挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
グルノールの転生少女 ~ないない尽くしの異世界転生~ 作者:ありの みえ

第2章 孤児と騎士と谷の魔女

13/232

ワイヤック谷の魔女

 左右を切り立った崖に挟まれた渓谷の底は、少し不思議な場所だった。
 外では葉が落ちた木々しかなかったが、谷の木々には深緑の葉が生い茂り、春先というには少々暖かい。
 空を見上げると、岩壁は白く霞んで先が見えなかった。
 雲と考えるよりは、濃霧だろう。
 ここまでの道も、濃い霧に包まれていた。

 ……崖と崖の間って、どのぐらいあるんだろう? 橋かけるの難しそう。すごく広い。

 私は物珍しくて周囲をキョロキョロと見回しているのだが、レオナルドにとっては珍しくもなんともないのか、まっすぐに前を見つめて馬を進めていた。
 ほとんど森に近い林を抜けて反対側の崖にたどり着くと、崖を背にした一軒の家が見えてきた。
 谷底という辺鄙な場所にある家なのだが、小さな庭や菜園らしき畑、家畜小屋や物置らしい脇屋まである。

 ……うちの村長の家より立派な家だ。

 まっさきに浮かんだ感想がこれだった。
 村で一番立派な家だ、と村長は自身の家をそう自慢していたが、今目の前にある谷底の一軒家にも劣る『立派な』家だった。

 一軒家に着くと、レオナルドは馬を下りる。
 そのまま勝手に柵の扉を開け、馬ごと敷地内へと入った。

「オ邪魔シマス……」

 不法侵入をしているという気まずさを誤魔化すように、日本語で小さくつぶやく。
 マスクをしているため小さな声は誰にも聞きとがめられなかった。

 家の前まで来ると、荷車から馬が外された。
 ここまで一緒に来てくれた荷車の騎士も、荷物を降ろして身軽になり、このまま砦へと戻るらしい。

「……ごめんなさい」

 馬に乗って走り去る騎士を見送るレオナルドの背中を見上げ、小さな声で謝る。
 突然私に謝られてレオナルドは、不思議そうな顔をして視線を下げた。

「レオにゃルドさん、本当は、お仕事、帰りたい。わたしのせい、帰れない。ごめんなさい」

 恥ずかしくも子供のように大泣きをした私を慰めようと抱き上げたせいで、レオナルドは病気への感染を疑って谷に篭ることとなった。
 自分がうっかり羽目を外して泣き出さなければ、避けられたかもしれない事態だ。
 騎士として、砦でなんらかの指示を出す中心にいるべき人を、中心からは外れた辺鄙な場所へと閉じ込めることになってしまい申し訳ない。
 本当に申し訳ないと思っているのだが。

 ……一人じゃなくて、少しだけ心強いとか思ってます。ごめんなさい。

 申し訳なくも頼もしい。
 なんとも複雑な心境でレオナルドの顔を見つめた。

「……まあ、ティナとはゆっくり話をする必要があるからな。その時間ができたと思えばよし。砦のことはアルフに任せておけば大丈夫だ」

「お話?」

「ティナのこれからについてとか、サロモン様についてとか……色々相談しておくことはあるだろ」

 レオナルドが指折り数える話し合うべき案件に、この人は本当に私の人生に責任を持つつもりだったのだな、と途方に暮れる。
 途方に暮れると言うのは失礼なのだが、核家族化が進み個人主義の人間が増えてきた現代日本で生きた記憶がある自分には、レオナルドのいさぎよすぎる覚悟が理解できなかった。
 恩人の子供とレオナルドは言っているが、要はただの他人である。
 恩人である父亡き後は、適当に言い含めて放り出すのが普通だろう。

 ……赤の他人の面倒を、本気で見るつもりだったんだね、レオナルドさん。私は助かるけど、それでホントにいいのかな? 子供一人面倒見るって、かなり大変なことだと思うんだけど。

 もちろん、自分はただの子供ではないので、聞き分けよく言いつけを守る、という程度のことはできるのだが。
 自分で出来ること以外は、どうしても私が障害となるだろう。

 ……レオナルドさん、結婚とかしてるのかな? いきなり子供連れ帰ったら奥さん怒るよ、絶対。

 結婚はまだだとしても、恋人が居た場合でも、突然子持ちになるのは色々と問題があるだろう。
 はたしてレオナルドはそこまで考えているのだろうか。

 心配になってレオナルドを見つめていると、その視線に気がついたレオナルドが相談事を数え上げるのをやめ、くしゃりと髪を撫でてきた。






「オレリア、少し相談があるんだが……」

 ノックをしたかと思ったら、中からの誰何すいかも待たずにレオナルドは扉を開ける。
 中に人がいると確信していたようなのだが、何よりもその無作法ぶさほうに驚いた。
 返事もまたずに扉を開けても良い間柄の人間なのだろうか? と考えて、気がつく。

 ……いや、ダメでしょ。魔とか賢とか言ってたから、女の人だよ。女の人の家を訪ねるのに、返事も待たずにドア開けるのはマナー違反だよ。

 驚いてレオナルドを見上げると、レオナルドは不思議そうな顔をして首を傾げた。

「……あれ? 居ないな? いつもなら勝手に開けるな、って皿の一枚も飛んでくるんだが」

 ……怒られるって解っててやってたの!?

 余計にダメじゃん、と内心で憤慨しているのだが、レオナルドは私の表情になど気づかずに家の中へと入る。
 私はというと、勝手に他人ひと様の家に入ることには抵抗があったので、玄関から中を覗き込むだけにした。

 外から見ると村長の家より立派だと思った家は、中を見てみると意外に狭く感じる。
 ところせましと物が置かれているせいだと思われるのだが、イメージとしては漢方薬局だろうか。
 小さな引き出しがついた棚が壁をおおいつくし、床には大小さまざまな箱が置かれている。少しずれて中身がはみ出している箱もあるので、もしかしたらこの家の主は片付けが苦手なのかもしれない。

 ……草の匂い。なんだろう? ハーブとかかな?

 枯れ草とも花とも違う匂いがする。
 匂いの元を辿って室内を見渡せば、壁際にいくつかの植物が吊り下げられていた。

 ……ドライフラワーとか、ああやって作るんだっけ?

 昔の少女漫画で、ヒロインの部屋に飾られていたのを覚えている。
 今は電子レンジで作る方法などがあった気もするが、テレビも冷蔵庫もないこの世界では、昔ながらの方法しかあるはずはない。

「……おかしいな、三ヶ月前にセドヴァラ教会か新しい弟子を送り込んだから、オレリアが不在でも弟子はいるはずなんだが……?」

 簡単に家の中を探し終え、玄関へと戻ってきたレオナルドに、私も室内観察を切り上げる。
 家主の居ない家の中を、あまりジロジロと見るのも悪いだろう。

 ……セドヴァラ教会って何? 宗教?

 耳慣れない単語に首を傾げていると、一瞬だけ黒い影が顔にかかった。
 次に緑色の物体がバラバラと周囲に降り注ぐ。

「え? え? 何!?」

 動いている物を無意識に視線が追うように、視線は地面へと散らばった緑色の物へと移される。
 地面に落ちて静止した緑の物体は、名前はわからないが植物の葉っぱだった。
 形が違う何種類かの葉を見つめ、それが落とされたと思われる上を見る。
 見上げた先には、竹か籐のようなもので編まれたざるを被ったレオナルドの姿があった。

 ……あ、わかった。家から出てきたトコを狙われたんだ。

 ぷるぷると肩を震わせているレオナルドに、勝手に家へ入ったことへの報復であろう、と理解する。
 少なくとも、家の中へ入らなかった自分にまで笊が落ちてくることはなかった。

 少し家から離れて上を見上げる。
 一階建てだと思っていたのだが、どうやら屋根裏部屋があるようだ。
 厳しい顔をした老女がレオナルドを見下ろしていた。

「If useless she, ran away from here in one month」

 老女の薄い唇から漏れた言葉が、なんと言っているのか解らない。

 ……え? 何語? どこの言葉??

 聞いたことがあるような、たまに聞き取れる単語があるような気はするのだが、老女が話している言葉は今生こんじょうでずっと聞いてきたこの世界の言葉ではない。

 ……この世界の外国語とかかな? まいったな。まだこの国の言葉だって聞き取るのがやっとなのに。

 老女に対してなんと声をかけたら良いのか判らず、とりあえずレオナルド周辺に散らばった草を拾い集めることにした。
 レオナルドの手から笊を受け取り、その上に拾った草を載せていく。
 知らない言葉でレオナルドが老女に文句を言い始めたようだが、口を挟めるわけもないので黙々と葉を拾い集めた。






 ひとしきりの応酬が終わった後、レオナルドに促されて改めて室内へと足を踏み入れる。
 笊を抱いたまま室内を見渡していると、奥から先ほどの老女が現れた。

 ……何語だろう?

 老女に笊を返した後、テーブルへと案内されて今に至る。
 レオナルドと老女が話しをしているのだが、どこかの国の言葉なので、自分には何を話しているのかがさっぱり解らなかった。
 話の腰をおるわけにもいかないのでしばらくはお行儀良く座っていたのだが、いい加減暇だ。

 ……子供じゃないから、じっとしてることは出来るんだけど。

 暇には勝てない。
 普段であれば聞き耳を立てて会話の流れを把握することもできるのだが、言葉が解らないのだからそれもできない。
 今の自分にできて、二人の邪魔にならないこと――――――と考えて、こっそり老女を観察することにした。

 年齢は判らない。
 手や顔にも皺があるので老齢であることは判るのだが、背筋はスッと伸びていて、背も高い。
 白髪の混ざった赤毛を綺麗に編みこんで上げている。
 後れ毛を見る限りは柔らかい猫毛なのだろう、ふわふわとした赤毛がうなじを飾っていた。

 ……魔女って言うから、髪の毛ボサボサの外見気にしない老婆を想像してました。ごめんなさい。

 絵本の魔女像とはまるで違う老女オレリアの姿に、「魔女」ではなく「賢女」だと言ったアルフの正しさを知る。

 ……厳しい教頭先生、って雰囲気だよね、オレリアさん。

 背筋を伸ばして座るオレリアの姿勢は美しい。
 時折テーブルに立てかけた杖を持ち上げ、レオナルドに殴りかかる。

 ……レオナルドさんには悪いけど、ちょっとカッコいいと思ってしまった。

 コクリと出されたハーブティーをいただきながら、オレリアの茶色の瞳を見つめる。と、レオナルドとオレリアが同時にこちらへと視線を向けた。

「あ、あい きゃん のっと すぴーく いんぐりっしゅ」

 咄嗟に口から出た言葉は、前世で中学時代に考えた英文だった。
 これで「道端で外国人に遭遇しても逃げられる!」とクラスメートと笑いあった半分冗談でできている英文である。
 なお、実際に使われる機会などなかった。

 突然何を言い出したのか、と瞬くレオナルドに、自分でも突然でてきた英文モドキが不思議だった。
 何故いきなり前世でも使わなかった英語が? と考えていると、会話を再開したレオナルドとオレリアにその理由が解った。

 ……オレリアさんの言葉、時々「She」とか、「Family」とか英語っぽく聞こえる単語が混ざってるんだよね。

 ほとんどは聞き取れないのだが。
 それでも時折前世で習った英単語に似た言葉を耳が拾う。
 そのせいで、とっさに前世での「道端で外国人に遭遇した場合」というイメージトレーニングが発揮されたのだろう。

 ……なにも、今突然発揮されなくてもいいのに。

 絶対に変な子供だと思われた。
 先ほどまではオレリアに歯牙にもかけられていなかったのだが、チラチラとこちらへと視線を寄越すようになっている。
 これ以上変な失敗はすまい。
 そう心に決めて、退屈であろうがなんだろうが、二人の話が終わるまではお人形に徹することを決めた。
作中の英語はグー●ル翻訳頼りです。
間違っていても気にしないで流してください。どうせティナには聞き取れない・理解できない言葉、って意味では同じです。

翻訳前は「役に立たない彼女なら、一ヶ月でここから逃げ出した」になります。
主人公であるティナには理解できないので(略)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ