挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
黒い剣の異世界譚 作者:青葉 夜
22/63

022 - 依頼者の立場

冒険者ギルド。それは、依頼者と冒険者を結びつける、一種の仲介業者だ。
その仕事は街に住む人々からの様々な依頼を、編纂処理し、ランク付け、相当掲示板への公開等等といった事だ。

……そう、ギルドとは、決してお金を稼ぐためだけに利用するわけではない。
むしろ、お金を消費するためにギルドへ来る人も、結構いるのだ。

現在風来坊である俺には、本来であれば依頼なんて殆どありえない。高価いし。

「さて……」
「依頼するんですか?」
「ああ。流石に、一人で要人警護なんていうのは無理があるし、……そうだな。某家のやんごとなきお嬢様が、カノンの大会を内緒で見に行くために用心棒を雇った……てな設定でどうだ?」
「凝りますね……」

俺としてはテンプレだ。
笑いながらギルドの奥へと足を進める。この街のギルドも、町のサイズに比例していて、中々に大きかった。

というか、その限定空間を最も占拠しているのは、依頼書の張られた掲示板なのだが。

「ベリア。少し待っててくれるか?」
「はい。いってらっしゃい」

ベリアを適当な椅子に座らせてる。此処はギルドと軽食屋を兼業しているらしく、ウェイトレスにサンドイッチを注文して席を立った。

「依頼を申請したい」
「はい。どのような内容のご依頼でしょうか」
「えー……警護……に、なるのかな? カノンまでの護衛を雇いたい」
「はい、それでは用紙をご用意しますので、そちらに依頼内容の記入、制限などの要項を書き込んで此方へお持ちください」

言われて、用紙とペンとインク壷を受け取る。
……いやまぁ、そりゃそうなのか。ボールペン、何処かに仕舞ってなかったかなぁ……?

「え〜……依頼内容はカノンまでの護衛。とあるご令嬢をカノンへ護送したいのだが、人手が足りずに困っている、と。足は……ああ、それも用意しなけりゃな……まぁ、馬車を後で用意するとして……人数は……まぁ、4人程度かな? 報酬……銀貨4枚。これでいいか。後は……うん、軽装の人を優先、中距離攻撃手段があると尚良し。期限は明日……いや、一日置いて明後日でいいか。うん。早朝、西門で、と。」

こんなところだろうか。
書き終えた用紙を持って、カウンターまで再び行く。
カウンターの受付嬢は、用紙を差し出すとにこりと笑って一つ頷いて。

「はい、それでは少々お待ちを……………カノンへの護送、と言う事で、ランクはCに指定されます」
「……結構高めですか?」
「最近、この辺りでも魔物の発生件数が増えているんです」

成程、と頷いて懐から財布を取り出す。

「契約金、銅貨200枚になります」
「銀貨で、お釣りもらえます?」
「はい。……銅貨100枚を。契約成立です。確かに受領しました」

差し出した銀貨に、重い銅貨がずっしりと帰ってくる。
それを懐の闇に放り込み、再びベリアの元へ。

「お嬢ちゃん、なんだ、俺と一緒にあそばねーか!!」
「ギャハハ、お前ロリコンだったのか!!」

……何か、五月蝿い連中が、まるで花に集る虫の如く集まっていた。

「あ、ヤ……イーサンさん……」
「おう、如何したベリア」
「いえ、この人達が……」

言って、その二人の男を見る。
小柄な盗賊風の男と、筋骨隆々の戦士、と言った感じの二人組み。
俺がベリアに話しかけたのを見ると、二人はいかにも邪魔者が来た、と言う感じに眉をひそめて。

「おう、アンちゃん。今その嬢ちゃん、俺達が誘ってる最中なんだが?」
「悪いが、コレは俺の連れだ。他を当たれ」

言って、ベリアをつれて席を立つ。
サンドイッチがまだ残っているようだったが、まぁコレばっかりは仕方あるまい。

「おい、ちょっと待てよ……」

言って、大男のほうが肩に手を掛けてきた。しかも、何か結構力を入れて。鎧越しにも分るほどの力だった。なので、気付けば反撃してしまいました。
こう、膝、腰、肩、肘、手首等等、諸々の関節を使って必殺気味に入った裏拳。

「オブボォッ!?」

そんな奇声を上げて仰け反る大男。
パンッ! と甲高くも短い音を立てて、そのまま勢いをつけて後頭部から地面へと沈み込んでしまった。

「―――!?」
「おっと、動くなよ?」

言いながら右腕を突き出し、その先にあった盗賊風なのの首を握る。
親指を首につきたてているため、男は苦しそうにうめいていて。
空いた左手で小男の右手を握る。すると俺の握力に負けて、ポロリ、と小男の右手の中からナイフが零れ落ちた。

「最後まで、って言うのが望みなら付き合うが、……如何か?」

言いつつ、少しだけ力を込める。
小男は苦しそうに此方を見つめて……って、首絞めてちゃ合図も出来ないか。

何となく降伏してそうな目をしたのを確認して、その手を離してやる。
床に崩れ落ちて咽る馬鹿を鼻で笑い、今度こそベリアをつれてギルドを後にした。

「ヤマトさん、なにもあそこまでしなくても……」
「あー……うん、だよなぁ?」

店を出た途端、そんな風にベリアに声を掛けられる。
確かに、あんなところで見境なく暴力を振るうなんてのは、馬鹿のやることだ。
……はて、なんで俺あんなところで暴力を振るったんだか。いつもなら、もうちょっと穏便に事を済ませてたと思うんだが。こう、卑屈に呼び出して裏でキュッと。

「………?」

自分でも自分の行動が今一分らないまま、俺は次の目的地へと向かって歩くのだった。

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ