挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
グルノールの転生少女 ~ないない尽くしの異世界転生~ 作者:ありの みえ

第1章 メイユ村の転生幼女

1/168

プロローグ

 自分は前世でさむらいだった、だとか。
 異国の人柱にされた村娘だった、だとか。

 オカルト系のテレビ番組は、けっこう好きで見ていた。
 けれど、特に生まれ変わりだとか、幽霊だとかを信じていた理由わけではない。

 なんとなく興味を惹かれるから。
 ただの惰性で、家に帰ったらテレビをつける。
 自分以外の立てる音が欲しい。

 理由としてはそんなところだ。
 決して、番組内容を真摯に信じていたわけではない。

 その手の番組では『お母さんのお腹の中にいた頃の記憶がある幼児』というのも度々扱われていた。
 今、自分が体験しているのも、きっとソレだろう。

 暗くて息苦しい。
 でも、ぬくもりに包まれていて安心した。
 轟々とうるさい音が一日中聞こえる。
 それに混ざり、愛おしげに何度も呼びかけられた。
 時折、優しく撫でられる。

 ずっとここで穏やかに過ごしたい。
 そう思っていたのだが、その時は突然やって来た。
 狭い場所へと押し込められて、何時間もそこに居た気がする。
 母の苦悶の声がずっと聞こえていて、少し遠い位置から母を励ます別の声が聞こえた。

 ああ、ついに産まれるのか。

 そんな感動は微塵もない。
 狭くて、苦しくて、母の苦悶の声が響き続ける産道は、まるで地獄のようだった。
 こんな辛い時間が続くのなら、いっそ生まれたくない。
 そう思っていたのだが。

 一瞬で世界は白く染まり、明るさに包まれた。
 ずっと全身を締め付けられて苦しかったのだが、それもない。
 慌てて酸素を吸い込もうと口を開くと、盛大な産声が響き渡った。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ