挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
黒い剣の異世界譚 作者:青葉 夜
19/63

019 - ゴブリン退治

そんなわけでなんとかカラジュームへとたどり着いた。
たどり着いていの一番にギルドへ行き、適当な依頼を探す事になる。
なにせ、金が無い。今後のことなんか考えると、ベリアの装備を整えるのが先決で、そうすると宿に泊まる金さえなくなってしまう。

「……まぁ、仕方ありませんよね」

武器屋で見繕った中古の弓を買って、ベリア用の武器とする。
一応ベリアが見繕った品で、中古と言う割には保存状態もよく、まだまだ現役で活躍できる品だったとか。
俺の武器は基本的に拳なので、剣でも無理なのに、ましてや弓なんて何が良くて何が悪いのなんて判断できない。
弓と一緒に矢も何本か買い入れ(思い切り値引きさせた)、店主ににこやかに礼を言って(顔色が悪かったような気がする)、ベリアの手を引いて店を後にした。

「ヤマトさん鬼畜ですね……」
「意味が分かんないよ。あと、鎧を着ているときはイーサンでお願い」

言いつつ、ベリアの服装も何とかせねばなるまい。
ベリアが今来ているのは、彼女が最初から来ていたドレスだ。上から俺の防寒用に買ったローブを着せてはいるが、正直戦いに向いている服装とは死んでも言えない。

「次はベリアの服だな」
「えっ!?」
「……選んでも良いが、素早く決めなかった場合、俺が適当に選んだものを買うからな?」

女は何時でも衣服を買うことに時間を掛ける。
何でそんなに時間を掛けたがるのかは知らないが、此方の世界でもその法則は適用されるのだろう。到着した古着屋の周りには、多くのご婦人方が居て。

……あの中に入っていくのかぁ。正直だるい。

「ベリア。銅貨十枚あげるから、適当に身軽そうな服装を買っておいで」
「え……ヤマ……イーサンさんは?」

うるうるうる、と。
子犬のような瞳で此方を見上げてくるベリア。
俺は別に良い人と言うわけではない。フェミニストでもなければ、晃のようなお人よし、と言うわけでもない。
だが、だがだ。此処でもし、少女の望みを断るのだとしたら。
例えば無理難題を言っている、と言うわけでもなければ、俺にとって大きな被害を出すわけでもなく、簡単にかなえてやれる願いなのだ。
そんな少女の願いを、此処で拒否できるだろうか。
否、出来まい。(反語)

「……わかった。付いていくから」
「わーい!」

喜ばれてしまった。





で、丈夫そうなズボンと上着を買ったベリアを着替えさせ、脱いだドレスを俺の闇の中へと格納する。

「……何でドレスなんて仕舞っておくんですか?」
「何だその変人を見る目は。後々要るだろう? カノンにたどり着いた後、そんな格好じゃ王宮なりなんなりに入れないだろ?」

おぉ、と頷くベリアの頭に拳骨一つ入れ、そのままギルドへ。
丁度具合の良いことに、魔物退治で報酬が出る依頼がいくつかあった。

その中で一つ。ゴブリン退治、と言うのがあって。

「なぁ、ベリア。ゴブリンってどんな魔物?」
「小型の妖精種の魔物ですね。人型ですが小柄で、緑っぽい変なのです」
「変なの……ねぇ。それって強い?」
「群れの相手は大変ですけど、固体の能力はそれほどもありません」

少なくとも私の弓なら一撃です、とベリア。

「宜しい。なら、この依頼を受けようか。場所はこの町の郊外って言うし」
「即殺ですね!!」

キラキラした表情で言うベリア。
なんていうか、やっぱりこの子武人だ。

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ