挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
黒い剣の異世界譚 作者:青葉 夜
59/63

055 - 登頂開始

「―――と、つまりこの砂糖黍が手に入れば、安定した甘味を供給できるようになるわけだ」
「然し、それはあくまでも嗜好品では? 嗜好品程度にそこまで出資して、本当に見返りが得られるのでしょうか?」
「甘いな。嗜好品ゆえ、人は何処までも金をかける。なにせ、人は楽しむ為に生きているんだから」

登山の最中、マルさん一団の中の、その中の実家が商人だ、という騎士(マイク・ブラウン(24))を相手取って、“今求められる商品”について意見を交換していた。

“世界中を見て廻ったというイーサン氏、ならばこの辺りの国家でよく売れそうな品物とは?”

そんな切り口から入ってきたマイク。
即答したね。糖分だ、と。

この世界、食料に関しては、十二分に俺の好みを満たしている。
例えば干し肉とか、塩漬けとか。これは長期間の保存に塩が良く用いられる、という事情もあるのだが、そもそも味付けとしても俺としては十分に好きだ。

そう、主食に問題は無い。しかし、デザートが物足りない。
確かに果物系は美味い。まさに天然無農薬。嘗ての世界ではもう絶対に手に入らないのではないか、というほどにみずみずしく、且つ味のしっかりとした果物の数々。正直堪りません。
まぁ、それは良い。

だが、問題は人工的な甘味料が足りていない、という事だ。
和菓子は勿論、洋菓子も何も手に入らないのだ。
その事に不満を持ったのは、実はこの世界に来て初期の話。

で、今日このとき話しかけられ、コレはチャンスとばかりに甘味の魅力について語りまくった。
相手は商家の息子だ。美味くすれば、この世界でも甘味が流通するかもしれない。
だってさ、クレープにクリームが無いとか、おかしいだろう!?(力説)
それを平然と食ってる連中が居るんだぞ!? そんな連中に、アイスやクリームという、文明の齎した栄光というか集大成というか人知の結晶というか、そういう物の恩恵を広めたい、と思う俺は間違っているだろうか。いや、いまい!!(反語表現)

で、気がつけば数人の騎士が俺の周囲に集っていた。
その全員、口元から涎をダラダラ流していて。……ちょっと話に力入れすぎたか。
まぁ、此処まで引っ張れれば、後一押し、というところか。

周囲を見回し、あえてわざとらしく肩を揺する。
不意に周囲に漂うのは、何処か香ばしく、と同時に甘く仄かに漂う香り。

カノンとは、貿易で巨大化した国家だ。
つまり、商業の国。その国には多くの商人が集まり、同時に多くの商品が集う。
探してみれば有るんじゃないか。そう思って探してたら……ありました。加工済みのお砂糖。
まぁ、多少茶色掛かっていたが、これも天然モノの色。

そうして小麦粉、イースト菌なんかはパン工房で少し分けてもらい、良く練ったそれをワッカに加工してから油に投入。これに砂糖をまぶしたもの。
通称、ドーナッツ。

前にも言ったが、俺の闇の中では全ての現象が固定される。つまり、劣化とかその類が完全になくなってしまう。(任意で設定は弄れるみたいだが。)
例えばの話、そんな空間に出来立てのドーナッツを格納していた、とすれば。

「お、おおおおお!!!???」「なんだこの匂いは!?」「は、腹が減ってきたんだが!?」「鼻の奥に、甘い香りが……なんだこれ、なんだこれ!?」

何時までも出来たての状態のドーナッツ郡が此処に。
基本俺はケチだから、その場に居た10人に、5個のドーナツを半分ずつ配ってみた。

「「「「「――――――」」」」」

そうしたら、全員が全員、何も言わず空を見上げて黙り込んでしまった。
如何した事かと少し焦って、けれども次の瞬間ギョッとした。
……なんで空見て泣いてんだよお前ら。

「「「「「俺、こんな美味い物初めて食った」」」」」

ハモるなハモるな。
とりあえず、餌付けは成功みたいだ。
連中からもっとその甘いものを渡せと詰め寄られたが、額を叩き倒して落ち着かせた。

「調理方法は教えてやる。しかし残念ながら材料が希少品でな。せめて流通ルートでも開拓してくれる人間が居れば、俺が有る程度投資するんだが……」
「うちは商家だ! 任せてくれ!!」「うちは食品店やってるんだ。その調理技術を是非伝授してくれ!!」「俺ん所は貴族だからな。カノンにも伝手があるし、手伝うぜ!」

見事なまでに食いついた面々。というかミラーくん、君って貴族なのな。

「次男で家督とか全然関係無いんだけどな」

そうですか。
因みにミラー君の場合、お菓子自体の魅力に憑かれた、というのもあるだろうが、その二次効果として語った“供給源に立てば女性にモテる”という所に食いついたと見た。

とりあえず、ノリノリの面子を集めて、“お菓子普及委員会”を結束し、その全員に手付金として金貨を十数枚ずつ渡しておく。
因みに金貨には、目的以外の不正な使用に対して罰が下る呪いが付加されている。
因みにこの呪い、名を“制約(ギアス)”と言う。別に目と目を合わせる必要も無ければ、暴走する心配も無いし、一回限りという制約も無い。
でも一番笑ったのは、この呪いが教会の開発した術だ、という点だろうか。回復魔術と同系列として扱ってるんだもん。本気で笑える。
とりあえず、呪いの事を確りと注意して、その金貨を全員に渡した。

「因みにこの計画にトップは居ない。各自、頻繁に連絡をやり取りする事。
――諸君、我等の甘き栄光の道は、ここから始まる!! 諸君、共にこの栄華を極めようではないか!」

俺の声に「「応!!」」と応えたその面子。
その欲望丸出しの晴れやかな笑顔に、俺はかなり満足げに頷いた。
人間、少なくとも利害が一致しているあいだは相手を裏切らない。自分が損する事なんて、だれもしたがらない。
こうして流通ルートを発展させた暁には、ケーキ類なんて売り出してみるのも良いかもしれない。
これこそ異世界(食)文明開化。
何せ三大欲求だからな。これの効果は強いぞ。

なんて事を考えてほくそ笑む俺達を見て、呆れたように眉間を指で揉んでいるジェイクの様子には、全然気がついていなかった。



そうして。
御菓子について語り終えた後、ウィンナーを齧りながらゆっくりと山道を進んでいたときの事だ。
正面に見える二股の分かれ道。
両方の道は、正面に広がる湖の外周を通って、再び同じ場所に合流するとのこと。

……のだが、その距離には少し差があり、西側ルートは少し距離があるが、その代わり比較的地形的にも安全なルート。大して東側は、距離こそ西側より短いものの、湖面と道にも大きく高低差があり、まして東側は完全に切り立った崖となっている。まさに地獄の一本道といった所か。

今回は少し急ぐ用事があったので、東側のルートを通ることに成っていた。
……のだが。その分岐手前、突如としてランドが東側へ足を進めることを拒否したのだ。
強引に前へ進まそうとしても嫌がり、まるで何かに怯えるようにその場に立ち尽くしてしまうランド。

「少し宜しいか、どうしても東側のルートでなくてはいけないのか?」
「ん? 如何かしたのか?」
「少し……何と言うか、嫌な予感がする」

咄嗟に前に進み出て、マルさんに直接声を掛けてみる。今からルート変更出来るとすれば、その権限は間違いなくこの人物にある。
そして俺はランドを信用している。そのランドが、理由も無く俺の行動を拒否するわけが無い。だとすれば、何か理由があるはずなのだ。
――それに俺も、なんだか良く分らないモノを感じているし……。

「うーん、しかし、一刻も早く姫さんを連れ帰れってのは、王直々の命令だしなぁ。俺も前衛職だから直感とかを重視したい気持ちは分るんだが、今回ばっかりは何かちゃんとした理由がないと……」
「そうですか……」
「悪いな。が、何か有りそうというのは分った。あらかじめ注意しておけば、例え何か有ったとしても、被害は最小限に防げるだろうしな」

言って、マルさんはそのまま東ルートへと足を進めた。

「……悪い」
「ガル……」

仕方無しに、謝りながらランドの頭を撫でる。
ランドの方も、此方の行動は理解してくれているらしく、小さく啼いて頷いてくれた。

「……いけるか?」
「ガウ――ッ!!」

勿論とばかりに頷いてみせるランド。
けれども、その瞳には間違いなく、何処か怯えるような色が見て取れて。

その事に、少なからず不安を覚えつつも、何事も無い事を只祈って、先に行った兵士集団の後続へと続くのだった。

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ