挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。
この作品には 〔残酷描写〕 が含まれています。

機甲戦騎シリーズ

機甲戦騎キャバリアー

作者:小夏雅彦
西暦2311年。
地球国家連邦と火星植民開拓者連合との対立はもはや取り返しのつかないレベルにまで発展し、人類は歴史上初の惑星間戦争に突入した。鉄の人型が駆け、無数のミサイルが空を舞い、隕石兵器が地を抉る泥沼の絶滅戦争。多くの犠牲を払い、地球の地形さえ変えてなお人類は戦争の落としどころを見つけられずにいた。
開戦から3年。房総半島の先端に疎開して来た少年、海東イスカは国連軍が秘密裏に建造した軍事基地のため火星軍との戦闘に巻き込まれる。死に物狂いで逃げる彼に父親はあるものを託した。

それは試作型人型戦車、バトルウェアだった。

これは戦争から逃れるために戦いを続ける少年の物語。
『死神』とも『悪鬼』とも呼ばれた少年の物語。
00-青い空と白い海
2017/04/21 08:14
01-崩壊する日常
2017/04/21 12:10
01-目覚める機甲騎士
2017/04/21 21:03
01-初陣
2017/04/22 12:16
幕間-火星の二人
2017/04/23 21:15
02-契約
2017/04/24 12:13
02-ブリーフィング
2017/04/25 19:16
02-白浜海岸攻防戦
2017/04/26 07:42
02-すべてを消し去る青い光
2017/04/26 12:10
03-木更津基地
2017/04/26 19:23
03-隠さなければいけないこと
2017/04/27 14:28
03-無差別攻撃
2017/04/27 19:29
03-木更津基地撤退戦
2017/04/28 08:03
03-関東陥落
2017/04/28 12:10
03-日本脱出
2017/04/28 19:21
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ