挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
私は敵になりません! 作者:奏多
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

264/272

何があっても、あなたの敵にならないために 3

「痛……っ!」

 息が止まりそうな痛みに、あ、まだ自分は呼吸をしていたのだと気づいた。

「聞こえる? キアラ。少し我慢してね」

 そんな私に、少し苦しそうな茨姫の声が聞こえた。

「茨姫……?」
「こうなる前に、何もできなくてごめんなさい。私も、過去に戻る力に限界が来ていたの。だからこの場所で起こるだろうことまでは、見ることができなくて……」

 だから茨姫は、王妃の行動について忠告することができなかったと言った。
 私は増した痛みに呻く。

「いっ……!」

 さっきは感じなかった胸を刺されるような痛み。痛い、苦しい。自然に涙が溢れて、悲鳴を上げてしまう自分の声が聞こえる。

「キアラ!」

 レジーの声まで聞こえる。幻聴かと思ったけれど、私の顔を覗き込むレジーが見えた。

「耐えてキアラ。今、茨姫が君を治すと言っているんだ」
「なお、す?」

 茨姫がいつ、そんな魔術を使えるようになったの? 私と同じように、土魔術が使えるということ?

「私は二つ目の契約の石を取り入れた時に、ほんの少しだけ土の魔術が扱えるようになったのよ。でもこの魔術で治癒ができることがわかったのは、貴方のおかげだけれど」

 茨姫が説明してくれるのを聞きながら、時々襲う痛みにのたうつ。
 私が暴れないよう、レジーが抱えてくれている。そんな私にしがみつくようにして、茨姫は魔術を使う。

 次第に、もっと周囲のことが見えるようになってくる。
 茨姫の側にはカインさんがいて、じっと傷の様子を見ているみたいだった。無事だったらしいことに安心する。
 刺し貫かれた肩を押さえるグロウルさんと一緒に、フェリックスさんがいた。もう外の敵兵はいなくなったんだろうか。

 そして茨姫。
 じっと私の傷らしき場所に手を当てている彼女の様子が、なんだかおかしい。
 さら、と何かが茨姫の肩からこぼれた。私に注目している人達は、それに気づいていないけれど、少しずつ増えている。
 痛みで目がかすんで、最初はよくわからなかった。でも少し息がつけるようになったところで、私は悟った。

「な……茨ひ……め」

 茨姫の髪だ。少しずつ砂になっている。魔力が荒れて抑えきれないの!?
 さっきも、とても気になることを言っていた。
 茨姫はもう過去には戻る力がないって。
 それって魔力が尽きたの? 魔力が扱えないということ? その状態で今まで魔術を使っていたのだとしたら。

「だめ……茨姫」
「黙っていてキアラ。あと少しよ」

 でもこのままじゃ、茨姫が死んでしまう。だけど痛みで言葉が上手く出ない。
 私が治療したカインさんもフェリックスさんも、こんなひどい痛みに襲われていたんだろうか。

「やだ。茨姫、砂に……」

 ようやく言えた言葉に、側にいたレジーがハッとしたように茨姫の変化に気づく。

「茨姫!? 君の方が砂になりかけているじゃないか」
「止めないで! 今止めたらキアラが死ぬわよ。私……この魔術はそもそも上手く扱えないの。すぐに傷口が開いてしまう。まだ時間がかかるわ」

 茨姫がぎり、と唇を噛みしめた。でもその髪がどんどんと短くなっていく。

「手が……。もう止めるべきです!」

 カインさんが声を上げたことで、茨姫の手まで砂になり始めていることがわかる。

「もう遅いわ。この状況で、私を治せるとしたらキアラだけよ。でもキアラは、私の治癒が終わっても本調子には程遠い状態になるでしょう。なのに私を治そうとしたら、キアラが死ぬわ」

 苦し気でも、しっかりとした口調で茨姫が言った。

「なんで……茨姫、だって」

 どうしてこんなことをと思った。まだレジーと、親子として会話もしていないのに。

「いいの……死ぬ覚悟はできてたから。私の命をあげる、キアラ」

 泣き出しそうな顔で、茨姫は微笑んだ。

「貴方は私の願いを叶えてくれた。ずっとずっと、私は子供を失ってしまう未来しか得られなくて、何度も試しては絶望してたの。貴方にそんな私の気持ちを押し付けて、無理やり記憶を目覚めさせて、辛いことを強いてきたわ。その分を返すだけよ」
「返す必要なんて、ないのに。私だってレジーを助けたかった。茨姫に強いられたことじゃないわ……」

 さっきより少し動けるようになった私は、思わず茨姫の腕を掴もうとした。
 まだ間に合う。今のうちに手を治して茨姫の魔力を整えたら、死なないはず。

「殿下、死なせたくないのならキアラを止めて。私と彼女が共倒れになるわ」

 茨姫に言われたレジーは、ほんの一瞬ためらったような気配があったけれど、すぐに私の腕を押さえた。

「やだ、死なないで。まだ言って無いじゃない! そのまま黙って行くつもりなの、リネーゼ!?」

 レジーやカインさん達が、はっと息を飲んだ。
 もうこれでわかったはず。茨姫がレジーの母親だったことが。レジーの手の力が緩む。その隙に私はさっきよりも動かせるようになった手を、茨姫に伸ばそうとしたのに。
 カインさんが駆け寄って、レジーと一緒に私の手を押さえ直した。

「貴方は、もう一度家族を失うような気持ちを、私に味わわせるつもりですか?」
「カインさん……」

 そんなことを言われて、私が嫌だと言えるわけがない。大人しくなった私の目の前で、どんどんと茨姫の腕が砂になっていく。
 髪がほとんどショートカットに近い状態になって、右手が使えなくなった茨姫は、左手で私の傷に触れて癒しを続けた。

 その左手も崩れて服の袖が力なくぶら下がるようになった時、ようやく茨姫の治療が終わる。
 前のめりの姿勢から背筋をのばした茨姫は、ずっと黙っていたレジーに顔を向けて微笑んだ。

「色々なことは、あとでキアラに聞いて。治療してみたけど、初めてだったから上手くいっていないかもしれない。しばらく安静にさせてちょうだい。本人が自分で治せるようになるまで、あまり動かさない方がいいわ」
「茨姫……」

 先ほど名前を聞いて、実は母親だったかもしれないとわかったばかりのレジーは、どうしたらいいのかわからないような表情をしていた。
 茨姫は事務的なことだけを伝えると、私に視線を向ける。

「貴方がいてくれて良かったキアラ。貴方が……別の世界を知っている人で良かったわ」

 すっきりした様子で言った茨姫が、そうしてもう一度レジーに言う。

「前は言えなかったけれど、今度は言えるから私は幸せだわ。もう会えなくなるけど、元気でいて、レジー。私の……唯一の可愛い息子。幸せになって。さよな……」

 さようならと、最後まで言えずに茨姫は一気に砂に変わった。
 レジーが息を飲んで。でも何も言えなくなる。
 カインさん達が顔を伏せた。

 私は……あきらめたくなかった。
 ようやく手に届いた、茨姫の体だった砂。それに触れて気を失う前にできることをする。
 気づいたカインさんが、止めようとした。

「キアラさん、無茶をしてはいけません!」
「大丈夫です。生き返らせることは、できない。だけど他のことなら」

 茨姫に譲ってもらった命を、捨てることはしない。でもできる範囲で、もう少しだけ彼女にいて欲しくて。
 だって、素直に見送るだなんて私には無理だ。
 茨姫はレジーに後で話すと言ったのに、最初から死ぬ気でこの戦いについてきて、私が名前を言わなければ本当にレジーに何も教えずに死ぬつもりだったなんて。

「せめてもう少しだけここにいてもらいたいの。何も言わないも同然のまま、行ってしまわないで欲しいの」

 わがままだと思う。茨姫は怒るかもしれない。

「キアラ、でもそんな状態では君が……」

 レジーが止めようとするのを遮ったのは、師匠だった。

「いや、それぐらいならやってもいいじゃろ」

 師匠は、兵士に抱えられてこちらを見ている。

「どうせあれをするんじゃろうが? お前は魔術師になりたてでも出来たんじゃからな、問題なかろう。確かにあやつはほとんど説明もしておらん。……そこの王子と話す時間も足りなさすぎじゃろ」

 私がしようとしていることが何なのか、師匠は察して背中を押してくれた。

「ありがとう師匠」

 私は魔術を使った。
 そして……。


「ちょっとおおおおおおお!?」
 戦いが終わったばかりの王宮の謁見室に、彼女の絶叫が響いたのと同時に、私は意識を失った。

cont_access.php?citi_cont_id=214034477&s
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ