挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
黒い剣の異世界譚 作者:青葉 夜
43/63

042 - 急行。

大臣の部屋へと侵入し、そのまま大臣の封じられた姿見に向かって闇を放つ。
突然乱入した俺を見て、部屋の中にいた数人の兵士が騒ぎ出す。
何故こんなところにいるんだろうか? とりあえずその鼻っ面を殴って全員沈黙させる。
……よし。鏡の術式を把握した。
あの王女様に掛けられた呪いに比べれば、この鏡の術式のなんと易い事。

ピシリ、と音がして鏡が砕け散る。
その鏡の額の内側に、何時の間にか現れた大臣が立っていて。

倒れそうになる大臣に、慌てて手を差し伸べる。

「ご無事で?」
「あ、ああ。しかし、君は一体……」
「ソレは追々。とりあえずこれを」

言って、道具屋で売っていた小瓶に虹の雫をつめて渡す。

「これは……虹の雫!?」
「ストックはいくらかあるんで。瘴気汚染が激しいんで、とりあえず被っておいてください。……そろそろ時間的に余裕もなくなってきたことですし、急ぎます」

言いながら大臣を連れて、その部屋を後にする。
最優先で向かうべきは、王の居る上座だ。

「一体何が起こっているんだ…?」
「歩きながら、要点だけ説明しますよ。要するに、魔族側からの侵略ですね。今現在、王都は術式化され、隠蔽された瘴気に包まれています。貴方に化けた魔族も内部に侵入してますし、下手をすればこのまま国が潰れる、なんて事にも成りかねません」
「わ、私が捕らわれている間に……」
「王様も洗脳されているみたいで、今現在、偽者と入れ替わったのは王様だと思われているようです。騎士団もその線で動いているようですし、下手をすれば大会の表彰式でバッサリと……」
「そこまで……」
「末期です」

俺はのんびりとしているが、正直この国の状態は、後一突きすれば奈落に転がり落ちる、それほどに崖っぷちなのだ。

「で、此処から挽回するには少し演出を入れなければならないんで……」

言って、少し説明を入れる。
俺はこういうわざとらしい演出は好みではないのだけれども、けれど同時に演出の重要性も把握している心算だ。

「……少し、過剰ではないか? それに、その計画は舞台上に協力者が居なければ……」
「ソレは大丈夫です。事前にベリ……アベリア・ラブセット・ダリア・エネスクに協力を要請してあるので」
「……君は、エネスク帝国の者なのか?」
「いえ。アベリア姫の友人で、ただの傭兵です」

そこで話はおしまいとばかりに切り上げて。
一気に闇から剣を抜き放つ。

ガキィンッ、と響く金属音。
黒い刃先に、銀色の剣がぶつかっていて。

「な、何事だ!?」
「――成程。道理で」

そこにいたのは、鎧を着込んだ巡回の兵士だった。
胸元には確りと、この国の紋章が刻まれた。間違いなく、本物の鎧だった。

「な、貴様ら、どういうつもりだっ!!」
「大臣。無駄ですよ。多分、中身が入れ替わってますよ、こいつ等」
「なに!?」

バッサリ。剣を一閃する。
剣も鎧も問答無用で斬り捨てた途端、崩れ落ちた鎧の中から靄のような魔物があふれ出して。

剣を一閃。が、実体の無い魔物には物理攻撃は効果が無いらしい。
仕方無しに闇で一閃。霧の魔物は即座に消滅して。

「い、今のは……」
「出来れば内密に。俺の力は光と違って、人に余り好かれないので」
「………っ、いや、分った。今のは心の内に秘めておこう」
「――有難う御座います」

言って、そのまま更に歩みを進める。
今の魔物が如何いったものかは分らないが、最悪のパターンとして今の情報……大臣が出歩いている、という情報が伝わってしまった可能性も否めない。

「少し、急ぎますよ」
「うむ」

大臣の方も、事の重要性を把握してか、これといった疑問をはさむでもなく、即座に頷いて見せた。成程この人が経済を担って発展したというのも頷ける。聡明な人物だ。





暫く歩くと、漸くまともな巡回の兵士を見つけることが出来て。
良し良し。良い感じだ。

「大臣殿ですか。……そちらの方は?」
「私の客人だ。それより、何人か人員を回してもらえないか?」
「今私の手が空いているので……どうかしたのですか?」

大臣達の会話が進む。大臣の方も、アドリブで良い感じに話を進めてくれている。俺が態々口出しをしなくても、やるべきことは分っているのだろう。楽だ。

さて、大臣が兵士を集める理由というのは単純で。要するに、俺が舞台に上がっている間、舞台裏の大臣に攻撃されないよう護衛を集めているわけだ。

俺と大臣が同時に舞台に上がるよりも、後から大臣を登場させた方が演出的に効果が高い。
が、その間無防備になる大臣の防備を、どうやって固めるか、という所で、城の兵士に力を借りよう、という事に成ったのだ。
そんな感じで準備を進めて。
漸く、上座……バルコニー手前に辿り付いた時、不意に頭に誰かが喋りかけてきて。

(――急げ、主殿っ!!)

縁を用いた念話――!
焦ったようなリネアの声。彼女が焦っている以上、ソレは本当に急事なのだから。
その声を聞いて、俺は即座に、装備を鎧に切り替え、舞台の上へと飛び出していったのだった。


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ