挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
自作小説の世界に召喚されたので俺は未完放置する(エタる)のをやめました! 作者:冬塚おんぜ

第六章 物語の外側で

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

146/146

エピローグ2 そうだ、小説家になろう


 この俺、志麻咲信吾しまざき しんごは大学一年生である。
 俺はある日突然、中学生時代に投稿して未完のままだったWeb小説『勇者と魔女の共同戦線レゾナンス』の世界へと召喚されてしまう。
 かつての記憶を頼りに脱出方法を探るが、この世界は当時の設定とは大きく異なっていた。

 だが俺は、沢山の仲間達と出会った。
 時には裏切られたり、時には失ったりもした。
 だが、悲しい事より嬉しい事のほうがずっと多かった。

 俺の作品がどれだけ愛されているかを知った。
 俺自身がどれだけ愛されているかを知った。

 そうして俺は、かつての情熱を取り戻し、そこに潜んでいた陰謀を見事に打ち破り……。

 で、今は冬休みの中頃だ。
 充実したクリスマスと正月を過ごせた。


 結論を言うと……、
 俺は未完放置する(エタる)のをやめました!


 書きかけだった『勇者と魔女の共同戦線レゾナンス』を、この四ヶ月弱でバッチリと完結させたのだ。

 俺とメイの活躍は、レジーナや既存の連中に割り当てた。
 作者登場は、流石にちょっとな。
 それに“シン”と“メイ”は俺にとって特別な名前だから、軽々しく使いたくないのもある。

 そもそも読者さんの代理というか……感情移入して欲しい奴なら、ファルドが既にその座についているからな。

 そんなこんなで、今ではブックマークも百件以上。
 新しい読者さんの感想も、続々とやってきた。

 日刊ランキングに乗る人達にはまだまだ敵わないが、別に勝負しようって気はしない。
 今いる読者さんを大切にしていくスタイルだ。
 もちろん数値で勝負するスタイルを否定するつもりは無いぞ。
 あれは、読者さんの共感や感動を分かりやすく数値化した指標でもあるからな。

 あくまで俺は俺って事。

 ちなみに今後の予定も目白押しだ。
 挿絵をパートナーであるメイ……冴羽さつきに描いてもらってるだろ。

 他の小説も、未完のままだ。
 それらも完結させたい。

 実家から通っていた児童図書館での小説朗読も、引き続きやっている。
 さつきが一緒に読み合わせてくれるから、リアリティがより進化した。


 冬休みの宿題?
 ンなもん、とっとと終わらせちまったよ!


 ああ、そうそう。
 パートナーって言ったよな。

 さつきとは、同棲生活を始めた。
 この世界に戻ってきた時に届いていたメッセージは、やっぱりさつきのものだった。
 連絡先の交換とか、デートの約束とか、そういった内容だ。

 今更、告白も何もあったもんじゃないと思うが、元の世界での初デート(そもそもあっちの世界じゃデートする暇すら無かった)の時に、改めてお互いの想いを告白し合った。
 さつきの赤らめた顔、可愛かったなあ。

 で、何度か会って話をしている内に、さつきが借りているアパート(父方の祖父が管理している物件だ)で同棲しないかって話が出てきた。

 もちろん俺は、二つ返事でオーケーだ。
 こうして冬休みに差し掛かる前に、引っ越しを済ませたのだ。

 幸い、大学はこっちの家のほうが近い。
 しかもさつきの父方の祖父の家が書店を経営していて、そこでバイトすれば家賃も稼げる。
 さつきの祖父は今まで、さつきの心境を慮って家賃をオマケしていてくれてたが、俺が同棲するってなるとそうも行かないだろう。
 だから、免除されていた分の返済も兼ねて、二人でバイトするという結論になった。


 後は、冴羽家のご両親との顔合わせもしないとだな。
 離婚しているから、難しいかもしれないが。
 それでも、仲直りに関しては……意外とどうにでもできそうな気がするんだ。

 あの異世界での経験で、場数は踏んだ。
 その知識を、この俺達の元の世界でどうやって適用するかにかかっている。
 必ず、上手く行かせてみせる。


「信吾、起きてる?」

「ん? ああ」

 布団の中で考え事をしていたら、さつきが馬乗りになってきた。
 俺のネオアームストロング某が臨戦態勢になるので、ちょっと勘弁して下さい。

「ひとまず、完結お疲れ様!」

 ほっぺにキスをされる。

「ありがとう」

 俺もお返しのキスをする。

「スナファ・メルヴァンとの戦いのシーン、良かったよ。ああいう解釈もあるんだね」

「予想されやすいんじゃないかなって、ちょっと戦々恐々だったがな」

「それはそれでよし! あたしは、一緒にあの世界を冒険したから、先入観があったけど」

 さつきは、今度は布団の中へと潜り込んできた。
 体温は二人分になって、ぬくもりが増していく。

「情景描写にも磨きが掛かって、頭の中にビジョンが浮かんでくるようだった。
 ボキャブラリーが貧困だなんて、そんなの嘘でしょ」

「いやー、異世界を冒険したからだろうな。身についたのは」

「そっか」

「ところで、次の小説なんだが、やっぱり内容へのアドバイスは無いのか?」

「それをやっちゃうと、あたしの書きたい内容になっちゃうからね。あたしはあくまで、出来上がったものに感想を付けたいかな。
 あの時、信吾が言ってたでしょ。“自分を信じる”って」

「どうしても必要な時は、その時は助力を請いたい。思い浮かばない時とか。なるべく、二択か三択で候補を作ってみるよ」

「わかった。その時は、協力するね!」

 頼もしいなあ、俺の嫁は。(結婚したとは言ってない)

 こうして同棲してから、さつきがより一層、愛おしく感じるようになった。
 作者と読者の関係から、ここまで進むなんてな。
 さつきの場合、かなり早い段階で俺を愛してくれていたみたいだが。
 俺も、その愛に報いるべく……今日も一日、頑張るぞい!

「ねえ、こうしてもぞもぞしてると、何だか、クるものが無い?」

「お前な……意識しないようにしてたのに」

「えへへ」

「てへぺろしやがって! 可愛い!」

「もっと褒めてくれてもいいんだよ!」

「うん。褒める。あと、撫でる」

「だめ。キスもして」

「しょうがないな……」

 さっきしたばっかりじゃねーか。
 まあ、するんだがな。
 ほっぺじゃなくて、口に。


 *  *  *


「ねえ、信吾?」

 おもむろに、さつきが問い掛ける。

「次のお話は、どれから書く?」

 一応、候補は決めてある。
 話の進み具合とか書きやすさを鑑みて、どれが完結に近いかを考えたんだ。
 そしたら、自ずと決まってきた。

「送還士かなあ」

「やった! 続き、聞かせてよ」

 メイのテンションが高い。
 あの話のライバルキャラ、ラリー・ライトニングを気に入ってるもんな。

「じゃあ、エタった所から話すか。直前の展開は覚えてるか?」

「うん! 予習はバッチリ!」

「そうだな……あのシーンの続きなんだが――」


 とまあ、楽しく執筆活動の真っ最中だ。
 ブレインストーミングっていう、アイデアの出し方があってだな。
 集団で一つの議題に、とにかくなんでもいいからアイデアを沢山出しまくるっていうやり方があるんだ。
 ……詳しくはググってくれ。

 他にも、書き上げた文章を二人で読み合わせたり。
 地の文と男キャラを俺が、女キャラと子供をさつきが担当する。
 さつきは「作者本人の朗読って贅沢だよね」と言うが、俺個人としてはさつきのように可愛い女の子に読んでもらう事こそ贅沢だと思った。
 それを俺が口にすると、さつきは真っ赤にした顔を俺の胸にうずめてきた。

 と、まあ二人で考えれば物語を考える速度も倍以上になるし、テンションはそれ以上に上がる。

 そうすりゃ当然、余裕ができてくる。
 そこをバイトや学業、そして感想文とレビューにより多く割り当てられる。

 さつきも俺に触発されて、あちこちの小説を読みに行っている。
 この四ヶ月弱で、エタるユーザーもちょっとは減ったように見える。
 ブクマした小説がエタらなかっただけ、運が良かっただけ、とも言えるが……。

 とはいえ、状況は昔よりずっと良くなっている。
 ランキングもジャンルがもう少し分けられて、埋もれていた作品がランキングに上がりやすくなる予定らしいし。
 この調子で、主要ジャンル以外も書籍化の前例を沢山作ってくれるとありがたい。
 まあ書籍化ってなると、実利を考えなきゃいけないからもっと複雑になるんだろうが。

 とにかく、あと一年くらいは様子を見ようかな。
 個人的に相談を受け付ける事もほのめかして、少しでもみんなの力になりたい。
 状況が変わらないようなら、新しいアプローチを考えてみよう。
 最終的に、完結までの満足度は書き手の努力次第になるが。

 だが何より、まずは楽しんで書く事が大事だと思う。
 書きながら、その世界に思いを馳せるんだ。

 今の俺は、それができる。
 そして、そのワクワクを伝えたいとも思っている。
 かつて俺がそうしていたみたいに。


「――そうだろ? さつき」

「ね! これからも、いっぱい冒険しよ!」

「ああ。背中は任せた」

「オッケー!」

 茨の道だが、みんな(・・・)が付いていてくれるから。
 さつきが隣にいてくれるから、俺は……俺達は前に進める。

 だから、なるよ。
 小説家に!


 ここまでお付き合い頂き、本当にありがとうございました。

 拙作『自作小説の世界に召喚されたので俺は未完放置する(エタる)のをやめました!』は、これにて完結です。
 引き続き、感想やご意見をお待ちしております。

 それでは皆様、良いお年を。
 そして願わくば、この作品が皆様の “勇気を作るもの” でありますように。

 2015年12月30日
 冬塚おんぜ
ふつつか者ですが、ランキング登録しておりますのでよろしくお願い申し上げる次第です。
小説家になろう 勝手にランキング
cont_access.php?citi_cont_id=329038609&s

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

ニートだけどハロワにいったら異世界につれてかれた

 ◆書籍⑧巻まで好評発売中です◆ ニートの山野マサル(23)は、ハロワに行って面白そうな求人を見つける。【剣と魔法のファンタジー世界でテストプレイ。長期間、泊り//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全189部分)
  • 660 user
  • 最終掲載日:2017/10/11 21:00
レジェンド

東北の田舎町に住んでいた佐伯玲二は夏休み中に事故によりその命を散らす。……だが、気が付くと白い世界に存在しており、目の前には得体の知れない光球が。その光球は異世//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全1554部分)
  • 684 user
  • 最終掲載日:2017/11/18 18:00
無職転生 - 異世界行ったら本気だす -

34歳職歴無し住所不定無職童貞のニートは、ある日家を追い出され、人生を後悔している間にトラックに轢かれて死んでしまう。目覚めた時、彼は赤ん坊になっていた。どうや//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全286部分)
  • 966 user
  • 最終掲載日:2015/04/03 23:00
蜘蛛ですが、なにか?

勇者と魔王が争い続ける世界。勇者と魔王の壮絶な魔法は、世界を超えてとある高校の教室で爆発してしまう。その爆発で死んでしまった生徒たちは、異世界で転生することにな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全529部分)
  • 785 user
  • 最終掲載日:2017/10/13 23:33
10年ごしの引きニートを辞めて外出したら自宅ごと異世界に転移してた

【本編完結済み】※書籍化しました!10/25、オーバーラップ文庫様より最終巻となる⑤巻が発売されます!詳細は活動報告にて!  北条雄二、30才、無職、引きこもり//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全519部分)
  • 776 user
  • 最終掲載日:2016/10/25 18:00
人狼への転生、魔王の副官

人狼の魔術師に転生した主人公ヴァイトは、魔王軍第三師団の副師団長。辺境の交易都市を占領し、支配と防衛を任されている。 元人間で今は魔物の彼には、人間の気持ちも魔//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全415部分)
  • 753 user
  • 最終掲載日:2017/06/30 09:00
俺だけ帰れるクラス転移

ある日、クラスメイト達と共に異世界に召喚された羽橋幸成。深い森の中にあった石碑に書かれていた彼の能力は物を移動させる『転移』。彼と同じく様々な能力に目覚めたクラ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全233部分)
  • 649 user
  • 最終掲載日:2016/05/25 10:00
異世界迷宮で奴隷ハーレムを

ゲームだと思っていたら異世界に飛び込んでしまった男の物語。迷宮のあるゲーム的な世界でチートな設定を使ってがんばります。そこは、身分差があり、奴隷もいる社会。とな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全220部分)
  • 706 user
  • 最終掲載日:2017/08/30 20:00
境界迷宮と異界の魔術師

 主人公テオドールが異母兄弟によって水路に突き落されて目を覚ました時、唐突に前世の記憶が蘇る。しかしその前世の記憶とは日本人、霧島景久の物であり、しかも「テオド//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全1296部分)
  • 724 user
  • 最終掲載日:2017/11/19 00:00
転生したらスライムだった件

突然路上で通り魔に刺されて死んでしまった、37歳のナイスガイ。意識が戻って自分の身体を確かめたら、スライムになっていた! え?…え?何でスライムなんだよ!!!な//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全303部分)
  • 846 user
  • 最終掲載日:2016/01/01 00:00
二度目の勇者は復讐の道を嗤い歩む

魔王を倒し、世界を救えと勇者として召喚され、必死に救った主人公、宇景海人。 彼は魔王を倒し、世界を救ったが、仲間と信じていたモノたちにことごとく裏切られ、剣に貫//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全127部分)
  • 719 user
  • 最終掲載日:2017/11/06 09:08
盾の勇者の成り上がり

盾の勇者として異世界に召還された岩谷尚文。冒険三日目にして仲間に裏切られ、信頼と金銭を一度に失ってしまう。他者を信じられなくなった尚文が取った行動は……。サブタ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全850部分)
  • 705 user
  • 最終掲載日:2017/11/14 10:00
ワールド・ティーチャー -異世界式教育エージェント-

世界最強のエージェントと呼ばれた男は、引退を機に後進を育てる教育者となった。 弟子を育て、六十を過ぎた頃、上の陰謀により受けた作戦によって命を落とすが、記憶を持//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全176部分)
  • 665 user
  • 最終掲載日:2017/11/01 01:14
成長チートでなんでもできるようになったが、無職だけは辞められないようです

 俺、一之丞は就職100連敗、さらに記録更新中の無職だった。  面接に向かう途中、トラック事故に巻き込まれ、あえなく死亡。  そして、女神から常人よりも400倍//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全210部分)
  • 634 user
  • 最終掲載日:2017/11/16 23:32
LV999の村人

 この世界には、レベルという概念が存在する。  モンスター討伐を生業としている者達以外、そのほとんどがLV1から5の間程度でしかない。  また、誰もがモンス//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全341部分)
  • 700 user
  • 最終掲載日:2017/11/18 23:48
八男って、それはないでしょう! 

平凡な若手商社員である一宮信吾二十五歳は、明日も仕事だと思いながらベッドに入る。だが、目が覚めるとそこは自宅マンションの寝室ではなくて……。僻地に領地を持つ貧乏//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全205部分)
  • 833 user
  • 最終掲載日:2017/03/25 10:00
田中のアトリエ ~年齢イコール彼女いない歴の錬金術師~

年齢イコール彼女いない歴のブサイクなアラフォーが異世界ファンタジーで俺TUEEEします。 追記:2014/09/03 kgさんから超絶カッコイイ素敵なイラスト//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全132部分)
  • 659 user
  • 最終掲載日:2017/07/29 18:22
二度目の人生を異世界で

唐突に現れた神様を名乗る幼女に告げられた一言。 「功刀 蓮弥さん、貴方はお亡くなりになりました!。」 これは、どうも前の人生はきっちり大往生したらしい主人公が、//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全381部分)
  • 694 user
  • 最終掲載日:2017/11/15 12:00
用務員さんは勇者じゃありませんので

部分的学園異世界召喚ですが、主役は用務員さんです。 魔法学園のとある天才少女に、偶然、数十名の生徒・教師ごと召喚されてしまいます。 その際、得られるはずの力をと//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全142部分)
  • 697 user
  • 最終掲載日:2017/08/25 18:00
賢者の孫

 あらゆる魔法を極め、幾度も人類を災禍から救い、世界中から『賢者』と呼ばれる老人に拾われた、前世の記憶を持つ少年シン。  世俗を離れ隠居生活を送っていた賢者に孫//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全124部分)
  • 660 user
  • 最終掲載日:2017/11/06 22:53
この世界がゲームだと俺だけが知っている

バグ満載のため、ある意味人気のVRゲーム『New Communicate Online』(通称『猫耳猫オフライン』)。 その熱狂的なファンである相良操麻は、不思//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全239部分)
  • 757 user
  • 最終掲載日:2017/04/01 23:59
ありふれた職業で世界最強

クラスごと異世界に召喚され、他のクラスメイトがチートなスペックと“天職”を有する中、一人平凡を地で行く主人公南雲ハジメ。彼の“天職”は“錬成師”、言い換えればた//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全288部分)
  • 821 user
  • 最終掲載日:2017/11/18 18:00
デスマーチからはじまる異世界狂想曲

◆カドカワBOOKSより、書籍版11巻、コミカライズ版5巻発売中! アニメ放送は2018年1月予定です。 ※書籍版とWEB版は順番や内容が異なる箇所があります。//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全553部分)
  • 814 user
  • 最終掲載日:2017/11/12 18:00
最果てのパラディン

  かつて滅びた死者の街。 そこには1人の子供と3人の不死なる者たちが存在した。 かつて英雄であった不死者たちに養育される少年、ウィル。 技を継ぎ知識を継ぎ、愛//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全157部分)
  • 636 user
  • 最終掲載日:2017/09/22 23:38
絶対に働きたくないダンジョンマスターが惰眠をむさぼるまで

「働きたくない」  異世界召喚される中、神様が一つだけ条件を聞いてくれるということで、増田桂馬はそう答えた。  ……だが、さすがにそううまい話はないらしい。呆れ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全302部分)
  • 649 user
  • 最終掲載日:2017/11/19 00:00
聖者無双 ~サラリーマン、異世界で生き残るために歩む道~

地球の運命神と異世界ガルダルディアの主神が、ある日、賭け事をした。 運命神は賭けに負け、十の凡庸な魂を見繕い、異世界ガルダルディアの主神へ渡した。 その凡庸な魂//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全362部分)
  • 763 user
  • 最終掲載日:2017/09/06 20:00
金色の文字使い ~勇者四人に巻き込まれたユニークチート~

『金色の文字使い』は「コンジキのワードマスター」と読んで下さい。 あらすじ  ある日、主人公である丘村日色は異世界へと飛ばされた。四人の勇者に巻き込まれて召喚//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全820部分)
  • 721 user
  • 最終掲載日:2017/11/18 00:00
とんでもスキルで異世界放浪メシ

※タイトルが変更になります。 「とんでもスキルが本当にとんでもない威力を発揮した件について」→「とんでもスキルで異世界放浪メシ」 異世界召喚に巻き込まれた俺、向//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全390部分)
  • 849 user
  • 最終掲載日:2017/11/14 21:56
Re:ゼロから始める異世界生活

突如、コンビニ帰りに異世界へ召喚されたひきこもり学生の菜月昴。知識も技術も武力もコミュ能力もない、ないない尽くしの凡人が、チートボーナスを与えられることもなく放//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全443部分)
  • 894 user
  • 最終掲載日:2017/06/13 01:00
フェアリーテイル・クロニクル ~空気読まない異世界ライフ~

※作者多忙につき、当面は三週ごとの更新とさせていただきます。 ※2016年2月27日、本編完結しました。  ゲームをしていたヘタレ男と美少女は、悪質なバグに引//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全224部分)
  • 660 user
  • 最終掲載日:2017/11/04 07:00
セブンス

ライエル・ウォルトは伯爵家であるウォルト家の嫡子であった。 だが、完璧である妹のセレス・ウォルトとの勝負に負けて廃嫡。完膚なきまでに打ちのめされ、心を折られた状//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全345部分)
  • 720 user
  • 最終掲載日:2015/12/06 00:00
↑ページトップへ