挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
精霊幻想記(Web版) 作者:北山結莉

第一章 異世界にて目覚める

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

1/189

第1話 前世

 天川あまかわ春人はるとは東京に暮らす大学生であった。

 季節は夏。
 透き通るような青空には燦燦さんさんと光り輝く太陽が浮かんでいた。
 地面に敷き詰められたアスファルトからは、空気をも溶かすような熱気をはらんだ陽炎かげろうが立ち昇っている。
 そんな悪環境の中、春人は、どこか冷めた表情を浮かべて、自らが通う大学のキャンパスへと続く緩い坂道を歩いていた。
 道中、春人を発見し、近くを歩いていた女子大生のグループが密かに黄色い声を上げる。

 近寄りがたい雰囲気はあるが、春人は背が高く、見た目も端麗である。
 また、古武術で鍛えていることから、体格も良い。
 それゆえ、春人は大学に通う異性達からちょっとした有名人であった。

 とはいえ、春人はそういった噂には一切興味はなかった。
 別に男色家というわけではない。
 だが、生まれて二十年以上、春人に彼女がいたことはない。

 春人には一人の想い人がいる。
 その人物は春人の幼馴染だ。
 だが、その想いが実ることはない。
 憧れた彼女は春人の手が届く場所から消え去ってしまったのだ。
 春人の幼馴染が失踪したのはもう五年も前のことである。
 そして、春人が幼馴染と最後に話したのは十三年も前のことだ。

 春人が彼女と出会ったのは物心がつく前であったからか、彼女のことを好きになるのに時間はかからなかった。
 毎日のように彼女と一緒に遊んで、気がつけば彼女のことを好きになっていたのだから、当たり前だ。
 だが、幼くして春人の両親が離婚することとなり、春人は田舎にある父親の実家へと連れて行かれることになった。

 その時、二人はある約束をする。
 いつか出会えた日に二人は結婚する、と。
 何の拘束力もない、幼い日の淡く儚い約束だ。

 それから、春人は、少女と結婚する将来を夢見て、一生懸命に努力することを誓った。
 努力すれば願いは叶うのだと、何の根拠もなく信じて、勉学に励み、農業や家事など家の手伝いをし、祖父からは道場で古武術を習った。

 会いたい。
 彼女に会うためなら立ち止まってなどいられない。
 何でもいいから努力して、成長すればするだけ再会の時は早まるんだと、春人は本気でそう信じていた。
 努力し続ける春人の想いが親に届いたのか、春人は幼馴染が住む近くにある有名な高校へと進学することを父から認められた。

 その高校で春人は衝撃的な再会を果たすことになる。
 偶然、幼馴染の彼女も同じ高校に進学していたのだ。
 どくん、と心臓が高鳴るのを、その時の春人は感じた。
 間違いなく彼女だった。
 大きくなっても見間違えるはずはなかった。
 遠く、だけど、とっても身近で、ずっと大切な人だったのだから。

 あでやかで見る者を魅了する背中まで伸びた黒い髪。
 小顔に整った目鼻立ち。
 雪化粧をしたかのような白い肌。
 小柄だがバランスの良い体型をしており、お淑やかで清楚な雰囲気を持っている。
 そんな絵にかいたような美少女だった。

 春人は彼女と再会できた運命に歓喜した。
 そして、同時に、運命を呪った。
 彼女の隣には春人の知らない男がいたのだ。

 春人は怖くなった。
 もしかしたら二人は付き合っているのではないだろうか、
 そう考えると、自分から彼女に声をかけることはできなかった。
 そして、そんな風に悩んでいるうちに、春人の幼馴染は失踪してしまった。

 それ以来、春人は後悔し続けてきた。
 いなくなって初めて、ようやく春人は自らの犯した過ちに気づいたのだ。
 心が砕けそうだった。
 声にならない悲痛な叫びが身体中に響いた。

 けど、諦められない。
 諦めきれなかった。
 諦めきれるはずがなかった。
 まだ自らの想いすら告げていないのだから。

 東京に来れば彼女に会えるのではないかと漠然と淡い希望を抱き、地元を出て東京の大学に進学した春人。
 だが、いまだに彼女の消息は掴めないままだ。

 東京へ来て三年目。
 最愛の幼馴染のことを忘れることができた日はない。
 幼馴染が失踪した事件については警察も捜査に乗り出したが、真相は謎に包まれたままである。

 大学で講義を終えた春人が家の近くまでバスに乗って帰る。
 夕方になる前の時間帯はバスに乗る人間も少なく、現在、車内にいる乗客は春人を含めて三人しかいない。
 静寂に包まれる車内。
 春人は、バスに揺られながら、流れる景色を見つめていく。

 その時、突如、バスに大きな揺れが走った。
 舞い上がる浮遊感、全身に襲い掛かる大きな衝撃、春人の意識は一瞬で真っ暗になりかけた。

『…………て……』

 完全に意識を失う間際の最後の瞬間、美しい声が、自分の知らない言葉で、春人の脳内に響いた気がした。

「次のニュースです。本日、午後三時三十五分、東京都○○区の路上にてバスと中型トラックがぶつかる交通事故が発生しました。この事故でバスに載っていた乗客三名が死亡、トラックとバスの運転手は重傷を負ったものの一命を取り留めました」
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ