挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
私は敵になりません! 作者:奏多
233/268

事前の打ち合わせと一緒の食事

 私達は王領地の西へ向かうことになった。
 早めにシェスティナを落とし、王都を解放するため、そして王妃を倒すためだ。

 ただ問題がある。
 王領地とパトリシエール領についてだ。
 シェスティナへ向かうまでの間には、もう砦はない。王都に近い領地ほど侵略される恐れが少なかったため、砦を作る必要がなかったからだと思う。
 そのため警戒するべきは、パトリシエール領にある砦に残存しているルアイン兵。そして東のキルレア方面に残る砦だ。
 東については、ベアトリス夫人のいる軍にそのまま任せる。パトリシエール領については、レジーがあっさりと言った。

「イサーク陛下、任せました」

 移動したのは、そこそこ広い三階建ての町長の館だ。とはいっても部屋数的には30室くらいの裕福な商家を大きくしたようなものなので、確かに主要な人間くらいしか泊まれないだろう。
 そんな館の居間を使わせてもらっているのだが、向かいのソファに座っているイサークは、やや不満そうな表情だ。

「俺達だけでやれってか?」

 レジーは微笑みを崩さない。

「冬になって事態が膠着するのは避けたいからね。そちらも来年の春まで私達に付き合わされるのは困るのでは? それに居残り組にしてやられる、だなんて無様なことはしないと思ったのだけど」

 要約すると『居残った少数の敵も倒せなくて怖気ついているのかい?』ということだろう。
 イサークも正しくそれを理解したのか、頬がひきつっている。

「お前、そんな穏やかそうな顔して結構喧嘩っ早いよな?」
「売った覚えはないけど。ただ先に挑発したのは君なんだし、あえて受けてくれると思っているよ。私の方もシェスティナの砦を先に落としておく。その後、君やもう一方の軍を合流させてから、シェスティナのルアイン軍を攻略したい」
「……早さを考えるなら、妥当な案だな」
「サレハルドには感謝しているよ。王領地での兵の損耗が少なく済んだからね」

 レジーの言葉を、イサークは鼻で笑った。

「まぁ、あの一戦だけじゃトリスフィードを占拠した代償には足りないんだろ? パトリシエール側の北の砦は落としておいてやる。だがこっちもトリスフィードで兵数が削られてる上、呼び寄せるわけにもいかない。二千ぐらいはこっちに都合をつけろよ」

 言われたレジーは、アランと小声で打ち合わせる。そうしてアランの騎士ライルさんと二千の兵がトリスフィードと一緒に行動することになった。
 イサークは早々に出発することになり、その準備や指揮のために部屋を出て行く。
 急ぎの話は終わったので、私達は食事をとることにしたのだけど。アランはもう済ませていて、カインさんは野営でもなければ一緒に摂らない。

「さっきの約束通りにしようか。せっかく君のお父様の許可をもらっているんだしね」

 私の手首を掴んだレジーと、町長の奥さんが案内してくれた食堂で食べることになった。
 食事を並べてもらうと、レジーは給仕に残っていた召使いを必要ないと言って断った。
 だけど二人っきりになった……というわけでもない。師匠がいるから。

「見張ってやるわい。イッヒヒヒヒ」

 と言う師匠をテーブルの上に置いて、食事に手をつけることにする。

「これだけの人数が町に押しかけてるのに、食事はけっこう気を遣ってくれてるみたいだね。あまり悪印象を抱いていないのは、アランのおかげかな」

 そう言いながら、レジーはミートローフみたいなお肉をナイフで切って行く。
 前から思ってたけど、レジーはナイフの使い方が綺麗だ。やり方もわかっているし、それなりに何年もナイフとフォークで食事をしてきた身だけど、こんなに優雅に食べられる気がしない。
 ようするに私、雑なんだよね。
 でも治したい。今まで以上に、レジーと食事する機会ができたとしたら、回りの人に「ヤダあの子綺麗に食べられないの?」とか言われるのは嫌なので。

 ……その、無事に国を取り戻してね、その後もレジーが付き合ってくれるつもりなら、機会が沢山できるかなって。
 レジーは王様になるだろうし。彼に会いたいのなら王宮に滞在させてもらうことになる。忙しくなるだろうレジーに毎日会いたいのなら、食事の時間に会うことが多くなるだろうな、と。

 考え事をしていたせいで、お肉がくずれてしまった。
 う、恥ずかしい……と思って、そそくさとそれを片付けていると、だんだん緊張してくる。完璧な人の前で、失敗するのはけっこう恐ろしい。幻滅されないかと不安になる。
 考えてみると、エヴラール城への途上とその時の滞在時以外では、レジーと何日も一緒にいるということがなかった。
 まだ子供気分だった頃だから、あれこれと気にしなかったけど、今は大人になった分だけ人の目が気になってしまう。
 そのせいで食べるのが遅かったようだ。

「疲れて食が進まないのか?」

 横で見ていた師匠に言われて我に返る。そしてレジーの食事が終わりかけてるのを見て、私は食べることに必死になった。
 待たせてはいけないからと、猛然と食事を片づけ終えたところで、レジーに聞かれた。

「お茶は足りてる?」

 大丈夫と答えようとしたら、なぜかレジーが隣にいた。
 しかもカップにお茶を足してくれている。

「はっ? お、王子が給仕みたいなことしなくても……」

 ていうか、そういうのって私の方がやるべきじゃ!? 完全に気が利かないっていうのが丸出しで、落ち込みそうになった。

「気にしないで。給仕を誰かに頼んだら、キアラの隣に座っていられないだろう? 王子がそんな不作法をするなんて、と言われるからね」

 だから召使いの給仕も断ったのだと、堂々と言う。

「お腹はいっぱいになった?」
「う、うん」

 レジーが入れてくれたお茶を見たら、ものすごくお腹がいっぱいになった気がした。

「じゃあ、少し私の空腹につき合ってほしいな、キアラ」

 そう言ったレジーが私の横髪を一筋持ち上げた。髪が動くたびにぞくぞくとした感じが首筋を這う。少しの間髪を指で梳いたりと遊んでいたレジーが、噛みついた。

「ちょっ、レジー!?」

 なんで噛むのと驚いて身じろぎしたら、すぐに口を離したレジーの手から、髪がすり抜ける。

「甘えさせてくれるって、約束しただろう?」
「約束したけど、でも髪を噛むとは思わなくて、だって馬で走ってきたばかりだから土埃とか……」
「私は気にしないよ?」

 目を眇めたレジーが、隣にいた私を抱きこんで、首筋に顔を寄せてくる。
 つい先日、首筋に口づけられたことを思い出して肩に力が入る。そんな私にくすくすと笑いながら、レジーは一瞬だけうなじに唇を押し付けた。

「ひゃっ」

 背筋にくすぐったいような感覚が走って、思わず声が上がる。

「おいおい……」

 師匠が呆れたように言ったけれど、レジーはさっぱりと無視した。

「早く私と接することに慣れて欲しいな。率直に言うと、キアラから抱きしめられたいって思うようになって欲しいし、キスしたいって思ってほしい」

 そう言ったレジーが、私の首を両手で包み込むようにして顔を上げさせる。

「とりあえずは、そこまでで我慢するから」
「とりあえ……ん」

 とりあえずってどういうこと? と聞く間もなく、レジーのキスで口が塞がれてしまう。
 師匠のため息が聞こえてきたけれど、キスで息が苦しくなることだけで頭がいっぱいで、そのことを考える余裕もなくなっていた。
 レジーもそこまでで、甘えるのは中断してくれた。

「あまりここを占領してもいけないからね。君や私のお兄様に怒られそうだし。また今度」

 そう言ってレジーは、私を解放してくれたのだけど。

「わし……この先が恐ろしくなってきた……」

 師匠が呆然とつぶやいたまま、しばらく「ぐぬぅ」とか「ううう」とか唸り続けて、様子がおかしくなってしまった。
 おかげで師匠に見られた恥ずかしさは、少し薄れたのだけど。

「……慣れるの、かな」

 レジーに言われたこと、されたことを思い出して、私は疑問に思う。
 我に返ると、つい廊下で立ち止まってしまっていて。正気に返れ自分と、廊下の壁に頭を二度ほどぶつけていたら。

「キアラ、おまえとうとう頭が……」

 目撃したアランに、ものすごく気の毒そうな表情でそんなことを言われた。
 違うよ? おかしくなったわけじゃないからね?
 抗議したのだけど、アランは全く信じてくれなかったのだった。
活動報告に、お知らせを追加しております。

下記も連載しています!
鳥かごの大神官さまと侯爵令嬢


cont_access.php?citi_cont_id=214034477&s
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ