挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
神様、ちょっとチートがすぎませんか? 作者:七草裕也

ラクルス村編 第四章 獅子と少年

40/49

 【設定資料】年表・王家

今回は小説ではなく設定資料です。
ここまでのレイクさんによる話の理解にお役立てください。
※今回は小説ではなく設定資料になります。

前話まで、レイクさんによるパドくんへの歴史授業が繰り広げられましたが、正直全容の理解は難しかったと思います。
やはり、歴史はまず年表形式で概要が分からないと、理解しずらいのはいかんともしがたいです。
教科書無しで先生の話だけで日本史や世界史が理解できるなら、教科書会社は立ちゆきません。

そんなわけで、今回は【この世界の歴史】と【王族の一覧】を表形式(jpg)にてご提示いたします。
これで少しでも理解の助けになれば嬉しいです。

とはいえ、細かいところは理解していなくても本編を楽しむ上ではあまり問題ないと思いますのであんまり深く考えなくても大丈夫!!
作者もこの年表を見直さないと設定が分からなくなるくらいなのに、執筆には特に影響ないですから!!(←威張るな)

※※※注意※※※
なお、画像はそのままだと文字が小さすぎて読めないと思うので、クリックして画像ファイルを直接見てください。
スマホやガラケーではどうなるかよくわからないです。
読みにくい場合はPCで閲覧してください( TДT)

【年表】
挿絵(By みてみん)

まだ説明されていない話もありますが、パドくんの時代には概ねこのような歴史が伝えられて(・・・・・)います。
あくまでも、『伝えられている歴史』のであって、全てが真実であるとは限りません。

歴史とは必ずしも正しく伝えられるとは限りませんし、歴史解釈は立場によって異なるのが当然です。
この年表はレイクさん視点(比較的王家より)の考え方です。

もっと別の歴史を伝えている存在も今後出てくるかもしれません。

【王家一族】
挿絵(By みてみん)

できるだけ分かりやすくまとめたかったのですが、難しいです。
家系図になってないですね……よく分からないぞという声は重々承知しています。
七草のつたない画像編集技術ではこれが精一杯でした。

というか、Windows10でも動くフリーの家系図作成ソフトが見つからない……
有料ならあるのですが、このためだけにお金を出すのはちょっと躊躇しましてですね……

王族の名前はほとんどがこの表で初出になります。
前話の初稿では王族の名前を全て挙げていたのですが、あまりにも意味不明になったので開き直ってこういう形にいたしました。

まあ、要するに『領主(諸侯連立)派の王子によって他の派閥の王子・王女が殺されたので、アル王女を復権させた』ということです。」

【現在のそれぞれの理解状況について】
なお、レイクさんはパドくんにここまで詳しい歴史や王族の一覧の話はしていません。
パドくんも前話までの話でいっぱいいっぱいでしょうし、それもどこまで理解できているかというかんじです。

ついでにいうと、アル王女もあんまり理解していません。
というか、貴族ですらここまでの年表を把握している者は少ないです。
年表に書いてあることを全部理解しているのは、ごく一部の王族や、学者バカ(レイクさん)くらいなものです。
キラーリアさんも完全には理解していないでしょう。

世界中の人達の大半は歴史なんてほとんどわかりません。
ラクルス村の人達は村長も含めて自分が産まれる前のことなんてほとんど知りません。
次回、本編に戻ってパドくん決断の時。
そして、ラクルス村に襲来する『闇』とは別の脅威。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ