挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
童貞で三十歳を迎えたら魔法使いになってたよ! 作者:下北沢
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

26/71

ブリーフィング

署名を終えた僕らは自警団の返事を待つ。
こちらはこちらで動いても良い気はするが、契約をしてしまった以上雇い主である町の代表達の意向には沿わなくてはいけない。
連絡を待つ間にこちらの役割を決めてしまおう。
「皆さん、戦闘に赴く前にブリーフィングをしたいと思います。まずはこの町のPCの三人に・・・あれ?アンナがいませんね。どこに行ったか知りませんか?」
「さっき署名しないで出て行っちゃったっすよ」
僕の問いにケイトから驚きの答え。
「アンナさん署名しなかったんですか!?」
「はい、ペンを握ってから暫く考えていたみたいでしたが。最終的に無記名のままペンを置いて出て行かれました」
僕は慌てて受付の女性にと尋ねると、彼女は正直に答えてくれた。
凄い決断をする人だ。斡旋所を利用しない状態で彼女に何が出来るのか正直思いつかないけれど、その精神には頭が下がる。
あくまで自分の主張を貫くという事だ、これは真似が出来ない。
「仕方ありません・・・。ケイトとジュリアには弓矢が沢山飛んでくる事を想定しておいて欲しいんです。僕らは以前、彼らに遠距離からの弓矢で襲われました。今回も同様の危険が想定されます、その為には小さめでもいいので盾が必要だと思っているんですが」
「私は、これで大丈夫か?」
ジュリアが自分の盾を持ち上げて僕に示す。
「はい、大丈夫です。問題はケイトの方で」
皆の視線がケイトに集まる。
「あー、わたしは身軽な方がいいんで平気っす」
「大丈夫ですか?・・・判りました。敵は魔法の射程外の遠距離から多数の矢を放ってきます。アタッカーで追いかけると四方に散って行き、追手が強ければ逃げます。そうでもないと判断すれば距離を取って囲み、矢で射ってきます。彼らはアタッカーを引き付ける囮ではありますが、放っておけば遠距離で攻撃をして削ってきます。左右等から弓矢で襲われれば防ぎきる事は出来ません」
「以前はどうなったんっすか?」
「僕達は商隊の護衛をしていて、街道を荷馬車と共に進んでいると。左右から5人ずつぐらい、合計10人程の放つ弓矢で襲われました。そちらのすずが左を追いかけると距離を保って逃げて行きました、囮行動ですね。そちらのエルザが魔法で仕留めようと届く範囲に出た所で、囲まれて矢で射られて死にました。そして、二人が出払った所に複数のアタッカーに襲われてマインが死にました。僕は逃げ出した後、何とかすずと合流し彼女達を蘇生して今この町にいます」
「一度負けてるんっすね」
ケイトの言葉にすずが俯く、当然気にしているのだろう。
「そうです、僕を取り逃がした事で彼らの勝ちが無くなってはいますが。それでも僕らは一度彼らに大敗をしています、今回はそのリベンジをしたいと思っています」
「何か作戦はあるんすか?」
「はい、前回すずが片側の弓隊を追いかけた際。一目散に逃げだしたので、今回はすずを守りに残します」
チラリとすずを見てケイトは言葉を続ける。
「何で彼女が追ったら逃げたんっすか?」
「前に、今回も敵対するPCに操られた盗賊団をすず一人で壊滅させた事があるんですよ。その時の様子を見ていたらしく、直接戦闘は避けて弓矢を射かけて来る様になったんです」
「今回も追いかけたら逃げますかね?」
「恐らく逃げると思います。ですのでケイトとマインに右翼の弓隊への攻撃をお願いしたい、間道を外れて森の中を移動しての襲撃ですが。かまいませんか?」
「私は構わないよ」
「私も構わないっすけど、何で私とケイト?」
マインの返事に被せてケイトが疑問を口にする。
「弓隊との追いかけっこになるかもしれないんで、動きの早そうなお二人にしました」
「なるほど」
「そして左翼側は・・・相手にせず、矢から身を守る。前衛が痺れを切らして突っ込んで来れば迎撃をしますが。右翼の弓隊への襲撃が成功して弓隊を倒せたら、左翼への攻撃を開始します。待っている間、すずは左翼の弓隊を矢で狙ってみて下さい。一人でも削れればありがたい」
「ん、わかった」
すずは真面目な顔で頷いている。
「ジュリアは僕とエルザの護衛をお願いします、前衛が襲ってきた時の相手をして下さい」
「心得た」
「エルザは弓隊や正面に魔法の射程に入りそうな敵がいたら魔法を撃っても構いません」
「ん~、今回は出来る事があんまり無さそう~。それから、私のは魔法じゃなく術法だよ~?」
「魔法の術式の略称か何かじゃ無いんですか?」
「魔法はこの世界に元からある魔法の術式をそのまま使うかアレンジして使う物だよ~。術法は地球の科学理論に元づいて、私が1から組み上げた錬金術法なんだよ~」
「あれ?エルザって魔導士とかじゃないんですか?」
「誤解してるみたいだから教えておくと~、私はアルケミスト(錬金術師)だよ。ぶっ放してるのは魔道炉じゃなくって錬金窯で精製した化学反応だからねぇ~」
そう言えば、純粋な魔導士とかに会った事が無かった。マニュアル情報と神様からの情報で実際に魔道炉を見た事が無い、だから当然錬金窯と魔道炉の区別が判る訳も無いのだ。
ずっとエルザが術式と言っていた「術法」という言葉は、言い間違いか造語だと思って聞き流してしまっていた。
今更ながら、勘違いを修正して貰って良かった。誤解したままだといざと言う時にトラブルの原因になりそうだっただけに。
「ああ、だとすると無茶苦茶な術法も組めそうですね。原爆的な」
「ウランがそこら辺には無いから無理かな~。水爆ならいけるかも、術式に何カ月もかかるけど~」
「地形を変える盛大な自殺術法になりますね・・・」
エルザと不毛な会話になって来た所に後ろからつつかれた。振り向くとスズが僕をつついていた。
「弓なんだけど、矢があんまり無いの。買って来た方がいいかな?」
すると、会話を聞いていたのか受付の女性が僕達にアドバイスをしてくれる。
「ここに在庫があります、短弓用と長弓用のどちらでも。今回は経費で落ちるかもしれませんよ」
「では長弓用を50本お願いします!」
タダかもしれないと聞いて、ついお願いしてしまった。
「ええー、そんなに持ったら動けなくなっちゃうよ」
「まぁ、半分ぐらい持ちますよ」
すずはブツブツと言いながら受付の女性から矢を受け取る。
壁に立て掛けてあるすずの長弓と矢筒はドガの町で買った物で、ずっと荷馬車に入れっぱなしで使っていなかったのだ。
矢筒には10本入っていて30本の矢が入ったが、詰めすぎて片手では抜けなくなってしまったので25本に減らす。
残りの35本は僕が背負う事になった。
ガチャ、バタン
そこへタイミング良くリードさんが戻って来た。
「自警団から了承されました。半時程したら町の南側の街道の敵に仕掛けるそうです」
「判りました、僕らも時刻を合わせて本隊に仕掛けます」
僕がリードさんに返事をした事に反応してジュリアが聞いて来る。
「すぐに出発しますか?」
「そうしましょう、死体のある現場まで25分ぐらいかかりますから」
僕は受付の女性に出発する旨を伝えると「お気をつけて」と声をかけて貰った。
「それでは皆さん、出発しましょう!」
僕らは斡旋所を後にし、町の外へと歩き出した。





+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ