挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
黒い剣の異世界譚 作者:青葉 夜
44/63

EX01 - 勇者の刃先。

「お、王様を倒すのに協力して欲しい!?」
「――はい。恥を忍んでお頼み申します、勇者殿」

その男性が俺の控え室を訪れたのは、準々決勝で、みんなと休憩しているその最中だった。

「なんだ、貴様。反乱でも起こす心算か?」
「――シェファ様。不穏な発言は……」
「わかってるわよ、リーベ。軽いジョーク」

シェファが、その頭の上の獣耳をピコピコと揺らしながら笑う。
ソレをたしなめるリーベさんも……なんだか少し硬い表情のまま、メイド服を払って立ち上がった。多分御茶を入れにいったのだろう。

「冗談にしても、性質は悪いですけれどもね」
「……とりあえず、事情を説明してくださるかしら?」

ノーマが話を斬って、アリアが話を先に進める。
なんなのだろうか、この子達。矢鱈と連携が取れているような気がする。
――というか、相談を持ちかけられた本人である俺は置いてけぼり?

「は、はぁ……」

少し戸惑ったようなその騎士さん。
いや、此方を見られても。とりあえず微笑んで、手で「どうぞ」とばかりに話を促す。

「……それでは」

そういって、漸くその騎士さんは本題へと入る事ができた。





ことの始まりは、カノン王国国王の急変からなのだ、とその騎士は語った。

王の急変。最初こそ目立った問題は見られなかったが、しかしその歪みは徐々に大きくなり、今現在では経済、治安の所々に問題が発生しているのだとか。

そして何よりも、王は残酷になった。
それまでの賢王ぶりが嘘のように、今現在はまるで暴虐の王へと変貌してしまっている。

余りの不自然。不審に思った騎士団の面々がそれを秘密裏に調査したところ、王の居室から不自然な魔力、邪悪な気配が感知されたのだという。

「あれは、王ではありません。あれは王に化けた魔物です!! 今現在、王の幽閉されているであろう場所には、我々の仲間が探索に行っています。我々は、大会の機に乗じてあの偽者を討つ心算なのです!!」
「なるほど……」

少し思うところがあって、騎士さんの言葉に頷いてみせる。
意を得たりとばかりに話を続けようとする騎士さんだが、その前に一つ確認を取ったほうがいいんだろう。

「でも、其処に俺が如何関係してくるんですか?」

問うと騎士さんは少し表情をゆがめ、言い難そうに「ソレなのですが……」と言葉を続けた。

「本来、我々は独自に動く心算でした。そのため、今大会は赤銅の剣まで呼び戻して参加させたというのに……っ!!」
「赤銅の剣って、あのカノン最強の騎士と呼ばれている?」

ノーマが背後から口を挟む。然しその口調は何処か説明的で。多分、俺への解説なのだろう。
ノーマは神殿神官。昔から各国の神殿を行き来していた所為か、此処の面子の中では、旅人である獣人、シェファの次くらいに世界の事情に詳しい。

「ええ。その赤銅の剣です。本来ならば既にSランクに昇格している筈の奴なのですが、今大会に参戦し、その表彰の場で偽者を斬り捨てるため、あえて昇格せずに居たほどの強者だったのですが……」

くっ、と悔しそうにする騎士さん。

「でも、赤銅の剣は、今大会準々決勝で……」
「――ええ。敗れ去りました。ランクCの、黒騎士に……」
「……ランクCがランクSを? 冗談じゃなくて事実だとすれば……悪夢よね、それ」

ランクC。確か、大型の魔物を一人で数匹討伐して認められるクラスだ。
対してSランク。大型の竜種なんかを何度も相手にして、それでも中々認められないクラス。

そんなランクSに届くという怪物を、ランクCが打破した?
思わず息を呑む。
いや、俺はBランクだけどさ。それでもAランクの相手程度で結構精一杯なんだが。

「幸い、黒騎士は赤銅の手傷で棄権しました。これは機なのですが、残念ながら今大会、我々の陣営で優勝できそうな……表彰台に立てそうな人間は、居なさそうなのです」
「……確かに。今大会は、力のある戦士が多く集っているようですしね」

アリアの声に、頷きをかえす騎士。
その声に、みんなの視線が何故か俺の方へ集中して……なんだか照れる。

「はぁ……。で、騎士殿はアキラに何を求めるんだ?」
「……、恥を忍んでお頼み申し上げる。偽者を、討ってくだされ!!」
「――分りました。引き受けましょう」

「って、ちょ、お前!?」「あ、アキラ様!?」

シェファとリーベが慌てたような声を上げて。

「……アキラさん、私が言うのもなんなのですが、もう少し考えてからお返事しては……」
「いや、此方にしても王様には一言文句を言うつもりだったし、ソレが偽者だって言うのなら話は早い。ばっさり斬っちゃおう」

この国に来て、前々から思っていたのだ。
この国は確かに発展している。けれども、それに反して治安対策がかなり手抜きなのだ。
確かに商売も繁盛していて、町には活気が溢れて見える。だというのに、この町は治安が今一悪い。
荒くれ者が街中でも平気で暴れだす、と言う光景も何度か見た。
それも、話を聞けば王様の変異からだという。

「……まぁ、アキラらしいと言うか……」
「それでこそアキラ様、といった感じですよね」
「……」

シェファが呆れたように言って、ノーマが苦笑しながら同意して、最後にリーベが無言で頷いた。

……まぁ、頼まれなくとも、表彰式のときに王様に一言申す心算だったのが、偽者だというのなら手加減無用でいける。むしろ吉報なんじゃないだろうか。

「というわけで、この大会、絶対に勝つ!」
「ああ、さすがアキラ様。輝かれてますわ!!!」

なんだかアリアが恍惚としていたけれども。なんだか此方に身を摺り寄せてきたけれども!! 更に言うと、周囲の視線が何だか痛くなってきたけどっ!!
――ま、とりあえず。

今大会を絶対に勝ち抜くと、そんな決意を固めたのだった。

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ