挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
神様、ちょっとチートがすぎませんか? 作者:七草裕也

ラクルス村編 第一章 ラクルス村のパドくんはチートが過ぎて大変です

13/49

8.僕の秘密、お父さんの秘密(後編)

お父さんに僕の秘密を話そう。
前世のこと、転生のこと、チートのこと。
全部打ち明けよう

そう決心したパドくん。
果たして全ての話を聞き終えた後、お父さんはどんな反応をするのでしょうか?
そして、パドくんは幸せな家族を手にできるのでしょうか?
 お父さんに秘密を話すと決めたものの、いったいどこから話せば良いのか。
 前世のこと、転生のこと、呪い級のチートのこと……
 順番通りなら前世のことからだけど、それだとわかりにくい……かな?

 もともと、僕は人に何かを説明した経験なんてほとんどないし、うーん。
 まあ、いいか。分かりやすいところからにしよう。
 僕は少し迷った後、手元にあったこぶし大の石を持ち上げた。

「お父さん、見ていてください」

 僕はそう言うと、持ち上げた石を握りしめた。
 別に全力で握ったわけじゃない。
 それにもかかわらず、僕の手のひらの中で石が粉々に砕けた。

 お父さんは僕の手のひらの中を凝視したまま目を見開く。

「これが僕の力です。僕は生れながらに他の人の何倍もの力を持っています。だから、ちょっと壁を叩いただけで穴を開けちゃうし、ちょっと握りしめただけで石を粉々にできます。
 それだけじゃありません。
 僕は産まれたその日に立ち上がってジャンプすることができました。
 あの日、寝室が壊れたのは、僕が不用意にジャンプしたからです」

 お父さんの顔が引きつる。
 その表情が何を意味しているのか、僕には分からない。

 驚き?
 困惑?
 疑惑?
 恐怖?
 畏怖?

 そのどの感情だったとしても、お父さんから向けられるのはあまり嬉しくない。
 やっぱり話すべきじゃなかった?
 でも、僕はお父さんを信用して話すって決めたんだ。

「ジールおばさんが倒れたのは、赤ん坊の僕が軽く蹴飛ばしたせいです。
 そして、お母さんが気絶したのは産まれたばかりの僕が立ち上がっているのを見て、びっくりしたからです」

 僕はそこまで言って、ビクビクしながらお父さんの反応を待った。
 お父さんはどう思うだろうか。
 やっぱり、お母さんのように僕を恐れるんだろうか?

 だが、お父さんは僕の頭をなでてくれた。
 そして言う。

「なんとなく、分かっていたよ。お前が普通とは違う力を持っているってことは。だが、いったいどうしてそんなことになったんだ? それにそもそも、産まれた日のことを覚えているのか?」
「それは……長い話になります」
「かまわん。聞かせてくれ。どんな話だろうと、俺はパドを信じる」
「ありがとうございます」

 そして、僕は話し始めた。
 前世のこと、おねーさん神様のこと、転生のこと。
 この世界で『前世』や『転生』という意味を表す言葉を知らなかったので、ちょっと手間取ったけど。

「つまり、お前は別の世界での人生の記憶を持ったまま、普通の倍の力を持って俺たちの子どもとして産まれてきたということか」
「はい、とても信じられないでしょうけど。それに、たぶん僕の力は倍なんていう物ではないと思います」
「……確かに信じがたいことだ。だが、いろいろなことに合点がいくことも事実だ。それに……」

 そこまで言ってお父さんはニカッと笑う。

「言っただろう? 俺はどんな話だろうとお前の言うことを信じると」

 その時僕に笑顔を見せてくれたお父さんは、もしかすると少し無理をしていたかもしれない。
 それでも、それでも僕はその瞬間、その笑顔に救われた気持ちがして。
 だから、その時、僕の瞳からは再び大粒の涙がこぼれていた。

「お前は元の世界でどんな暮らしをしていたんだ?」
「僕の元の名前は桜勇太といいました。名字の桜というのはきれいな花が咲く木のことです。勇太っていう名前には『勇気を持て』という意味が込められているそうです」
「パドは前世では貴族か王族だったのか」
「貴族……いえ、そんなことはないです」

 あ、そうか、この世界では名字は貴族や王族だけが持っているものなのか。

「元いた世界では貴族以外も名字があるのが普通でした」
「そうなのか、だいぶこの世界とは違うんだな」
「ええ、全然違う世界です。その世界で、僕は11年暮らしました。そして、11歳の誕生日に桜勇太は死亡したんです」
「たった11歳で死んだのか」
「はい、前世の僕――桜勇太は産まれたときからとても病弱で、お医者さんにもどうにもできなかったんです」
「前の世界では平民が医者にかかれたのか」

 この世界において医術は貴重な能力だ。
 街ではどうか分からないけど、ラクルス村では医者にかかることなんてできない。
 というか、そもそも村には医者がいない。

「もし、この村で同じような子どもが産まれたら、きっと1年も生きられないと思います」
「なんと……その世界にはすさまじい技術があるんだな」
「はい。そうですね……たとえば遠くの街の映像を映し出すしたり、遠くの街との人と会話をしたり、スイッチ1つで炎を起したり、書物をあっという間に作り出したりする道具もあったそうです。あとは空を飛ぶ乗り物とか」

 ほとんどはテレビの中でみた話だけど。
 パソコンやインターネットなんかの説明は、お父さんに分かるように説明する自信がないのでやめておくことにした。僕も使ったことなかったし。

「俺にはとても想像もできん世界だ」
「もっとも、僕は病室から1歩も出たことがありません。だから、ほとんどは話に聞いたことがあるだけです」
「ふむぅ……さすがに信じがたい。いや、お前が嘘をついているとは言わないが、実際に見たことがないないというなら、お前に教えた人間が法螺(ほら)を吹いたのではないのか?
 たとえば……そもそも、書物をたくさん作っても読める人間など限られているだろう」

 まあ、ラクルス村の常識からすればそう思うよね。
 ちなみに、産まれて3年、この世界の文字というものを僕は1度たりとも見ていない。
 たぶん、村には文字を読め人はいないのだと思う。

「あの世界では子どもでも文字が読めたんです。それに、遠くの街の映像を映し出す道具は僕の病室にもありました」
「確かに街には、特殊な能力で炎を自在に操るなどの信じがたい現象を起こす技術者がいると伝え聞くが……しかし……」

 お父さんは首をひねる。

 ……うん? 『特殊な能力』って、もしかして『魔法』のことか?
 産まれて3年、魔法の知識なんて1度も聞くことはなかったけど。

 もう少し詳しく聞きたい気もするけど、今はその話をするときではないだろう。
 お父さんも詳しくなさそうだし。
 それに、この村で平和に生きていくつもりの僕に魔法は必要ないからね。
 便利は便利だろうし興味もあるけど、調べるのはもっと自分の力をコントロールできるようになってからでも遅くはないだろう。

「本当は転生したら前世の記憶は無くなるはずだったんです。でも、なぜか記憶が消えなくて。
 だから、産まれたときにはもう11歳の桜勇太としての知識や感情がありました。産まれた日のことを覚えているのもそのためです」

 僕はそう言って話を終えた。

「今まで黙っていてごめんなさい。だから僕は……お父さんとお母さんの本当の子どもなのかどうかも、自分ではよく分からないんです」

 そう、僕はラクルス村のパドだけど、桜勇太としての意識を持っている。
 僕はパドなのか、桜勇太なのか。
 本当にバズお父さんとサーラお母さんの子どもと言っていいのか。
 お父さんは僕をこれからも自分の子どもだと思ってくれるのか。

 そう考えると僕は怖かった。
 とても恐ろしかった。
 もしお父さんが『他の人間の記憶がある子どもなんて、俺の息子じゃない』って言ったらどうしたらいいんだろうと思うと、震えて逃げ出したくなる。

「お前は俺の、俺とサーラの息子だ。間違いなく」

 お父さんはそういうと僕を抱きしめた。

「本当に……本当にそう思いますか?」
「当たり前だろ!! 俺はお前を信じる。だからお前も俺を信じろ」

 そのお父さんの言葉はとても力強くて。

「はい!!」

 僕は答えた。
 僕の瞳からは次々に涙が落ちて。
 見上げてみるとお父さんの瞳からも涙がボロボロこぼれていた。

「ゴメンな、パド。お前がこんなに大きな秘密と悩みを抱えているなんて想像もしていなかった。ゴメンな」
「いいえ、そんなことないです。ありがとうございます」

 僕もお父さんに抱きつきそうになって――でも、それはやっぱり危ないのでやめて――とにかくひとしきりお父さんと僕は崖の近くに座ったまま泣き続けた。

 どれくらいそうしていただろうか。
 太陽の傾きを見ると、30分くらいは経ったのかもしれない。

 ――やがて

「それにしても、もう1つ大きな2人だけの秘密が出来ちまったな」

 お父さんがそう言って苦笑いした。

「大きな秘密?」
父子(おやこ)でこんなに泣じゃくったなんて、恥ずかしくて誰にも言えないだろ」
(みやこ)に向かってオシッコしたことよりはマシです。あと、浮気も」
「うっ」

 お父さんは図星をつかれたとばかりにうめき声をあげ、そして2人で顔を見合わせる。
 それから今度は2人で大笑いした。

「パド、お前はこれからどうしたい?」
「僕はこの村で幸せになりたい……いいえ、幸せにならなくちゃいけないんです」
「幸せに"ならなくちゃいけない"……か。ずいぶんと不自然な言い方だな」

 お父さんの言葉はもっともだろう。

「前世の僕――桜勇太が死んだ後、前世の僕の両親は泣いてくれました。迷惑しかかけられなかったのに、僕の死を悲しんでくれました」
「死んだ後のことも覚えているのか」
「転生する寸前に、神様が両親と弟の姿を見せてくれたんです」
「……そうか」
「だから、僕は幸せになる義務があるんです。前世で迷惑をかけ続けて何もできなかった両親の気持ちに応えるためにも」

 僕の言葉に、お父さんは真剣な表情を浮かべる。

「パド、お前の気持ちは分かった。だが、たぶん、お前は1つ勘違いをしていると思う」
「……勘違い?」
「お前が産まれたとき、俺は嬉しかった。心の底から嬉しかった。それはたぶん、どんな親でも同じだと思う。俺には想像も出来ない道具があふれている別世界であってもだ」
「…………」
「だから、お前は前世の親に『何もできなかった』なんて思うことはない。お前が産まれたことそれ自体が、前世のご両親へ最高のプレゼントにだったはずだはずだからだ」

 僕は目を見開いた。
 そんなこと、考えたこともなかった。
 僕は――前世の桜勇太は、『自分は皆に迷惑をかけることしかできない厄介者だ』とずっと考えていた。
 11年間ずっと自分を責めていた。
 いっそ、早く死んで家族を楽にしたいと思ったことだって何度もある。
 だけど、満足に動かない身体では自殺することすら難しかった。
 舌をかみ切る勇気も無かったし。

 だけど。
 だけど……僕は前世のお父さんとお母さんに何かをしてあげられたのかな?
 桜勇太として2人の元に産まれたという、ただそれだけのことが最高のプレゼントになっていたのかな。

 なんだろう。
 心の中の重しがすーっと消えて無くなったような、そんな不思議な気分だ。

 11年間――いや違う――14年間ずっと自分の心を苦しめていたことが、少しだけ楽になった気がした。

「……お父さん」
「うん? なんだ?」
「ありがとうございます」
「気にするな、俺はお前の父親だ。息子が悩んでいたらアドバイスくらいはしないとな」

 お父さんはニコっと笑って、僕の頭をなでてくれた。



 ――ありがとう、お父さん。 


 僕は心の底からそう思った。
……というわけで、第1部はあと1話――と思ったのですが、もう1話ください。
あと2話で第1部終了です。

次回(2016/05/01更新予定)のタイトルは決まっています。
ズバリ。

『お母さんの笑顔』

思いっきりネタバレですな(; ・`д・´)
でもいいんです。
ここだけは他のタイトルはありえません。

異世界転生チート物のはずなのに、主人公無双ではなくほのぼの世界を第1部で描き続けたのは、次話のためです。
そして、そのシーンがあるからこそ、第2部でとても残酷な運命が待ち構えています。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ