挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
私は敵になりません! 作者:奏多
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

261/277

そして始まる最後の戦い3

「ああ、初めて使うからどうなることかと思ったけど、これで少し脳が足りない鳥の代わりに私が動けるわ」

 王妃の顔の方が嬉しそうに言うと、魔獣が嘴から大きく空気を吸い込む。

「離れて下さい、炎が来る!」

 カインさんの声に、私は急いでみんなの前に壁を作ろうとする。でも間に合わない。魔獣の口から炎が吐き出された。

「ぬおっ!」

 師匠が滑り込むようにして魔獣の前に立ちはだかる。それで辛うじて炎が直撃しなかった。漏れた分は、ルナールが吐いた吹雪で遮られる。
 無事だった騎士達に、レジーが指示した。

「撹乱に徹しろ! 直接攻撃するのはこちらに任せるんだ。キアラはホレスさんの方を!」

 確かに、師匠が無事じゃなければ、ニ撃目が来た時に耐えられない。その間の時間稼ぎをレジーがするつもりなのか、剣を手に魔獣に近寄ろうとする。
 不安になる私に、ルナールの力で剣を凍らせたカインさんが言った。

「殿下には私がついています!」

 カインさんは、ルナールと一緒にレジーに続いた。その手に持っている剣は、ルナールの力で刃が氷で長く伸びている。それなら、と私は師匠を優先した。

「師匠大丈夫ですか!?」
「魔力が強い炎だからなんじゃろうが、少し溶けてしまったわい」

 師匠の説明通り、土人形の前側が溶けたように削れて、板みたいになっている。慌てて周囲の瓦礫を使って修復した。

「本体は?」
「手で庇っておった」

 頭の上の師匠も、なんだか少し表面がつやつやしている。ちょっと溶けかかった!?

「少しどうにかしないと……」
「そんな暇はないぞ弟子」

 言われてレジー達の方を振り返る。
 小規模な雷と氷の刃で魔獣の意識を引きつけ、茨姫が蔓で鳥の口を塞いで吐き出される炎の威力を弱める。それをルナールの吹雪で相殺する。
 炎が吐き出されない間も、翼から発する炎が二人と一匹を炙る。

 威力が小さい攻撃では、やはり間を繋ぐくらいのことしかできない。
 それどころか、魔獣が炎を広範囲に降らせるためにか、また飛び上がろうとする。

「師匠、お願いします」

 頼めば、師匠が土人形を走らせて魔獣の足に取りついた。魔獣はバランスを崩す。

「レジー!」

 私はレジーの側にたどり着いて、その肩に手を触れる。
 察してくれたレジーが剣を掲げ、再び視界を奪う光と雷撃が魔獣に叩きつけられる。
 魔獣の頭が吹き飛んだ。声も上げられない魔獣とは違い、王妃の顔も苦悶の表情に変わって痛みに悲鳴を上げた。

 どう、とバルコニーに落ちる魔獣の体。
 師匠は下敷きにされないように避けた。
 けれど魔獣の首から噴き出した血が、土人形や周囲の人々、私にまで飛んで来た。それぞれ避けたけれど、濃い血の臭いに慣れていなかったら、むせてしまいそうだった。

「……やったのか?」

 グロウルさんがそうつぶやく声が聞こえた。
 魔獣本体の頭はあそこだから、かなりダメージが入ったとは思うけど。魔獣が死んだのなら、憑依した王妃も倒せたはず。

「まだ警戒した方がいいわ、なるべく離れて。どういう手段を使うかわからないから」

 茨姫がみんなを引き離そうとする。レジーはその願いに従って、兵士達も遠ざけた。

「念のため、もう一度攻撃を加えよう。キアラ……」

 そうレジーが呼びかけた時だった。
 魔獣が暴れ出した。自分で作った血だまりの中で。
 私達はもっと遠ざかる。でも魔獣は立ち上がって、レジーの方へ突っ込んで来た。
 驚きで一瞬、みんなの動きが鈍った。

「レジー! キアラ!」

 叫んだ茨姫が魔術で操った茨で私達を覆いつくそうとする。でも間に合わないと思った。
 だから私はレジーを押しのけるように庇いながら、魔獣の体を串刺しにすることで止めた。
 遅れて茨の壁が視界を覆ったけれど、すぐに炎で焼き払われた。
 最初の魔獣の攻撃で死んだと思っていた敵兵が起き上り、炎の魔術を使ったのだ。血で染まった敵兵の姿に、私は違和感を覚えた。

「血……?」

 私はその答えを探そうとしたせいで、反応が遅れた。
 魔獣が最後のあがきのように翼を激しく動かし、そのせいで血が浴びせられる。
 生温かい感触にぞっとした。でも次の瞬間には、血がふわりと砂になっていく。
 それだけなら、普通の魔獣の最後だと思っただろう。なのに砂になった血が、呼吸と一緒に私の口の中に入り込んでくる。

「げほっ!」

 とてつもない違和感に、私はむせた。
 倒れた魔獣から、壊れたような笑い声が響く。魔獣と同化した王妃のものだ。

「ああ、貴方でいいわ……。目の前で恋しい相手を殺せばいい。そうして苦しめばいいんだわ……!」
「どういうこ……くっ!?」

 自分の意志に反して、手が床に触れる。
 魔力が引き出される感覚に、床から手を離そうとしたけれど動かない。

「やだっ!」

 何の魔術が使われるかわからなくて、全力で自分の中の魔力の流れをせき止めようとする。
 けれどわずかに魔術が発動して、近くの石床がのように変化する。
臙脂の絨毯を突き破って、レジーの足を刺し貫こうとしたことに血の気が引いた。
 すぐさまレジーが雷の魔術で壊したけれど、体が急速に冷えて寒くなり、震えて止まらない。

「うそ……なんで……」
「キアラ?」

 レジーも今起きたことが信じられないように呆然としている。
 答えを告げたのは、王妃だ。

「魔術師キアラ。私の手駒になることを拒否して、ずっと邪魔をしてきたのだもの。私が操って……貴方の手で王子を殺させて、絶望させてやりましょう」

 そうして王妃の声が途切れた瞬間、私の意識が暗転しそうになった。

cont_access.php?citi_cont_id=214034477&s
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ