挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
黒い剣の異世界譚 作者:青葉 夜
28/63

028 - 寂しい日もある。

「……さて」

闇で掃討したワーム達から、闇の触手でソルを回収し、闇へとそのまま仕舞う。
正直、物凄く流れ作業だ。

冒険者ギルドで掃討依頼を大量に受注し、それを一気にこなす。
空中の敵は少し手間取るが、基本的に全て同じ。闇で突き刺して、潰してソルを回収する。
朝にベリアを城に届けてから、ずっとこんな事をして。
今現在は太陽から見て昼過ぎ。でも、溜まったソルの数は山一つ分くらいはある。

昼からずーっとそればかり。そのおかげで、闇の単純操作は勿論、複数同時、物理攻撃、精神面限定攻撃、対魔限定攻撃、近距離、遠距離その殆どを完全に扱えるようになっていた。ゲームで例えるなら、雑魚敵を掃討して闇のスキルランクがカンストしてしまった感じ。

剣術とか、全然修練してないんだけどなぁ……。

「…………はぁ」

なんだろうか。ベリアと別れて、寂しいんだろうか、俺。
ボーっとしている間に、規定数以上の魔物を狩ってる。

「いかんいかん。当分の生活費は稼いだし、もう十分だ」

呟いて、闇を抑える。全く。俺も修行が足りない。

森の入り口で待たせていたランドに乗って、再びカノンへ。
真っ先にギルドへ行き、ランドを預けると同時に受注書を渡す。依頼者が国の場合、規定数を狩る依頼なんかは、受注書に簡単なカウント魔術が掛けられているらしく、取り出したそれには既に任務完了のサインが入っていて。

「はい、確かに。それでは報酬は……銀貨二十三枚になります。このままでもよろしかったでしょうか?」

頷いて、それを懐へ。……そのまま闇の中へ沈める。
ギルドカードに任務達成ポイントが加算され、ランクがCに上がったりもしたが……まぁ、意味はあるのか無いのか。

近くのソル換金所へ行き、ソルを一括換金出来ないか相談してみる。
流石に山のようなソルを一気に換金するのは無理らしく、何箇所かで分散して換金する事に。
……まぁ、「此処が潰れる!」なんて言われちゃ。

で、国中にあるソル換金所を巡って、ソルを貨幣へと換金していく。
途中、何処かで俺の噂を聞いたか、何度かスリに懐を探られた。まぁ、現金は闇の中に仕舞っていたし、逆に財布を全部スッてやった。その分は全部駐在に届けた。OK。

そうして。全部のソルを換金し終えた頃には日が沈み、ソルの総額は金貨十枚分近くへと膨れ上がっていた。
といっても。正直金貨なんて価値が高すぎて使えないので、殆どを銀貨と銅貨で仕舞っておいた。

宿を取って、部屋に入って。
鎧を水と布で掃除し、鎧自体の持つ魔力を調整したり、簡単に身体を拭いたり。

何と無く無意識に体を動かし、その全てを淡々とこなしていく。

「………………やばいな」

なんだろう。物凄くつまらない。
……そうか、やっぱり寂しいみたいだな。
なんだかんだで、俺が一人で居たのはウェストリーから数日間……旅立ってすぐに、ベリアと出会ったおかげで、殆ど俺は独りで居なかった。

ランド……は、今現在ギルドの預かり所だし。

「……主殿」
「……ん? あぁ、リネア。お前がいたんだよな」
「忘れておったか。うつけめ」

右腕から、デフォルメされた小さなリネアが飛び出して。
俺の肩の上へ、ちょこんと着地して見せた。

「寂しいのか、主殿」
「んー、みたいだな。あんまり自覚は無いんだけど」
「……そうか」

言うとリネアは俺の肩の上にちょこんと腰掛けて。

「ならば主殿よ。少し気分転換に町へ出てみては如何かの」
「町に?」
「うむ。この国カノンは、何かと商業が発展していると聞く。ならば、主殿の興味を引く何かがあるやも知れぬ。気晴らしには、丁度良いのではないかの」

言われて、考えてみる。
まぁ、確かに。買い物は……それほど好きというわけでもないが、異世界の品物を眺めて散歩するというのは、確かに気晴らしにはよさそうだ。

「それじゃ……そうだな。折角だし、行ってみるか」
「うむ。妾もお供するゆえ、案ずるでないぞ、主殿」

ポンポン、と肩筋を小さな手で叩かれる。
そんなリネアに、思わずクスリと微笑んで。
……ああ、彼女は俺を気遣ってくれているんだろう。それがわかるから、嬉しくて、思わず微笑んでしまっていた。

掃除していた鎧を仕舞って、代わりに古着屋で買った街服を装備。準備は一瞬で整う。

「それでは、出発じゃ!!」

そんなリネアの掛け声に従って。
俺達は、夜のカノンへと脚を進めた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ