挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
神様、ちょっとチートがすぎませんか? 作者:七草裕也

ラクルス村編 第一章 ラクルス村のパドくんはチートが過ぎて大変です

6/90

3.僕は幸せになりたい!!

呪いともいえるほどのチートを持って転生してしまった勇太くん(の魂)。
いったいこれからどうしたらいいのかと悩んだ末に、彼が出す答えとは?

※昨日は更新できなくて申し訳ありませんでした。
 僕を抱いたまま、お父さんは破壊された部屋の外へ出た。
 気を失ったお母さんを何人かの大人が介抱している。

「○×▼……」

 お父さんが僕に何か話しかけるが、言葉が分からない。
 次に大人達は何かを話しあい、僕はお母さんの横に寝かされた。
 言葉が分からないので、何を話しているのか分からないけど。

 これから、どうしたらいいだろう?

 あまりにも大きな力を持って産まれた僕。
 立ち上がろうとするだけで床に穴を開け、ジャンプするだけで天井を壊した。
 こんな力を持って、これからまともに暮らしていけるのだろうか。

 僕はジッと考える。
 考えて考えて、答えは出た。

 こんな力を持っていたら、普通に暮らしていけない。

 それが答えだ。

 立ち上がるだけで床を壊す。
 歩いてもきっと壊す。
 お箸――がこの世界にあるかどうかはしらないけど――器を持てばきっとそれも壊す。
 そんな力を持った子どもが普通に暮らせるわけがない。

 それだけじゃない。
 誰かと手をつないだら、相手を骨折させるかもしれない。
 冗談でお父さんの背中を叩いたら致命傷になるかもしれない。
 同い年の子どもと喧嘩することもできない。
 木登りをしたら木が倒れる。

 ……うん、無理だ。
 こんな力をそのままに普通に暮らしたら周りに迷惑がかかるに決まっている。

 前世では体が弱くてずっと病院にいた。
 家族にも迷惑をかけた。
 そういう自覚がある。

 そして、今回は――力が強すぎて、きっとこの世界でのお父さんやお母さんに迷惑をかける。
 というか、すでにかけている。

 隣に横たわるお母さんを見る。
 前世のお母さんとは全く別人だ。
 金髪だし、若いし、やせているし。
 でも、僕を産んでくれたお母さんだ。
 この力は、きっとお母さんにも迷惑をかける。

 どうすればいい?
 どうしたらいい?
 僕はどうするべきだ?
 どうしたら、迷惑をかけないですむ?

 考える。
 一生懸命考える。

 前世の記憶を持っているといっても、11年間の病室の中で見聞きしたことだけだ。
 学校にも通っていないから、11歳の他の子よりも知識は少ないだろう。
 それでも、ただの赤ん坊よりは考えられるはずだ。
 考えろ、僕。
 これからどうしたらいいのか考えるんだ。

 考えた結果、4種類の方針を思いついた。

 1つ目。
 この世界での生をあきらめること。
 つまり、自殺。

 2つ目。
 体を一切動かさずに一生を終えること。
 今からでも全身麻痺のふりをする。

 3つ目。
 開き直って、この力を使いまくる。
 いっそ、世界の王でも目指す。

 4つ目。
 がんばって力を制御する。
 力を抑える方法を身につけて、人並みの幸せを手に入れる。

 僕の頭に浮かんだのはその4つの方針だった。
 一つ一つ検討してみる。

 1つ目。
 自殺というとアレだけど、おねーさん神様は言っていた。
 産まれて1年未満の魂は転生すると。
 だから、それもありなのかもしれない。
 次の世では、普通に産まれてくるかもしれない。

 ……だけど。

 それは本当に正しいのだろうか?
 魂としてはすでに産まれて11年たっているのではないか?
 だとしたら、自殺したら僕の魂は転生せず消滅してしまうのでは?
 仮に転生できても、今度こそ記憶を消されるだろう。
 転生先だって恐竜時代や、核戦争後の世界になるかもしれない。
 そもそも、あのおねーさんの言うことがどこまで信用できるのかも分からない。

 ――それに。

 となりに寝るお母さんを見る。
 僕が死んだら――きっとこのお母さんは悲しむ。

 思い出すのはおねーさんが最後に見せてくれた前世のお母さんの姿。
 僕の――桜勇太の体に伏せって泣いていた前世のお母さん。

 ――あんな思いを、このお母さんにもさせるのか?

 だめだ。
 やっぱり、自殺はだめだ。
 僕はこの世界で幸せにならなくちゃいけない
 それが前世のお母さんを泣かし、隣で寝ているお母さんのお腹を痛めて転生した僕の義務だろう。

 2つ目。
 今からでも全身麻痺のふりをする。
 たぶんできる。
 前世では産まれた時から下半身麻痺でベッドから動けなかった僕だ。
 一生そういう演技を続けることくらいできるだろう。

 ……だけど。

 せっかく生まれ変わったのにそれでいいのか?
 また一生寝たまま人生を終えるのか?

 ――嫌だ。絶対に嫌だ。

 病室のベッドで僕はテレビの向こう側に行きたいと思った。
 街を歩く人々をうらやましいと思った。
 公園を走り回る子ども達と一緒に遊びたいと思った。
 学校に通って、仕事について、結婚したいと思った。

 お金持ちになりたかったわけでも、社長さんになりたかったわけでも、総理大臣になりたかったわけでもない。

 ただ、自分の足で世界を駆け回りたかった。
 家族と一緒に幸せに食事をしたかった。
 友達を作って一緒に遊んで、一緒に勉強したかった。

 ――すべてかなわないことだと分かっていたけど。
 それでも自分の足で立って、歩いて、病院の外の世界を走りまわりたかったのだ。

 転生して、僕は自分の足で立ち上がれるようになった。
 ジャンプも出来た。
 きっと歩くことも出来る。

 ――それなのに。
 こんなに嬉しいことは他にないのに。
 その幸せを捨てるようなこと、絶対にしたくない。

 3つ目。
 開き直って、この力を使いまくる。

 これは考えるまでもなく却下だ。
 そんなことをしたら、きっとみんな怖がる。
 王様を目指す?
 僕はそんな大それたことがしたいわけじゃない。
 ただ、家族や友達と幸せに暮らしたいだけだ。

 ――結局、答えは決まっていた。

 4つ目。
 がんばって力を制御する。

 これしかない。
 この力を制御するのは大変そうだけど、他に道はない。

 出来るかどうかは分からない。
 だけど、前世の歩けるようになる可能性が0の体とは違うのだ。
 だったら、僕は自分の足で歩きたい。

 がんばればきっとできる。
 がんばろう。
 がんばって、前世では手に入れられなかった人生を手に入れよう。

 だって、僕は――

 ――僕は幸せになりたい!!

 そう決意して、僕はもう1度お母さんの寝顔を見る。
 このお母さんの元で、幸せな人生を歩むんだ。
 あのひげ面のお父さんと一緒に、幸せになるんだ。

 ――僕の覚悟がまとまった時だった。

「う、ぅぅぅ……」

 お母さんの口元からうめき声が聞こえた。
 どうやら目を覚ましたようだ。
 お母さんはゆっくりと目を開ける。
 そして、僕が横に寝ているのに気がつき――

「きやぁぁぁぁぁぁぁ!!」

 悲鳴を上げたのだった。
 お母さんは後ずさるように僕から離れ、僕を指さして金切り声で何事かをまくし立てまくる。
 お父さんがお母さんに駆け寄り、何かを叫ぶ。
 他の大人達はどうしたらいいのか分からずオロオロするばかりだ。

 言葉は分からない。
 分からないけど――
 お母さんが僕におびえ、お父さんがそれを必死になだめているのだということだけ分かった。
 僕を指さし震えるお母さんの目は、僕のことを化け物だと思っているかのようだった。

 ――僕は幸せになれるのだろうか?

 泣き叫ぶお母さんを見て、僕は少しだけ不安を感じた。
……というわけで、『幸せになりたい!!』と頑張ることを誓ったモノの、早速母親から化け物扱いをされてしまうのでした。

それにしても、今回、ほとんど最初から最後まで主人公の思考モノローグだけになってしまいました。
小説としては下策なのですが、なにしろ言葉が分からないのでどうにも……

というわけで、次回は勇太くん(の魂)の視点はから離れてみようと思います。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ