挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
私は敵になりません! 作者:奏多
260/269

そして始まる最後の戦い 2

 炎を吐き出そうとした魔獣に、雷がぶつかる。
 その瞬間、炎が四散してその余波で魔獣の嘴が折れ、胸や腹の羽も飛び散った。
 魔獣が甲高い鳴き声を上げる。絶叫するみたいに。

 すかさずニ撃目を放った。逃げようとした魔獣の足が雷撃で吹き飛ばされる。
 そこで私とレジーは、魔獣に直接攻撃ができなくなった。魔術師くずれが一斉に私達に襲い掛かったからだ。
 床や瓦礫を操って魔術師くずれ達を串刺しにしようとしたけれど、魔獣が倒れたまま放った炎を避けるため、壁を作るだけで精いっぱいだった。

 炎で埋め尽くされて、壁の向こうの様子がよく見えない。
 焦ったところに一人の魔術師くずれが飛び込んできた。
 ルナールが吹雪の魔術で手足を凍らせ、相手の動きを鈍らせ、体から吹き出る炎を抑える。
 そこを、ルナールの魔術で白く染まった剣で、カインさんが仕留めた。
 でもこれでは、敵がいつ出てくるかわからない。不意を突かれるのはまずいと思ったのだろう。

「キアラさん、殿下、もう少し後方へ!」
「いや、もう炎が消える」

 レジーが言うのと同時に、炎が収まって行く。
 向こうでは、こちらへ一斉に向かっていたらしい魔術師くずれを、倒そうと奮起しているグロウルさん達と、王妃を茨で縛り上げた茨姫の姿。さらには王妃の茨を焼きらせようとしたのか、魔術師くずれを一人掴み上げた師匠搭載土人形(ゴーレム)の姿があった。

 視界が晴れれば、できることは増える。
 私は近くにいた魔術師くずれから倒していく。
 床石を操って足を串刺しにし、動きが止まったところで背後から騎士達が心臓を一突きにする。

 師匠は魔術師くずれをバルコニーから庭へと放り投げた。
 あとはもう、茨姫に拘束された王妃と傷ついた魔獣だけだ。

「降伏を呼びかけますか?」

 グロウルさんが振り返って、小声でレジーの指示を仰ぐ。
 レジーは首を横に振った。

「降伏する気はないのでしょう? この場で殺された方がいいはずだ。だからここにいた。いつでも逃げ出すことだってできたというのに、兵士にも最後まで王都を防衛させ、戦わせた」

 レジーが前へ進む。
 私はその途上を遮っている石の壁を消して、王妃と魔獣を警戒しながらレジーの後ろをついて行く。
 カインさんがその斜め前を固めた。私のすぐ後ろにはルナールがいる。

 魔獣はやや甲高い唸り声を、折れた嘴の奥から吐き出していた。けれど動かないのは、王妃が命じないからだろうか。
 レジーは、魔獣からそれなりに距離を取った場所で立ち止まる。

 私は急いでその場に膝をつき、魔力を送って師匠搭載の土人形(ゴーレム)の足を修復して立ち上がらせた。
 騎士達は王妃と魔獣を囲むように位置を変える。
 そして王妃は――くすくすと笑い出した。

「やっぱり貴方は甘いことを言わない人ね、レジナルド。情に流されにくいところは気に入っていたわ。たぶんファルジアで一番私が嫌いじゃなかったのは貴方だと思う。殺さなくてはいけないことを、少しもったいないと思う程度には」
「貴方がここに残っているということは、どうしてもファルジアの王族を根絶やしにしたかったのでしょう?」

 落ち着いて応じた、レジーが尋ねた。

「自分の命を使ってでも、ファルジアという国を潰したい……。そうするよう、ルアインの国王に命じられたのですか?」

 すると王妃が笑い出した。
 自分を縛っているのは茨で、棘が刺さって痛いだろうに、そんなことも感じていないかのように肩を震わせて大笑いした。

 私は少し呆然とする。
 茨姫を通じて得た『一回目』のキアラの記憶の中では、王妃はいつも微笑んではいたけれど、こんな風に大笑いするような人ではなかったから。しかも、自分が殺される間際になってからだ。

「気が触れたのか……?」

 グロウルさんがつぶやいたのも、無理はないと思う。私もそう思ってしまったから。

「ああおかしい! 私がお兄様の命令で動いているですって? たぶんそんなか弱い女だったら、貴方もこうまで戦いに手こずらなかったでしょうね」

 少し笑いが収まった王妃が、笑顔のまま答えた。

「ええ、私はファルジア王家が憎いわ。ファルジアとの戦いがあったせいで、結婚するはずだった相手が死んでしまって、私はファルジアに嫁がされたのですもの。すぐにあの国王の首を斬り裂いてやりたかったけれど、それだけでは足りないわ」

 王妃は身を乗り出すようにして言う。

「ファルジア一国だけじゃ足りない……みんな滅んでしまえばいいのよ!」

 叫び声に魔獣の鳴き声が重なった。
 浮き上がった魔獣に、私達は戦うために身構えた。けれど魔獣が首を伸ばした先は王妃だった。

「え!?」

 魔獣は王妃を茨ごと飲み込んだ。あっさりと。
 レジーでさえ呆然としている。魔獣を操っているのは王妃のはずだ。なのにどうして魔獣が王妃を飲み込んで殺したのか。そう思ったのだけど。

 数秒で、魔獣がのたうち回り始めた。
 苦し気に吐くような仕草をし、激しく羽ばたきながら足を振り回す。
 異様さに後ずさる私に、レジーが何かに気づいたように振り返った。

「キアラ、魔術の準備を!」

 そう言った時には、魔獣が再びバルコニーに落ちた。しかも、もう変化は終わりかけていた。
 するりと魔獣の傷が無くなっていく。欠けていた嘴も戻った。それどころか、炎に溶けていくように魔獣の体が大きくなる。

「ぬおっ、これはマズイ」

 土人形(ゴーレム)の師匠が、そんな魔獣に突撃して行った。
 蹴りつけようとして、魔獣の羽に打ち払われてしまう。
 茨姫は、建物の内側に退避して、厳しい表情で魔獣を見つめて言った。

「王妃は……憑依の魔術が使えたのね」
「憑依!?」

 驚いて魔獣を見れば、鳥の首元に薄らと王妃の顔が浮かび上がるように出来て行く。

「うわ、気味悪い……」

 騎士の誰かがそうつぶやいた。
 私も声が出たら、同じことを口走っていたと思う。だって王妃の顔の模様が浮かび上がるどころか、きちんと目も口も出来上がり、王妃の顔として機能し始めたのだもの。

「ああ、初めて使うからどうなることかと思ったけど、これで少し脳が足りない鳥の代わりに私が動けるわ」

 王妃の顔の方がうれし気に言うと、鳥の頭の方が応じるように一声鳴いた。

cont_access.php?citi_cont_id=214034477&s
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ