挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
黒い剣の異世界譚 作者:青葉 夜
12/63

012 - 騎馬探し。

ポリポリと菓子を食べつつ、詰まれた本に目を通す。

「馬、ラコック、ランドドラゴン、ワイバーン、………うぅん」

今朝の事だ。
昨日見つけておいたギルドへ、国外へと出る任務を探しに掲示板を見に行ったのだ。
そうして一つ、カノンの方向へ向かうキャラバンの護衛、という任務があった。
是非この任務にしようと思い、注意書きに目を進めて。

※重武装の方は、騎馬をご用意ください。

自分の装備を見下ろす。
全身鎧にフルフェイスの兜。ガントレットと金属加工されたブーツ。しかも魔術加工品。
体感重量だけでも、軽く30キロを超えている。
異世界をわたった事による身体能力の増加が無ければ、流石にこれを常時装備している、というのはつらいものがあるだろう。

「………………」

そういうわけで、先ず騎馬を探すこととなった。
けれども、この世界の騎馬というものが俺は今一分っていない。
ので、一体どういう動物を選べば良いのか、参考文献を探しにこの図書館へ寄ったのだ。
幸い、この街は王都から近いため、そういった公共施設も一応備えられていた。

「………むぅ」

馬。コレにもいろいろな種類があるが、重武装の人間を乗せられるような大型馬は高価いらしい。

ラコック。鳥型の魔物なのだが、空を飛ぶことはなく、陸を走る事に優れた……ダチョウのような鳥らしい。
が、この生物どうも気弱らしい。危険を回避するようなキャラバンならまだしも、戦闘になるかもしれない任務に買うには不釣合いだろう。

ランドドラゴン。二足で走る、小型のドラゴン種だそうだ。
力も強く、そう簡単に怯える事も無い。長距離を走る事にも適しており、冒険者が好む騎馬だと書かれている。
……が、人気があるだけあって高価いそうな。

ワイバーン。コイツは空路じゃねーか!?
候補から削除。
因みにワイバーンとは、両腕が翼になった、飛竜の一種である。

「んー……」

残金と見合わせても……少し苦しい。
買うならば、やっぱり馬だろうか。馬なら、高価いといっても、ある程度は知れている。

「まぁ、得られる知識にも限度はある……か」

潔くあきらめて、別の本を探して回る。残り時間も少ないが、本来の目的は此方だ。
図書館の本。そのなかで、この世界に伝わる伝説の類の書籍を探る。
探るのだが……うん。分からない。

此処にあるのは、大抵文字を覚えるための絵本だったり、魔物の事が書いてある本だったり、基本的に生活で必須と思われるような知識ばかりなのだ。
残念ながら、勇者とか、魔王。伝説なんて単語の付く関連書籍は少なそうだ。

「……はぁ、仕方ない。いくか」

もしかしたら、此処にヒントがあるかもしれない。けれども、残念ながら今回は時間制限があって。
結局、収穫らしい収穫は無かったが、まぁ予備知識は少しだけ増えたのだった。






カッポカッポという蹄鉄の音が鳴る厩。
その中から、適当に一頭見繕ってもらい、そのまま施設の厩に預ける。
形だけで良いのだし、それほど良い馬は買わなかった。

とりあえず、これで依頼要項はクリアしたわけだ。
あとはギルドに行って依頼を受注すれば、それでオッケーの筈……。

馬を預けたその足で、再びギルドへ向かって歩き出す。
正直、先に受注しておいて、後から馬を買えばよかったかな、とも思うが、その辺りはまぁ、……無かった事に。

「この任務を受注したい」

言って、イーサンのギルドカードを差し出す。

「此処読んだ? あんちゃん、馬持ってる?」
「厩の預り証……コレで良いか?」
「あいよ。確かに」

受付に確認し、依頼書と引き換えに受注書を受け取る。
なんとか任務を受注する事ができた。
受注書を見る。出立は、今日が3日だから………。
なんと。今晩か!?

「その依頼、今日の昼までの受注だったしねぇ。それに依頼主は豪商のランドルフだ。一回挨拶に言っておいた方が良いんでないかい?」
「……任務は果たす。それ以外は知らん」

気遣いにだけは感謝して、そのままギルドを後にする。
何故に。異世界に来てまで赤の他人におべんちゃらを使わねばならんのか。

というか、今更ながらに嫌な予感がする。
この依頼主、カウンターの旦那は“豪商のランドルフ”とか言っていた。
豪商……商人といえば、黒い善人か、脂ぎった悪人しか居ないと俺は思っている。偏見だ。
この豪商が、善人であれば良いのだが。

――善人なら、挨拶に行ったほうが良い、なんて忠告はされないだろうしなぁ。

悪人となれば、敵は一気に増える。
それどころか、知らず知らずのうちに、自分まで悪事に加担させられている可能性だってありえる。
例えば、馬車の中に白い粉の袋詰めが積んであったり。
例えば、ワラでもない、妙な草の束を積んであったり。

「…………」

受注書を確認する。違約金―――銀貨1。
適当な店での食事代が銅貨数枚だから………これはとんでもない額になる。

今更だが、失敗したかも。選択を早まったかも。
そう思って、本当に今更冷や汗をかくのだった。

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ