挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ウチとミーにゃんのお喋り話 作者:にゃん丸
25/84

第二十五話『謎の刀の正体にゃん』

 第二十五話『謎の刀の正体にゃん』

 ぴきぃん!
「ふにゃ。全身の青き光が刀へと流れていくのにゃん」
「あっ。たちまち刀のほうも同じぐらいの輝きとなったわん」
「ミクリ。それぐらいで十分じゃろう」
「だね。それじゃあ」
 ぐぃっ。
 するするする……。
「たいしたものわん。あんなに力を込めてもダメだったのに。
 なめらかに引き抜かれていくわん」
「さっすがはミクリにゃんにゃ」
「うむ。わしもあやつの力は認めねばならぬ」
「これで……終わりだぁ!」
 ずぼっ!
「やったぁ!
 ほらほら。見てよ、これ。
 どぉんなもんだい。
 ボクが本気を出せば、『支配の刀』の一つや二つ……………………おや?」
「うん? なに首を傾げているのわん?」
「おっかしいなぁ。
 伝説に依れば、引き抜いた途端、金色に輝くはずなんだけどぉ。
 ご覧の通りさ。なぁんにも起きないよ」
「じゃあ、違うわん? 『支配の刀』っていうのは」
「ううん。どうなのかなぁ」
「ちょっと待つのにゃ。なにか起きそうにゃん」
「えっ」
 まじまじ。
「やっだなぁ、ミアン君、全然変わっていないよぉ」
「ミアンったら、なにとんちんかんなことをいっているのわん?」
「起きそうにゃのは刀じゃにゃい。刺してあった穴のほうにゃん」
「穴だってぇ?」
 ぶくぶくぶくぶくぶく。
「ほら。にゃあんか水の泡みたいにゃものが湧き上がってきたのにゃん」
「本当。ミアンのいう通りなのわん、っていうか」
「どうしたのにゃん?」
「気のせいかなぁ。どんどん勢いが強くなっていくような……」
「はっ!
 い、いかん! ミクリ! みんなを早くここから退避させるのじゃ!」
「じっちゃん。どうして急に……はっ!
 そうか。そういうことだね。
 ミーナ君、ミアン君。早く地上に戻るんだ」
「どうしたのわん?」
「どうしたのにゃん?」
「わけは明日にでも話すよ。
 お願いだから、今直ぐにここから飛び出すんだ!」
「ミーにゃん!」「ミアン!」
 こくり。こくり。
「ミクリにゃん。にゃにがにゃんにゃかさっぱりにゃのにゃけれども、
 ここはいう通り、地上に戻るのにゃん」
「アタシも」
「呼びつけておきながら、あたふたさせちゃってごめんね。
 ことがことだから、地上への直通路を開けたよ。
 真上にあるあれさ。ジャンプすれば楽に届くからね。
 じゃあ、一刻も早くっ!」


「あんな別れ方をしたから、今日、逢えるかどうか心配だったわん」
「ウチもにゃん」
「心配かけたみたいだね。ごめん。
 一時はどうなるかと、こっちもひやひやもんだったけど……、
 でもまぁ。ことなきを得て、ほっ、としたよ」
「一体なにがあったのわん?」
「やっぱ刀のせいにゃの?」
「全てが判った今だから話せるんだけどね。
 あの刀は『支配の刀』なんかじゃなかった。
 奇っ怪獣を動けなくするためのものだったんだ」
「にゃんと!」
「そうだったのわん」
「これもだいぶ昔の話らしいんだけどぉ。
 地上に降り注いだ雨水。霊水なんだけどね。
 地中の一か所に溜め込まれていたそれが汚染されて、
 驚くなかれ、水そのものが奇っ怪獣となってしまったんだ」
「そんにゃことが」
「地中に含まれる水を吸収しては、どんどん大きくなっていくっていう、
 とんでもない『たち』の悪い奴でね。
 地上地下問わず、相当な被害を被ったらしい。
 水圧や波の力で土や石を削り取って、空洞の範囲をどんどん拡げていったばかりか、
 地中の水を次々奪っていくから、土質も悪くなって、動植物も少なくなっていったんだ。
『これ以上の荒廃は防がなきゃ』って時の長老たちも思ったんだろうね。
 手を打つことにしたんだ。その手段として選んだのが『封印』さ」
「にゃら」
「あの刀って封印だったのわん?」
「そういうことだね。
 あらかじめ目星をつけていた穴から、奇っ怪獣となった霊水が噴き出し始めたんだって。
 あとは……いうまでもなく判るよね。
 しめたとばかりに突き刺した結果、森に平和が戻ってきた、というわけさ」
「にゃのに、ウチらが抜いてしまった」
「封印が解かれたことで、奇っ怪獣は目覚めたわん。だから行動を起こしにかかった。
 それがあの泡なんでしょ?」
「うん。じっちゃんがいち早く気がついたくれたおかげで助かったよ。
 もう手遅れかと思ったけど、ぎりぎり、かな。
 刀を元に戻したら、それ以上は湧いてこなかった。
 噴き出した水も、奇っ怪獣の反応はなかったよ。
 封印が再び発動した証拠さ。やれやれだ」
「ねぇ、じっさま。結局、『支配の刀』なんて、伝説か噂話にすぎないのわん?」
「あながちそうともいえぬ。
 今回のミクリの決断と行動は実に素早いものであった。
 わしを通じて、ではあるが、全長老に事情を説明。了解をとって、
 地中ネコを集められるだけ集め、その霊力を穴へと集中的にぶつけたのじゃ。
 おかげで噴き出しを最小限に留められた。
 もしあれをやらなかったとしたら今ごろどうなっていたことやら。
 一時的とはいえ、あの時、
 ミクリは間違いなく、地中王に匹敵する存在となっていた。それは確かじゃ」
「にゃって、ミクリにゃん」
「よっ。エライわん! 地中王!」
「ふふっ。やめてよ。ふたりとも。
 ボクは当然のことをしただけなんだからさ。
 あの場に居合わせれば誰だって」
「いや。お前と同じ行動がとれるとはかぎらん。
 今回に関していえば、もちっと自分を誇ってもいいと思う」
「じっちゃんまで。
 ……にしても、呆れたなぁ。あれには」
「にゃにかあったのにゃん?」
「引き抜いた刀の刃の部分に刻まれてあったんだ。
『これは封印にて抜くべからず』って。
 あのさぁ。引き抜いたあとに判っても、あとの祭りじゃない。
 だよね? ミーナ君、ミアン君。
 大昔のじっちゃんたちって一体なにを考えていたのかなぁ」
「ミクリ。それこそがわしらの祖である証ではないか。
 アホはな。肝心要のどこかが抜けておるものじゃ。そうであろう?
 ふぉふぉふぉ」
「にゃはははっ。間違いにゃいにゃん にゃはははっ」
「きゃはははっ。思わず頷いてしまったのわん。きゃはははっ」
「はははは……でぇもさぁ。なぁんか複雑な気分だなぁ。
 この際、ちっとは勉強したほうがいいかも……」
「にゃ、にゃんと!」
「びっくり発言わん!」
「やれやれ。不憫なことよのう。
 わしは気がつかんかったが、恐らくは頭を打ったのじゃろうて」
「……しれないなんて決して思わないけどね」

『ほっ』
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ