挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
童貞で三十歳を迎えたら魔法使いになってたよ! 作者:下北沢
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

33/71

スズ⑤

敵が私達の正面に集結し始めた、森の中から弓矢を撃ってた人達も続々集結してくる。
囮にしているPCの死体の前に集結して隊列を組み、私達に向かって矢を射かけ始めた。
左右からの弓矢は警戒しなくても平気そう、私がエルザちゃんの盾の影で第一射をやり過ごすと。
”おい、そろそろ代われ。もう俺の番だろ”
と言って神様からの催促。
「わかりました、どうぞ」
ここでヘソを曲げられても困るので、諦めて交代する事にした。
急に体が自分の思った通りに動かなくなる。
神様の憑依の割合は80%ぐらいだろうか、私の自由になるのは口から言葉を発するだけ。
体の動きは感じられる。神様が100%の憑依にしないのは、私に神様の動きを教えているからだと思う。
筋肉の動き・目線・体幹・タイミング・足運びを、私も神様の意図に乗ってトレースし自分の物に出来る様にする。
私の体で出来た事だ、持ち主の私が出来ない訳が無い。
神様は矢を片手に二本持ち、矢をつがえたと思った瞬間に素早く引き絞って放つ。
ボシュッ・・・ボシュッ
早い、私の知る弓術ではゆっくりと引き絞って狙いを定めてから放つ。
そう言えば、聞いたことがあるな。
江戸時代に平和が長く続いた為に武術は競技としての色が濃くなってしまい、実戦とは程遠いスポーツに近い形になってしまったって。
そりゃそうだよね、刀なんて戦国時代じゃ役に立たなかった武器だし。
弓も一本ずつあんなにじっくりと射てたら実戦じゃ話にならないよね。
本来合戦で最も人の命を奪った武器は弓だ、その超一流の技術を私は今実戦で体感している。
ボシュッ・・・ボシュッ
一本射終わると手に握り込んでいたもう一本をつがえて素早く引き絞って放つ。
矢筒からまた二本、矢羽の辺りを掴んで前に持ってきては二連射を繰り返す。
弓を構えている者には容赦なく急所に刺さり、盾を構える者には盾からはみ出した部分に当ててゆく。
速さも凄いのに、とんでもない命中精度だ。
あっと言う間に矢筒をカラにすると、タロウが背負って貰っていた矢を取り出させて矢筒に詰め終わると。
ボシュッ・・・ボシュッ
再び容赦の無い二連射の矢が敵に襲い掛かった。
新たに詰めた矢が無くなる頃、まともに立っている敵はいなくなってた。
さすが神様・・・凄い。
私達は近寄って行き、そこかしこに逃げようと這いまわったりする敵に止めを刺し始める。
今回は情状酌量の余地も無いものね。
弓を背に戻した神様は薙刀もどきで敵に止めを刺して回る。
ジュリアもそれに加わってくれた。
タロウはそれらには構わず、囮にされていたPCの死体を縛る縄を切る。
蘇生をする為だろう、死体を横たわらせて両手をかざすのが見える。
呻いて転がる敵にバンバン止めを刺していく神様、しかしその手が止まりタロウの方を見る。
タロウの方では蘇生が終わった様子。
死体だったPCがフラフラと立ち上がって、縛られた木の洞から何かを取り出していた。
PCはこちらに背中を向けているので顔は見えない。
やがてこちらを向いたPCの顔は敵にやられでもしたのだろうか、ズタズタに切り裂かれていた。
エルザがジュリアに本人かどうかの確認をして欲しいとこちらにやってきていた。
そもそも私達は会ったことが無いから顔を知らないんだった。
でも何か変だ・・・
あの人、蘇生されても慌てて起き上がらなかった。
顔がズタズタのまま・・・タロウの魔法は死体になってる間に傷つけられても元に戻るハズなのに。
ならばあれは死体になる前についた傷、まるで人相を悟られない為にワザと付けた傷なんじゃないだろうか・・・。
誰にバレたくない?町の顔見知りのPCに。
なぜ?
もしかして、本物ではないから?
そうだ!あれはPCになりすました偽物かもしれない。一旦拘束して場所を変えなくては。
「神様!体のコントロールを私に!!」
そう気が付いた所で、私は叫んでいた。
神様が私の憑依を解くと同時に、私はタロウの方に向かって走り出す。
偽者のPCが杖を握って何か言ったとたん、私達の足元に魔法陣が走る。
やっぱり、偽者のPCだってバレる前に何か仕掛けて来た。
何これ、魔法の起動式は杖や体に描いて起動させる物なんじゃなかったっけ・・・
おっきい・・・、半径二十メートルはあろうかと言うぐらいの大きさの魔法陣だ。
これってまさか!杖や体に描く量じゃ足りないぐらいの大規模な魔法の起動式なの!?
拘束なんて生ぬるい、ここまでやってきてるからには倒さなければ止められない。
私は薙刀もどきを偽PCに向かって、投擲の要領で投げる。
シュン・・ズボッ
私の投げた薙刀もどきが偽PCに刺さった。
偽PCは胸を貫かれても倒れていないし魔法陣も消えていない、どうして!?
”だめだ、術者を殺してももう止まらない。逃げろ!”
足元の魔法陣が強く発光し始めてる。
魔道窯も見当たらない、きっと地中にあるんだろう。
地中に描かれた魔法の起動式を、今更消すのなんて間に合わない。
止めるのは間に合わない。なら、せめてタロウを守るんだ!
タロウがフードを被って頭をかばって伏せているのが見えた。
持てる全力でタロウの傍に走り込んだ私は、タロウに覆いかぶさった。
タロウの頭を掻き抱きながら。
「タロウ、お願い!生きて」
私が言葉を言い終える前に、全身が光に包まれた。

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ