挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
黒い剣の異世界譚 作者:青葉 夜
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

63/63

059 - 竜のお茶会、そして買い物。



「なるほど。勇者召喚に巻き込まれたのですか……」
「一直線上に立っていたから、思い切り体当りされちゃって……」

はっはっは、なんて笑いながら、この世界へ来た経緯を話す。
この女性。……というか、人型に化けている竜の女王。セリ。
先ず最初にソフィアをベッドに運んだ後、この山に生える秘伝の薬草とか言うのを使って俺を治療してくれた彼女は、その対価として俺との会話を望んだ。

相手を知るには直接会話をするのが一番。成程と頷き、まぁその程度の対価でいいのは少し申し訳なさをも感じるが、此方にとって得であるならそれを断る理由も無い。

で、黙秘を前提にこうして今までの経緯を彼女に話したというわけだった。

「大変だったのね。でも普通の子なら、召喚された後はウェストリーで大人しくしてるものだと思うけど?」
「まぁ、それが妥当かとも思ったんですが、あの国は今内側がどろどろというか」
「あぁ……。あの国は四方を山や海に囲まれているし、外的が居ない分意識は内側へ向いちゃうのね……」

集団を指揮するとき、其処に具体的な目標があるほうが人の心を指揮しやすい。
例えば敵国。例えば魔王。
近隣の国で言えば、カノンは経済国とはいえ、その経済力を付けねらう西方の小国家郡を意識していたし、エネスク帝国はその国土に巣食う強力な魔物と戦っている。

……が、ウェストリーは違う。
あそこは四方を自然の壁に囲まれ、物資も豊富に産出できる。その上魔物の出現率とて、他国と比べれば相当低い。
国土こそ広くは無いが、生きて行く分には十分すぎる土地なのだ。

で、そんな安全な土地に慢心した人間が次に抱くのは、人より良い生活を、と言う欲望。
其処から始まるのは、内輪同士で他人を蹴り落とす事で高みへ上ろうとする権力争い。
正直、ああなってしまうと国も終わりだな、と。

「そんなことで大丈夫なのかしらね」
「さて。カノンでは、魔王軍は謀略系で攻めて来ていましたし、案外あの国も内側に魔王の尖兵が紛れ込んでたりするかもしれないな……」
「全く。嘗ての聖王国家も、今では只の慢心した田舎王国なのね」

言ってセリは手に持った紅茶を一口啜った。
牛のミルクを溶かしたミルクティーだ。俺は砂糖を足したが、結構良い香りだった。

「それで。貴方はウェストリーからずっと西方へ旅して……」
「カマズミ沿いに辿り、カノンを経由して、この山に登ったんです」

言いながら俺も紅茶に口をつける。
……うん、美味い。





竜の巣は、その名の通り智慧ある竜種の棲家であるらしい。
それも、ファンタジーな渓谷に巣がいっぱい有る、とかではなく、木造建築の2階建てが立ち並んでいたり、商人風のおっちゃんが「いらっしゃい!!」とか声を上げていたり。

――何処から如何見ても近所の下町風景です。

買い物に付き合ってくれといわれ、セリに連れられてソフィアと歩いてたどり着いた小さな町。驚いた事に、此処に居るのは全員竜種なのだという。
智慧有る竜族……所謂古竜エンシェント・ドラゴンと呼ばれる種族は、その高い魔力を持って人に化ける事ができるのだとか。それもデフォルトで。
それこそ大昔は渓谷の所々に文字通り“巣”を作って生活していた竜族なのだが、とある機会を契機に、こうした人の生活を真似た集落を作るに至ったのだとか。

「……然し、活気があるなぁ」
「ヤマト君があの邪竜を倒してくれたおかげで、竜の巣から魔王軍の手先を一掃する事が出来たのよ。それで、被害をこうむった家屋の再建を、住民達が協力して作ってる最中なのよ」

俺達の視線の先には、鉢巻を巻いたマッチョな兄貴達が、ワッショイ言いつつ、一人2〜3本の木材を担いで運んでいるところだった。

「でも……竜ってもっとこう、のんびりしたイメージがあったんだけど」

俺の中にある竜のイメージといえば、達観した存在、超越した種族、なんてものがある。
平たく言ってしまうと、仙人なんていうのに当たるかもしれない。

「昔はそうだったんだけどね。そうじゃなくなったのは、やっぱりこの村の変化が有ったときに関係しているのよ」

長いけど、聞く? と問われて、俺はすぐに頷いた。
どうせ買い物なんてすぐに終わる。どうせなら、色々と話を聞いておきたかった。

「その昔に、竜種っていうのは一度絶滅しかけていたのよ」
「絶滅?」
「そう。種自体は残っていたのだけれども、それに反して種族から少しずつ、智慧が失われていってしまったの」

有る意味最強の種族であった竜族は、その時点で発展を遂げ終えて居たのだ。
其れ故、次にくるのは自然と衰退であったのだという。

「当時の竜種たちは色々手を講じたのだけれども、それも空しく種族は少しずつ減衰していったわ」
「それとこの町と、如何関係が……?」
「それはね。この町に一人の人間の形をした何かが降りてきたのよ」
「……?」

その男は、竜の巣を見て一言。「なんだ。()けき竜といえど、所詮はトカゲか」と断じたのだとか。

「うわぁ……」
「当然、当時の長老達は完全にキれちゃって、竜の姿で男を一気に消し炭にしようとしたのね」
「……しようとした?」
「そ。逆に殴り飛ばされてたわ」

因みに、長老達の全長は50メートル以上あったのだとか。

「なにそれ。人間じゃなかったんですか?」
「なんだったのかしらね。魔族とも少し違ったようだし、少なくとも人でも竜でもなかったわ」

言うセリの表情は何処か楽しそうで。
その金の瞳が、嬉しそうに細められていた。

「そうね。でもあの人は竜族を救ったの」
「それが……町を作った、って事に繋がるんですか?」
「そう。『智慧ある種族であるなら、それに見合う文化を持て』って」

当時相当衰退していた竜族は、色々な反発があったものの、少しずつこの土地に竜の町を築いていったのだそうだ。
そうして何時しか町が形になったとき、気付けば竜族の衰退は収まり、逆に人口の増加期に入っていたのだとか。

成程とおもう。
人間だって、服を着ずに穴倉で生活していては、知性の発展も糞も無い。
服を得、知識を得て、文化を育む事で人類は成長していくのだ。

穴倉生活から脱し、文化を営む事を始めた竜族は、つまり成長を再開させた、という事なのだろう。

「そうして再興した竜族は、今もこうして続いている、と」
「そうそう」

そういってにっこり頷くセリ。その表情はまるで、理解の早い生徒に満足する教師のようだ。
中々面白い話を聞けた俺としても、割と満足した。



竜の街、というのは、中々に面白いところだ。
その中身は竜だというのに、外見は本当に人間そっくり。化けている、というよりは、これが彼等のもう一つの姿だ、というのが正しいのだろう。
セリに連れられてたどり着いた、木造の小さな一軒や。中に入ると、所狭しと並べられた剣や鎧。
店自体が小さいというのもあるだろうが、此処まで物が詰っていると、商品一つを商品と認識するのでさえ辛くなってくる。

「いらっしゃい。……おや、セリじゃないか。今日はソフィアちゃんも一緒かい?」
「ええ。お久しぶりね、パノン」

パノン、と呼ばれた老齢の男性。アレも竜族だろうし、見た目どおりの年齢と言うわけではなさそうだ。
そのパノンの細い目が、此方に向けてカッっと見開かれた。物凄く怖い。

「んぬ。其方は人間か? この街に人間とは珍しい」
「この子があの黒竜を倒してくれたのよ」
「それは……なんとも、たまげた」

言いながら見開いた目を再び細めるパノン。どちらかといえば目を見開いていたときの方が、いかにも『驚いている』といった顔のように思うのだけれども。
まぁ、それはいい。

「こんにちは。小崎大和です」
「はいこんにちは。わしはパノン。鍛冶竜師をやっとるよ」

言うパノンと握手を躱す。なるほど、握り締めた手から伝わってくる魔力の波動は、何処か無骨ながらも誇りを秘めたように強烈なものだった。

「――うぬ。なるほど」

不意に手を離したパノンは、そういってカウンターの奥へと引っ込んで行ってしまった。

「あ、あれ?」

何か不味い事でもしたかな? とセリへと視線を送る。
けれどもセリは、静かに笑って首を横に振るばかり。特に悪い事は何もしていないと思うのだが。

「ほれ、おぬしはコレじゃな」

ドンッ、と何かが胸に勢い良くぶつかった。
思わず受け止めたソレは、なにやら手触りのいい布で出来た大きな袋だった。
これは……リンネル?

中を空けて中身を確認する。
銀色の鎖帷子に、赤茶色のロングコート。ついでに、小さな短剣が一振り。
パッと見何処にでもあるような装備だけれども……。

「――っ、これって……」
「ミスリルのチェインメイルに、アダマンティンのコート。短剣は魔黒石の剣だ」

ミスリル、アダマンティンといえば、俺の世界でもゲームなんかに登場する伝説の金属だ。
軽く、高い硬度を持つミスリルに、軽くもしなやかさを持ったアダマンティン。
そして魔黒石といえば、あの折れた黒い剣と同じ素材じゃないか。

「やる」
「やる――って、えぇ!?」

思わず声を上げる。いや、だってこれ高価いだろう!?
正直、俺がこれを売るなら、その相手はどこぞの王家とか、王家筋の貴族とかだろう。
だってこれ、国宝級の装備だぞ?

「お前さんは、この街の恩人じゃしな」
「だからって、こんな高価なもの……」
「ええい、面倒くさい。お前が使わんならどうせ誰も買わんし使わん! どうせこんなもん竜は誰も装備せんし、第一こんなもん裏の山肌から掘っただけで、どうせ手慰みに作っただけなんじゃ!!」

言うと、パノンは遠慮する俺に、その袋を強引に押し付けてしまった。

「――本当にいいんですね?」
「くどい。いいからもっていけ!」
「なら、ありがたく頂戴します」

まぁ、くれると言う物を拒む道理は無い。
静かに礼を言い、その装備の詰った布袋を受け取った。

「良かったわね、ヤマト君」
「――ええ。ありがたいです」

ふと、微笑むセリの笑顔に、なんだか感じるところがあった。
彼女が俺に買い物について着て欲しいといったのは、もしかして最初からコレを狙っていたのではないだろうか、なんていう妄想。

――まぁ、俺に損は無いのだから、感謝こそすれ勘繰る必要も無いか。

何かをパノンと話して、再び買い物を再開すべく街中へ踏み出したセリ。
その背を追って、俺もパノンの店を後にしたのだった。

短くってごめんなさいorz。

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

竜殺しの過ごす日々

なんの意図もからまずに異世界へと移動した幸助。 得た力は大きすぎるもの。 持て余しそうな力を持って幸助は異世界で生きていく。 異世界で幸助はなにをなすのか。

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全71部分)
  • 3046 user
  • 最終掲載日:2012/11/23 14:03
盾の勇者の成り上がり

盾の勇者として異世界に召還された岩谷尚文。冒険三日目にして仲間に裏切られ、信頼と金銭を一度に失ってしまう。他者を信じられなくなった尚文が取った行動は……。サブタ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全842部分)
  • 2602 user
  • 最終掲載日:2017/09/19 10:00
義妹が勇者になりました。

 ある日突然、あたしは義理の妹に巻き込まれて異世界へ召喚された。第一声に「勇者さまは?」と訊かれ、即座に厄介事だと判断して迷いなく義妹を指さす。「このひとです」//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全116部分)
  • 2360 user
  • 最終掲載日:2017/07/23 14:00
異世界食堂

しばらく不定期連載にします。活動自体は続ける予定です。 洋食のねこや。 オフィス街に程近いちんけな商店街の一角にある、雑居ビルの地下1階。 午前11時から15//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全119部分)
  • 2494 user
  • 最終掲載日:2017/06/10 00:00
無職転生 - 異世界行ったら本気だす -

34歳職歴無し住所不定無職童貞のニートは、ある日家を追い出され、人生を後悔している間にトラックに轢かれて死んでしまう。目覚めた時、彼は赤ん坊になっていた。どうや//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全286部分)
  • 3299 user
  • 最終掲載日:2015/04/03 23:00
先代勇者は隠居したい(仮題)

ちょっとエッチな中学生、社勇(やしろゆう)は、中学二年の夏休みに異世界へと召喚された! そこは剣と魔法のファンタジー世界! 自分を呼び出した可愛い姫のために戦い//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全183部分)
  • 2433 user
  • 最終掲載日:2016/11/16 22:00
リアデイルの大地にて

事故で半身不随となった“各務桂菜”は、ある日停電により死んでしまい、直前まで遊んでいたオンラインゲームの世界へ。 目覚めてみればゲームをしていた時代より更に20//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全75部分)
  • 2586 user
  • 最終掲載日:2017/03/26 21:20
この世界がゲームだと俺だけが知っている

バグ満載のため、ある意味人気のVRゲーム『New Communicate Online』(通称『猫耳猫オフライン』)。 その熱狂的なファンである相良操麻は、不思//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全239部分)
  • 2643 user
  • 最終掲載日:2017/04/01 23:59
黒の魔王

黒乃真央は悪い目つきを気にする男子高校生。彼女はいないがそれなりに友人にも恵まれ平和な高校生活を謳歌していた。しかしある日突然、何の前触れも無く黒乃は所属する文//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全627部分)
  • 2412 user
  • 最終掲載日:2017/09/15 17:00
ネクストライフ

*ヒーロー文庫より書籍化決まりました。 *月刊少年エースよりコミカライズ決まりました。 山田隆司は雪山で命を落とした──と思ったら、見知らぬ場所にいた。 どうも//

  • アクション〔文芸〕
  • 連載(全185部分)
  • 2797 user
  • 最終掲載日:2017/05/26 07:52
へんじがない。ただの偽勇者のようだ。

はあ? 勇者? そんなもん、光一にやらせろよ。俺には関係ないね。だから、とっとと元の世界に戻せ。  ……は? お前も勇者をやれ? 光一がいるなら、俺は必要ねぇだ//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全95部分)
  • 2868 user
  • 最終掲載日:2015/02/13 23:15
フリーライフ ~異世界何でも屋奮闘記~

※スニーカー文庫より書籍化しました! ネット通販やお近くの書店でお買い求めください。  魔力の有無で枝分かれした平行世界「アース」。その世界へと、1人の男が落//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全300部分)
  • 2610 user
  • 最終掲載日:2017/07/09 19:34
ありふれた職業で世界最強

クラスごと異世界に召喚され、他のクラスメイトがチートなスペックと“天職”を有する中、一人平凡を地で行く主人公南雲ハジメ。彼の“天職”は“錬成師”、言い換えれば唯//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全281部分)
  • 2729 user
  • 最終掲載日:2017/09/02 18:02
デスマーチからはじまる異世界狂想曲

 アラサープログラマー鈴木一郎は、普段着のままレベル1で、突然異世界にいる自分に気付く。3回だけ使える使い捨て大魔法「流星雨」によって棚ボタで高いレベルと財宝を//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全544部分)
  • 2707 user
  • 最終掲載日:2017/09/17 18:00
風と異邦の精霊術師

 買い物帰りの自転車で、突っ込んだ先はファンタジー。異世界トリップ物です。  勢いで始めてしまった物語で、いきあたりばったり不定期更新です。  本作品には性//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全123部分)
  • 2553 user
  • 最終掲載日:2016/06/24 01:24
転生したらスライムだった件

突然路上で通り魔に刺されて死んでしまった、37歳のナイスガイ。意識が戻って自分の身体を確かめたら、スライムになっていた! え?…え?何でスライムなんだよ!!!な//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全303部分)
  • 2512 user
  • 最終掲載日:2016/01/01 00:00
ログ・ホライズン

MMORPG〈エルダー・テイル〉をプレイしていたプレイヤーは、ある日世界規模で、ゲームの舞台と酷似した異世界に転移してしまった。その数は日本では約三万人。各々が//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全131部分)
  • 2996 user
  • 最終掲載日:2017/08/31 20:00
幻操士英雄譚

異世界に飛ばされた最強系主人公が元の世界に帰る為に奮闘(?)するお話です。通勤通学もしくは帰宅中の電車或いはバスの中、気怠い時間を潰す際にお役立てください。※※//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全68部分)
  • 3044 user
  • 最終掲載日:2016/11/09 07:00
理想のヒモ生活

月平均残業時間150時間オーバーの半ブラック企業に勤める山井善治郎は、気がつくと異世界に召喚されていた。善治郎を召喚したのは、善治郎の好みストライクど真ん中な、//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全94部分)
  • 3111 user
  • 最終掲載日:2017/06/27 00:10
地味な青年の異世界転生記

 子供のころから一緒に過ごしてきた幼馴染を真面目に一途に想っていた主人公は大学生の時あっさりと振られてしまう。失恋から立ち直り、新しい恋を見つけたその年のクリス//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全174部分)
  • 2557 user
  • 最終掲載日:2013/12/29 00:00
八男って、それはないでしょう! 

平凡な若手商社員である一宮信吾二十五歳は、明日も仕事だと思いながらベッドに入る。だが、目が覚めるとそこは自宅マンションの寝室ではなくて……。僻地に領地を持つ貧乏//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全205部分)
  • 3200 user
  • 最終掲載日:2017/03/25 10:00
こちら討伐クエスト斡旋窓口

自分では全く戦う気の無い転生主人公が、ギルド職員の窓口係りになって、淡々と冒険者を死地に送り出していたが、利用者の生存率が異様に高くて、獣人達から尊敬されたり、//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全82部分)
  • 2560 user
  • 最終掲載日:2014/12/29 06:00
ウォルテニア戦記【Web投稿版】

 青年が召喚された異世界は乱世だった。  絶対王政の世界。  選民意識に凝り固まった特権階級と世俗にまみれた宗教。  青年は自分の正義を胸に行動を起こす。  

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全191部分)
  • 2837 user
  • 最終掲載日:2017/08/07 17:56
異世界迷宮で奴隷ハーレムを

ゲームだと思っていたら異世界に飛び込んでしまった男の物語。迷宮のあるゲーム的な世界でチートな設定を使ってがんばります。そこは、身分差があり、奴隷もいる社会。とな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全220部分)
  • 3307 user
  • 最終掲載日:2017/08/30 20:00
Only Sense Online

 センスと呼ばれる技能を成長させ、派生させ、ただ唯一のプレイをしろ。  夏休みに半強制的に始める初めてのVRMMOを体験する峻は、自分だけの冒険を始める。 【富//

  • VRゲーム〔SF〕
  • 連載(全342部分)
  • 2547 user
  • 最終掲載日:2017/05/04 00:00
フェアリーテイル・クロニクル ~空気読まない異世界ライフ~

※作者多忙につき、次回更新は9月23日、その次は10月14日とさせていただきます。 ※作者都合により後日談は隔週更新とさせていただきます。 ※2016年2月27//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全221部分)
  • 2566 user
  • 最終掲載日:2017/09/02 07:00
勇者様のお師匠様

 両親を失いながらも騎士に憧れ、自らを鍛錬する貧しい少年ウィン・バード。しかし、騎士になるには絶望的なまでに魔力が少ない彼は、騎士試験を突破できず『万年騎士候補//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全152部分)
  • 2534 user
  • 最終掲載日:2017/03/12 00:00
Knight's & Magic

メカヲタ社会人が異世界に転生。 その世界に存在する巨大な魔導兵器の乗り手となるべく、彼は情熱と怨念と執念で全力疾走を開始する……。 *お知らせ* ヒーロー文庫よ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全129部分)
  • 3236 user
  • 最終掲載日:2017/09/18 03:40
↑ページトップへ