか感じられないのだ。
 同時に、得体の知れない何かが背中にまとわりつこうとしている奇妙な気配を伴っており、そのことが余計に悪寒を駆け巡らせていた。

 何なの、一体……

 頭の中でそう呟くも、サヤは歩くスピードは緩めない。鼻歌も止めない。下手に慌てるよりは平常心を保っているという自分への嘘をついた方が落ち着けるし、もし気づいたや気づいている態度を後ろの誰かに見せてしまったら、何をしてくるか分からないと思ったからだ。経験から自分の身に危険が及ぶ可能性があるということを教訓として学んでいる。とは言っても、このまま気づかないフリをし続けていても危険であるという今の状況が改善されるわけではない。あくまで悪化しないというだけだ。何か策を打たなければいけなかった。

 とは言っても、何するかはもう決めていた。曲がり角を曲がった瞬間、全速力で逃げるのだ。
 これは、以前ストーキングをされた時と同じことである。細かなところは違ってはいるものの、多少なり応用すれば効果がないことはないだろうと思えた。それに、下手に叫んでもケータイをいじっても危険である状況と緊張から実のところ、今のサヤにはこれしか思いつくことができなかったのだ。

 幸いなことに距離は一定以上あるようであるというのは気配から何となく感じ取れていた。
 逆に不幸だったのは、ここが直線道であるということ。真っ直ぐに伸びた道はしばらく続いており、曲がり角はないのだ。普段気にしていないことが、こんなにも必要になるとは思ってもみなかった。

 これじゃ逃げられない……お願い、早く……

 必死の願いが通じたのか、目の前に突如として曲がり角が姿を現す。あまり高くはない塀の向こうからは木が生えて、枝を伸ばしていたため、見えなかったのだ。それは同時に、曲がった後、自分の姿が一瞬だけだが、相手から見えなくなるというのを意味していた。逃げるにはこれ以上ない、絶好の場所である。

 歩みを止めない。速度を上げないし、落とさない。ただ同じ歩幅とペースで曲がり角に近づいていく。距離が縮まる度、体に緊張が走る。サヤはそんな今にも固まってしまいそうな気持ちを少しでも解そうと、私ならできる、と心の中で呟きながら自身を鼓舞した。

 あと5メートル。曲がり角まで残りもう少しだ。

 あと4メートル。心臓の鼓動が指先にまで感じる

 あと3メートル。喉が鳴り、唾が通る感覚がはっきり伝わる。

 あと2メートル。額から汗がゆっくり滴る。

 そして、曲がり角を曲がった。姿が塀で隠れる。

 今だっ!

 瞬間、サヤは思いっきり駆け出した。前後に腕を振り、一目散に角から離れる。バッグが荒々しく揺れ、脇腹にぶつかる。注意が向いていないからか、衝撃や痛みは不思議と感じなかった。

 その先に見える曲がり角を左へ。また少し先のを今度は右に。
 曲がった瞬間、左手に空き地が見えた。プレハブ小屋もある。

 ここだ! 体力が尽きかけていたサヤは急いでプレハブ小屋の陰に隠れる。
 膝を曲げて、その場で立ち止まる。異常に息が荒い。肺が空気を欲しがっている。

 サヤは運動神経が良いわけではない。それよりか、できれば体育の時間にあまり自分から動こうとはせず、できることならずっと見学していたいと願う人間である。
 もちろん部活は吹奏楽部。運動系の部活ではない。他の文化部に比べては呼吸というものと密接に関わりを持っているが、だからと言って運動に、特に走ることに大きな利益をもたらしているわけではない。かろうじて言うならば、肺活量だけだ。

 目を閉じる。2回大きな深呼吸をし、息をしっかり整える。だが、心臓の鼓動は早い。

 よし、と小声で呟き、立ち上がる。そっとゆっくり道路を見る。
 誰もいないようだ。目視したことで精神的な落ち着きを取り戻す。胸をなでおろした。だが、まだ終わったわけではない。

 とりあえず110番を。バッグからケータイを取り出そうとした瞬間、再び悪寒がサヤの背に走る。

 さっきと違い、距離はない。すぐそばだ。おそらく、拳一個分ほど。
 自然と小刻みに震え出した体で、サヤはゆっくりと振り返る。

 正体を、はっきりと見た。だが、分からなかった。何も分からなかった。
 そこにいたのは今までに見たことない、表現できぬ、それこそまさに得体の知れぬ“何か(・・)”だったのだ。

 この時、サヤは前に伝え聞いたことの間違いに気付いた。
 本当の恐怖に出会った時、人は声を出すことができないんじゃない。本当の恐怖が声を奪ってしまうのだ、と。

 そして、その何かはサヤを……



 アヤは立ち止まり、眉をひそめながら後ろを向いた。誰に呼ばれたわけではない。だが何か嫌な感じがしたのだ。

 辺りはその感じを全て否定するかのように、静かであった。道路から離れているからか車の音も、不思議と近くの家からするはずの生活音もしない。夜だったら、思わずすくむぐらいの静寂だったのだ。

「……気のせいか」

 ぼそりと呟いたアヤはバッグをかけ直し、止めていた足を動かし始めた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ