挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
私は敵になりません! 作者:奏多
268/268

祝福の日に願うこと 2

 結婚式は、王宮に近い大聖堂で行われる。
 大聖堂へは、レジーと一緒に馬車に乗って王宮から移動した。

 その日は綺麗に晴れたので、天蓋のない馬車だ。
 道の脇に詰めかけた王都の人々に見られながら、私とレジーは大聖堂への道を運ばれていく。
 その間、不思議と緊張しなかったのは、馬車の先導をしているのが……ヤギだったせいだろう。
 もちろんそれは結婚式に駆けつけたエニステル伯爵の大ヤギで、エニステル伯爵はどうしても先導役をやると言って聞かなかったのだ。

「王都を奪還して間もありませんからな。大聖堂の中という安全な場所にて眺めるのではなく、拙者は陛下を愛馬とともに守らせて頂きたいのでございます」と言って。

 その大ヤギも結婚式仕様ということで、首に色とりどりの花を使った花輪をかけて飾られている。
 ついでにエニステル伯爵も花輪を頭に飾っていて、おかしいやら可愛いやらで自然と笑顔にさせてもらってありがたい。
 レジーと何度となく視線を合わせては、くすくすと笑ってしまった。

 ……国王の結婚式だから、内輪の気安いものにはならないのはわかっていた。けれど、もっと格式ばって息苦しいものになるかと思っていたので、エニステル伯爵にはとても感謝している。

 馬車の後ろをついて来るのは、レジーの近衛騎士隊だ。グロウルさんやフェリックスさん達が、黒っぽい軍装に青いマントをひらめかせて馬を歩かせている。
 王都の道の脇には、予想以上に沢山の人が詰めかけていた。
 まだ完全に避難した人達が戻ってきていないはずだけど、結婚式のために物が集まり、人が集まったのでとても賑やかに見える。

 やがて大聖堂へ到着した。
 馬車から降りる時、先に降りたレジーが声を掛けてくれた。

「おいで、キアラ」

 そう言って、手を貸すどころか私の腰を掴んで抱え下ろしてしまった。
 腰のあたりをぎゅっと締め、裾が広がるように作られた白いドレスがふわりと舞う。
 冬の間に作り上げたドレスは、胸元から腹部までは繊細なレースが重ねられていて、小さな真珠がいくつも縫い取られていてとても綺麗だ。

 頭には銀と金剛石で作られたティアラと、ドレスの裾を覆うほど長いマリアベール。
 ファルジアにもベールを被る慣習があったようで良かった。ちょっと古風だと言われたけれど、前世でとても憧れていたので、お願いして作ってもらったのだ。
 しかも運よく、透ける様に細かな柄の真っ白なレースの布が手に入った。
 何よりも、一度しか着せるわけにはいかないから、後悔しないように欲しいものを用意するように言ってくれたレジーに感謝だ。

 あと、ファルジア前国王がケチって資産を使わないようにしていたことと、侍従さん達が国王が行方不明になってすぐに、ある程度の宝物を密かに隠していたおかげだ。そのため王家が資金繰りに困るような事態は無くなったと、レジーが言っていた。

 あとマリアンネ王妃が贅沢をしないので、戦争前にも資産があまり減らなかったおかげでもあるとか。
 そもそもマリアンネ王妃は、自分が贅沢をすることとかには興味が無かったらしい。着ていた服も全て、暗い色のルアイン風のドレスばかりだったそうだ。
 マリアンネ王妃に殺された前王も、服飾品にお金がかからないことだけは評価していたというので、なんとも言えない気分になる。
 まぁ、戦が始まる前後から、戦争の資金として隠しきれなかった分はかなり使ったようだけれど。
 ともすると、どうしても戦争のことに意識が向いてしまいそうだけれど、この日ばかりは過去を振り返るのを止めなくては。

 私は改めてレジーを見る。
 今日は戦争時に着ていたものより手が込んだ刺繍がほどこされた軍装に、裳章を肩から斜めに掛け、王様らしく真紅の長いマントを身に着けた姿だ。
 私の手を引いて歩いてくれる姿は、とてもきびきびとして格好良くて……頼りがいに満ちてる。

 大聖堂の石の階段を上がり終えた。
 馬車がそのまま入りそうな大きな扉の前には、エヴラールの騎士達が両脇に整列していた。
 レジーと私が近づくと、一斉に抜身の剣を頭上に掲げる。
 その間を通り抜ける時に、一番奥にいたカインさんを見つけた。

 アランがレジーを手伝うため逗留しているのに伴って、カインさんもアランの騎士としてずっと王宮にいてくれている。
 戦争の間に完全に兄の立場を貫くことに決めたらしいカインさんは、冬の間も妹として親しく扱ってくれていた。
 そして今も、私とレジーを見てまぶしそうに目をすがめて、口元を微笑ませている。

「おめでとう」

 目の前を通る時には小さく声を掛けてくれたから、私は笑ってうなずいた。

 扉を潜り抜けると、すぐに広い礼拝堂だ。外縁に列柱の回廊を備えた礼拝堂の中央には、緋色の絨毯が敷かれている。
 その両脇には、祝福のために駆けつけてくれた人達がいた。
 最前列にいるレジーや私に最も近い親族になる、ベアトリス夫人やヴェイン辺境伯様。アランの他には、一緒に戦ったジェローム将軍、エメラインさん、エダム将軍もいる。

 そしてベアトリス夫人が茨姫を抱え、アランが師匠を抱えてくれている。
 師匠がいてくれて良かったし、レジーの結婚式にお母さんである茨姫が参列してくれて、本当に良かった。
 ……他の貴族に、変な人形を持っているなと気味悪がられたことは、本当に申し訳ない。
 その他にも、国王の結婚式に出席するために領地から出て来た沢山の貴族達の姿がある。

 笑顔で見守っていてくれる仲間の前を歩き、やがて祭壇の前に到着した。
 私達を待ち構えていたのは、金の刺繍をほどこした白い帽子と装束の教主だ。かなり高齢らしい白い眉毛の教主のおじいさんは、聖書の結婚に関する章を読み上げた。

 最後に、私とレジーに祝福の言葉を送って「誓いの儀式を」と促す。
 私はレジーに向き直った。
 レジーが私のベールの前側を持ち上げて、私の顔を露わにする。
 ベールをしていたせいか、自分の顔を見られることに照れを感じた。
 いつもと違い、私も多少ながらお化粧をしてもらっていたのだけど、その分だけ変にお化粧が落ちたりしていないか不安になった。

「あの、レジー……」

 変じゃない? という言葉を口にする暇もなかった。
 レジーが素早く口づけて離れてしまう。
 目を丸くしている間に終わってしまって、私は拍子抜けしてしまったのだけど、レジーは小さく笑って言った。

「いつでもキアラは可愛いよ。心配する必要はないけれど、君がキスする時の顔を大勢にじっくり見せたくはなかったからね」

 だからさっさと済ませたというレジーに、私は思わず顔が熱くなる。
 こんなにも、自分のことを好きでいてくれる人と一緒にいられる。その命を守ることができたことに、今さらながらに誇らしい気持ちになれた。

 そこで教主が、結婚の宣言を行った。
 参列者の祝福の応答と拍手が礼拝堂の中に鳴り響く。
 そうして私は、レジーと一緒に大聖堂の扉へ向かって歩き始めた。
 参列者が撒く花弁の雨の中を通り抜け、青い空の下へと踏み出す。

 前世のことをはっきりと思い出して、逃げ出そうと決めた日には、こんな未来になるとは思いもしなかった。
 きっと一人きりで生きて行くことになると思っていた。
 でも今、自分を支えて見守ってくれる人達がいて、手を握り合って歩いて行ける人と出会えた。
 そのことが嬉しくて。もう一度馬車に乗ったところで、ささやくような声だけど、言ってしまった。

「レジー……好き」

 はっと気づけば、珍しくレジーが照れたように視線をさまよわせ、私の手を握ってささやいた。

「キアラ、こんなところで卑怯だよ。だから、後でもう一度言ってもらうからね?」
これにて本編は完結とさせていただきます。
ご愛読いただきありがとうございます!

下記も連載しています!
鳥かごの大神官さまと侯爵令嬢


cont_access.php?citi_cont_id=214034477&s

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

わたしはふたつめの人生をあるく!

 フィーはデーマンという田舎国家の第一王女だった。  このたび、大国オーストルの国王で容姿端麗、政治手腕完璧、ただひとつ女性に対して冷たいのをのぞけば完璧な氷の//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全178部)
  • 5941 user
  • 最終掲載日:2017/05/18 02:48
乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…

頭を石にぶつけた拍子に前世の記憶を取り戻した。私、カタリナ・クラエス公爵令嬢八歳。 高熱にうなされ、王子様の婚約者に決まり、ここが前世でやっていた乙女ゲームの世//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全46部)
  • 6196 user
  • 最終掲載日:2016/08/17 19:18
張り合わずにおとなしく人形を作ることにしました。

 女性向けレーベル、アリアンローズ様より書籍版発売中です。ぜひにお買い上げくださいませ!  どうやらここは前世でプレイしていたファンタジーな乙女ゲームの世界ら//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全69部)
  • 4528 user
  • 最終掲載日:2016/12/14 13:50
そして少女は悪女の体を手に入れる

生まれつき体が弱かった私。17歳の人生が幕を閉じようとした時、笑顔がとっても可愛い天使さんが現れて、私に別の人の体をくれた。 どうやらその人は、自分で自分の人生//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全75部)
  • 5350 user
  • 最終掲載日:2017/05/22 06:00
お前みたいなヒロインがいてたまるか!

アラサーOLだった前世の記憶を持って生まれた椿は4歳の時、同じく前世の記憶持ちだと思われる異母妹の言葉でこの世界が乙女ゲームの世界だと言う事を思い出す。ゲームで//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全173部)
  • 6472 user
  • 最終掲載日:2017/05/03 15:39
悪役令嬢の取り巻きやめようと思います

気付いたら、悪役令嬢の、取り巻きBでした! あれ?これって娘が前にやってたゲームの中の世界じゃない?! 突然、前世の記憶を取り戻した伯爵令嬢コゼットは自分の太ま//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全169部)
  • 5233 user
  • 最終掲載日:2017/05/19 07:00
乙女ゲーム六周目、オートモードが切れました。

気が付けばそこは、乙女ゲームの世界でした。ハッピーでもバッドでもエンディングは破滅までまっしぐら、家柄容姿は最高なのに性格最悪の悪役令嬢『マリアベル・テンペスト//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全80部)
  • 5444 user
  • 最終掲載日:2017/05/27 18:11
蜘蛛ですが、なにか?

勇者と魔王が争い続ける世界。勇者と魔王の壮絶な魔法は、世界を超えてとある高校の教室で爆発してしまう。その爆発で死んでしまった生徒たちは、異世界で転生することにな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全496部)
  • 5059 user
  • 最終掲載日:2017/05/25 23:14
異世界出戻り奮闘記

 かつて私は異世界に召喚されたことがある。異界からの巫女として一年余りを過ごした私は、役目を果たし、元の世界へ帰ることとなった。そして護衛騎士に秘めた思いを告白//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全78部)
  • 4675 user
  • 最終掲載日:2016/01/03 18:00
復讐を誓った白猫は竜王の膝の上で惰眠をむさぼる

大学へ向かう途中、突然地面が光り中学の同級生と共に異世界へ召喚されてしまった瑠璃。 国に繁栄をもたらす巫女姫を召喚したつもりが、巻き込まれたそうな。 幸い衣食住//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全73部)
  • 4650 user
  • 最終掲載日:2017/05/16 18:23
魔法使いの婚約者

剣と魔法の世界に転生したこの私。復活した魔王、聖剣に選ばれた勇者―――――そんな王道ファンタジーが繰り広げられる中で、与えられたポジションは魔法使いの婚約者。(//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全40部)
  • 4792 user
  • 最終掲載日:2016/05/27 08:04
リビティウム皇国のブタクサ姫

リビティウム皇国のオーランシュ辺境伯にはシルティアーナ姫という、それはそれは……醜く性格の悪いお姫様がいました。『リビティウム皇国のブタクサ姫』と嘲笑される彼女//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全194部)
  • 4792 user
  • 最終掲載日:2017/05/28 09:14
ドロップ!! ~香りの令嬢物語~

生死の境をさまよった3歳の時、コーデリアは自分が前世でプレイしたゲームに出てくる高飛車な令嬢に転生している事に気付いてしまう。王子に恋する令嬢になれば暗い未来が//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全63部)
  • 6111 user
  • 最終掲載日:2017/05/13 21:00
甘く優しい世界で生きるには

 勇者や聖女、魔王や魔獣、スキルや魔法が存在する王道ファンタジーな世界に、【炎槍の勇者の孫】、【雷槍の勇者の息子】、【聖女の息子】、【公爵家継嗣】、【王太子の幼//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全227部)
  • 4654 user
  • 最終掲載日:2017/05/26 12:00
アルバート家の令嬢は没落をご所望です

貴族の令嬢メアリ・アルバートは始業式の最中、この世界が前世でプレイした乙女ゲームであり自分はそのゲームに出てくるキャラクターであることを思い出す。ゲームでのメア//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全104部)
  • 5493 user
  • 最終掲載日:2016/10/10 11:31
八男って、それはないでしょう! 

平凡な若手商社員である一宮信吾二十五歳は、明日も仕事だと思いながらベッドに入る。だが、目が覚めるとそこは自宅マンションの寝室ではなくて……。僻地に領地を持つ貧乏//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全205部)
  • 4878 user
  • 最終掲載日:2017/03/25 10:00
私、能力は平均値でって言ったよね!

アスカム子爵家長女、アデル・フォン・アスカムは、10歳になったある日、強烈な頭痛と共に全てを思い出した。  自分が以前、栗原海里(くりはらみさと)という名の18//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全194部)
  • 6207 user
  • 最終掲載日:2017/05/26 00:00
とんでもスキルで異世界放浪メシ

※タイトルが変更になります。 「とんでもスキルが本当にとんでもない威力を発揮した件について」→「とんでもスキルで異世界放浪メシ」 異世界召喚に巻き込まれた俺、向//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全364部)
  • 4656 user
  • 最終掲載日:2017/05/24 00:06
聖女の魔力は万能です

二十代のOL、小鳥遊 聖は【聖女召喚の儀】により異世界に召喚された。 だがしかし、彼女は【聖女】とは認識されなかった。 召喚された部屋に現れた第一王子は、聖と一//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全37部)
  • 5225 user
  • 最終掲載日:2017/05/24 19:00
かわいいコックさん

『花(オトコ)より団子(食い気)』で生きてきたアラサー女が気付いたら子供になって見知らぬ場所に!?己の記憶を振り返ったら衝撃(笑撃?)の出来事が。そしてやっぱり//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全89部)
  • 4722 user
  • 最終掲載日:2016/04/19 00:00
誰かこの状況を説明してください

貧乏貴族のヴィオラに突然名門貴族のフィサリス公爵家から縁談が舞い込んだ。平凡令嬢と美形公爵。何もかもが釣り合わないと首をかしげていたのだが、そこには公爵様自身の//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全176部)
  • 5365 user
  • 最終掲載日:2017/05/02 00:24
転生王女は今日も旗を叩き折る。

 前世の記憶を持ったまま生まれ変わった先は、乙女ゲームの世界の王女様。 え、ヒロインのライバル役?冗談じゃない。あんな残念過ぎる人達に恋するつもりは、毛頭無い!//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全100部)
  • 6902 user
  • 最終掲載日:2017/05/22 00:00
針子の乙女

生まれ変わった家は、縫物をする家系。前世では手芸部だった主人公には天職?かと思いきや、特殊能力にだけ価値観を持つ、最低最悪な生家で飼い殺しの日々だった(過去形)//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全44部)
  • 4591 user
  • 最終掲載日:2017/01/26 09:28
転生したので次こそは幸せな人生を掴んでみせましょう

車に轢かれるという残念な結末を迎えたと思ったら、気付いたら赤ん坊に。しかもファンタジーな世界の住人になっていました。マジですか。  というかよくよく考えれば、//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全184部)
  • 4804 user
  • 最終掲載日:2017/05/19 21:15
魔導師は平凡を望む

ある日、唐突に異世界トリップを体験した香坂御月。彼女はオタク故に順応も早かった。仕方が無いので魔導師として生活中。 本来の世界の知識と言語の自動翻訳という恩恵を//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全319部)
  • 5058 user
  • 最終掲載日:2017/05/24 07:00
悪役令嬢後宮物語

エルグランド王国には、とある有名な伯爵令嬢がいた。 その麗しい美貌で老若男女を虜にし、意のままに動かす。逆らう者には容赦せず、完膚なきまでに叩き潰し、己が楽しみ//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全128部)
  • 5430 user
  • 最終掲載日:2016/02/14 09:00
公爵令嬢の嗜み

公爵令嬢に転生したものの、記憶を取り戻した時には既にエンディングを迎えてしまっていた…。私は婚約を破棄され、設定通りであれば教会に幽閉コース。私の明るい未来はど//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全215部)
  • 8561 user
  • 最終掲載日:2017/05/14 23:23
謙虚、堅実をモットーに生きております!

小学校お受験を控えたある日の事。私はここが前世に愛読していた少女マンガ『君は僕のdolce』の世界で、私はその中の登場人物になっている事に気が付いた。 私に割り//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全289部)
  • 8373 user
  • 最終掲載日:2017/05/25 23:00
↑ページトップへ