挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
神様、ちょっとチートがすぎませんか? 作者:七草裕也

ラクルス村編 第一章 ラクルス村のパドくんはチートが過ぎて大変です

5/91

5.チートも過ぎれば呪いだよ……

2倍ならともかく200倍の力はもてあますよねっていうお話です。

前回から悩んでいるのですが、この世界の言葉を勇太くん(の魂)がまだ学習していないこともあり、セリフがほとんど出せません。
セリフがない小説は読みにくいかとは思うのですが、状況的にしかたがないのでお許しくださいm(_ _;)m
 目を覚ますと僕は、ねずみ色の布の上に寝かされていた。
 オムツ代わりなのか腰には白い布が無造作に巻かれているけど、それ以外は裸だし掛け布団もない。室温が高いので寒くはないけど。

 さて、と。
 状況を整理しよう。

 僕、桜勇太はガングロおねーさん神様によってこの世界に転生した。
 本来記憶を失うはずだったのだが、なぜかが前世の記憶が残っている。
 今の僕は生まれたばかりの赤ん坊。
 この世界での名前は不明。

 周囲を見渡してみると、木造の部屋の中だとわかる。
 今は部屋の中に僕以外は誰もない。
 赤ん坊を1人部屋に放置しておくのはどうなのかと思うけど。

 ふと、1つ確かめたいことを思いつく。
 本来なら眠る前に確かめておくべきだったのだが……
 うーん、オムツをつけられちゃったからなぁ。
 手を伸ばしてもとどかないし……いずれはわかるだろうから今調べなくてもいいのかもしれないけど……
 でも、やっぱり気になるよね。

 何が?
 決まっているだろう。
 この世界での僕の性別だよ。
 判断にはやっぱりアソコを調べるべきだろう。
 産まれたばかりのときはそこまで気が回らなかったのだ。

 うーん、でも、赤ん坊の短い手では腰に巻かれた布まで手が届かない。
 どうせ次にお風呂に入るときには分かるだろうけど……

 せめて座れればなぁ。
 でも、赤ん坊が座れるわけないよね。

 そう思いつつも、僕はよいしょと上半身を持ち上げようとする。
 すると――
 あれ?
 あっさりと座れちゃったよ?
 前世では1度たりともできなかった座るという行為があっさりできてしまった。

 ……え、えーっと、赤ん坊って産まれて数時間で座れるんだろうか?
 赤ん坊の育ち方なんて僕は知らないけど……でもやっぱり、普通は産まれてしばらくの間、自力で座ったりできないんじゃないかな。
 神様のおねーさんは普通の2倍くらいの力をくれるとか言っていたけど、そのせいかな?

 ま、まあ、ともかく、これなら腰にも手が届くから調べてみるか。
 僕はオムツの中に手を入れた。

 ……結論、男の子でした。
 うん、まあよかったかな。

 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 さて。
 座れた以上、今度は立てないかが気になる。
 いくらなんでも産まれたばかりで立つのは無理だと思うけど……

 そう思いながらも、床に敷かれた布に両手をつき、体を押し上げようとしてみる。

 次の瞬間。

 バキッ。

 ……え?

 手の下から何か音がした。
 な、なんだろう、何かが割れたような……

 もう1度布の上から同じところを押してみる。
 床が……なくなっている?
 僕が押した部分だけ、床に小さな穴が開いているみたいだ。

 木の床だし、腐っていた?
 そんなところに赤ん坊を一人で寝かせているのか?

 え、えーっと。

 僕は穴が開いてしまった場所から少し体をずらし、もう1度――今度は少し力を抜いて体を押し上げた。

 ピキッ。

 また、イヤな音がする。
 でもさっきは『バキッ』だったけど、今回は『ピキッ』だ。
 ……穴ではなくひび割れくらい……かな?

 よし、慎重に行こう。
 僕はさらに力を抜いて、慎重に体を持ち上げる。

 うん、今度はイヤな音はしない。
 そして、ゆっくり――立てた!!
 間違いなく、自分の両足で立ち上がれた!!

 すげー、立っちゃったよ、僕。
 正直、興奮が抑えられない。

 産まれて11年――あ、いや、この世界は数時間だと思うけど、ええい、ややこしい――前世で11年、僕は立ち上がることができなかった。
 おねーさん神様と話したときは立てたけど、今思えばあれは地面に立っている実感がなかった。
 魂だけの存在だったせいか、裸足なのに地面の感触がなかったし。

 でも、今は違う。
 足下の布の感触が直接伝わってくる。
 これが、立ち上がるってことなんだ。

 自分の足で立ち上がっている。
 その事実にうれしくて涙が流れそうだ。

 僕は思わず『やったー!』と叫ぼうとした。

「おんぎゃぁ!」

 実際には赤ん坊の泣き声にしかならなかったけど。

 次はどうしようかな?
 歩く?
 それとも、ジャンプ?

 桜勇太の体ではどちらも経験がない。
 でも、なんとなくやり方は分かる。
 やっぱり、これは人間の本能が知っているということなのだろう。

 とりあえず、喜びを表すためにジャンプしてみるか。
 僕は両足に力を入れ――

 バキッ!!

 え?

 またしても足下から聞こえてきたイヤな音。
 気がついたときには僕はすでに空中にいて――頭を天井にぶつけていた。

 天井が低かったわけではない。
 前世で過ごした病室よりは低いかもしれないけど、普通に大人が立って歩ける程度の高さはあると思う。
 赤ん坊の背丈でジャンプしたからといって頭をぶつけるなんてことは――たぶん、ありえないはずだ。
 それなのに、気がついたときは脳天を天井にぶつけていた。

 ――しかも、天井が壊れた。
 木片が部屋の中に舞う。
 しかも、着地すべき床に尾は大きな穴が開いていた。
 が、そのことをはっきり認識する余裕もなく、僕はその穴の中に落っこちる。

 ど、どうなっているの?

 床の下は20センチくらいで地面だった。
 寝かされていたのが1階でよかった。
 2階だったら大変なところだ。
 布も一緒に落ちて衝撃を吸収してくれたこともあり、擦り傷1つない。
 僕は立ち上がり、なんとか穴から脱出する。

 あ、オムツが取れて穴の中に残っちゃった。
 でも、そんなことを気にする心の余裕はない。

 いったい、何がどうなっているんだよ?
 呆然と、いろいろなものを丸出しまま立ちつくして、息を整えていると……

 バタン!!
 部屋の扉が開いた。
 入ってきたのは、眠る前に僕を抱いてくれたお母さん。

 お母さんは部屋の中の惨状を見回す。
 部屋の中は床が抜け、天井が壊れ、木片が散っている。
 そして、その中で立ち尽くす産まれたばかりの赤ん坊の僕。

 しばし、僕とお母さんは固まり――

「きゃぁぁぁぁぁぁ!!!」

 やがてお母さんは僕を指さして悲鳴を上げた。

 ど、どうしよう。
 やっぱりこの部屋の状態を見たら悲鳴もあげたくなるよね。

 あ、悲鳴が止まった。
 というか、お母さんがその場に倒れた。
 もしかして気を失った?

 部屋の中に穴が開いたのがそこまでショックだったのだろうか?
 でも、お母さんが指さしたのは床の穴とかじゃなくて、僕自身だったような……。
 僕がこれをやったって思っているのだろうか?
 でも、赤ん坊がそんなことできるなんて普通思うわけが……

 ……と、そこまで考えて気づく。
 お母さんが悲鳴を上げたのは、僕が立っていたから(・・・・・・・)
 やっぱり、赤ん坊が産まれてすぐに立ち上がるなど、この世界でも普通は考えられないのだ。

 ならば、なぜ僕が立てたのか?
 そしてどうして部屋の中に穴が開き、ジャンプしただけで天井に頭をぶつけたのか?
 頭が混乱する。
 正直、意味が分からない。

 混乱しているさなか、部屋の外から足音と叫び声が聞こえた。
 あの声はひげ面のお父さん?
 足音が近づいてくる。
 お母さんの悲鳴を聞いて慌ててやってきたのだろうか。
 このままだと、お父さんにも部屋の中の惨状と立ち尽くす僕を見られてしまう。

 ……え、えーっとどうしよう?

 説明しようにもこの世界の言葉は分からない。それに、言葉が通じても説明のしようがない。
 そもそも、さっき『ヤッター!』が『おんぎゃぁ!』になったわけだから、赤ん坊の体では言葉をきちんと発音できないのかもしれない。

 ……

 ……考えたあげく、僕はとっさににその場に寝転びんだ。
 いかにも『僕は人畜無害な普通の赤ちゃんですよ』という態度をとったのだ。

 やがてお父さんとその他数名の大人が部屋の中に駆け込んできて、気絶したお母さんと部屋の惨状を見回し、最後に僕を発見したようだ。
 少し呆然と固まったけど、数秒でお父さんは動いた。
 僕に駆け寄ってきて抱きかかえてくれる。

 お父さんが走っても床が抜けることはなかった。
 つまり、床が腐っていたわけではないのだろう。
 お父さんに抱きかかえられながら、扉の方に目を向けると気絶したお母さんを大人たちが運び出していた。

 お父さんの顔をみると、そのひげ面には明らかな困惑が浮かんでいた。
 それでもぼくを守るように強く抱きしめるお父さん。
 その腕の中で抱かれていると、僕は少しずつ落ち着いた。

 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 お父さんの腕の中で落ち着いて、よく考えて、自分の異常性を認識した。
 異常な怪力をもって僕は生れた。
 だから、産まれてすぐに立てたし、ジャンプもできた。
 でも、力が強すぎたから部屋の中が破壊された。
 そう考えれば1番すっきり説明できる。

 前世で少し体の調子がよかったとき何冊かのファンタジー漫画を読んだ。
 インターネット上の小説を漫画にしたものらしい。
 その中に、異世界に転生して、神様にもらった強い力や魔力で大活躍――といった話があった。
 その漫画では主人公の力を『チート能力』と表現していた。

 僕は穴だらけの床をもう1度見る。
 崩れかけた天井を見る。
 そして、気絶したお母さんが運び出された扉の向こうを見る。
 すべて、僕の力のせいだ。

 これはまさしく、神様からもらったチート能力だ。
 なにしろ、転生前に本当に神様が力をくれると言っていたんだから。
 おねーさん神様は普通の2倍と言っていたがそんなものじゃない。
 もっと、もっと強い力だ。

 同時に、これは呪いだ。
 産まれながらに持った大きすぎる力だ。
 ちょっと体を動かすだけで、周囲のモノを破壊してしまう強すぎる力だ。
 正直怖い。恐ろしいことになった。

 もし、今僕がお父さんを思いっきり殴ったら、お父さんは気を失うかもしれない。
 ――いや、もしかしたら死んじゃうかも……
 そう考えると身震いしそうになる。

 胎児の間の記憶は無い。
 桜勇太の魂が宿ったのは産まれる瞬間だ。
 そして、チートの力を得たのもその時だろう。
 そうでなければお母さんのお腹を内側から破りかねなかったのかもしれない。
 もしそうなっていたらと考えると寒気すら覚える。

 今思えば、産まれた直後に僕を抱いていたおばさんが倒れたのも、僕が不用意に彼女のお腹を蹴飛ばしたからだろう。
 僕はほんの軽く――蹴るなんていう意識もなくやったことだったけど――彼女は耐えきれなかった。

 ……あのおばさん、もしかしたら大けがをしたかもしれない。
 いや、それどころか、最悪、命も……
 もしあのおばさんが死んでいたら――僕はどうしたらいいのだろう?

 それだけじゃない。
 これから先、この異常な怪力とどうつきあっていけばいいのだろうか。
 考えれば考えるほど、僕は心の底から恐怖を感じた。
というわけで、自分のもつ『チート』あるいは『呪い』を認識した勇太くん(の魂)でした。

【以下、(今のところ)裏設定の話】
『チート』にと並べるなら『カース』と書くべきかもと悩みました。
が、勇太くんはたぶん、『カース』っていう言葉は知らないと思うので『呪い』と表現することにしました。

前世での話はこれまで極力飛ばしていますが、勇太くんが漫画を読んだり、テレビを見たり、最低限の勉強をしたりできたのは7~10歳の3年間ちょっとだけだったりします。
7歳の時、少しだけ体調がよくなってテレビを見たり本を読むことができるようになりました。それまではそんな体力すら危うかったのです。
パソコンやネットはとてもできる状態ではありませんでした。
さらに、10歳になって半年後がくんと体調が悪くなり、再び読書すらできなくなり、テレビもつかれるからと制限されています。

なので、知識はかなり隔たっていますし、学力は国語算数が小学2年生程度、理科社会はテレビで知った知識だけというかんじです。
ゲームも、9歳の時半年だけ許可が出て携帯ゲーをやっただけです。
プロローグを見る限りドラ○エは知っているみたいですが、ザオ○ク覚えるところまで進めたかどうかは微妙(後半の呪文は説明書か攻略本で知ったのかも)

このあたりはいずれ書きたいのですが、本筋ではありませんので今は転生先での話を進めたいと考えています。

『チート』の方は、まあタイトルにも出しちゃったし、小説は読んでないけど漫画の知識で知っていたということご勘弁を。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ