挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

幸福のためのサクリファイス

作者:あおいうい
この物語は、むかしむかし、どこかの世界のお話。

ある時、空に暗く真っ黒な穴が空きました。
その穴は、街や海、人間までも飲み込み、徐々に大きくなっていきました。
そして、あの青かった空が暗い闇に覆われかけたその時、一筋の光の柱が現れました。

その光の元には、修道服を着た、綺麗な少女がいました。
少女の髪は、まるで光のように美しく輝く金色で、瞳は、少女が小さく、けれど確かに暗闇から奪い返した、あの美しい空のように、蒼く澄んだ色でした。

ある日、少女が暗闇を払った、という噂を聞き、ある国の王様が彼女を訪ねました。
王様は少女にこう言いました。
「少女よ、あなたこそが、この世界の神様だ!どうか、その力で我々の王国をお救い下され!」
少女はこう答えました。
「私ごときが神であるはずがありません。けれど、もし、私に力があるならば……私は愛するこの世界を救いたいのです」
そういうと、少女は近くにあったナイフで、床についてしまうのではないか、と思うくらい長い髪を膝裏まで切り、自分の来ていた衣服を破り、それで切り落ちた髪の束を包み、最後に、自身のつけていた十字架のネックレスを添えて、王様に差し出しました。
「どうか、神のご加護がありますように」
少女は、瞳を閉じ、両手を合わせ祈りました。
すると、どうでしょう。
その国を覆い尽くしていた闇は、少女の髪から放たれた光によって、元の美しい国となりました。

その話を聞いた人々は、少女の所に押し掛けました。
何十人、何百人、数えるのが難しいほど、少女の元には救いの手を差し伸べる者たちで溢れかえりました。

けれど、少女には、もう分け与えるだけの髪はなくなってしまいました。
長く美しい髪は、もはや見る影もなく……
救いであった髪がなくなった、と聞いた人々は嘆き哀しみました。
自分たちに、幸福はもう訪れないのか、と。
そんな中、母親と一緒に少女の所へと来ていた小さな少年が、少女に言いました。
「なら、お姉ちゃんのその美しい瞳を頂戴よ」
そんな無邪気な少年の一言が、周りの大人たちの態度を豹変させました。
「そうだ、髪じゃなくても、瞳でも腕でもいい……」
「とにかく少女の一部を手に入れれば幸福になれる……」
大人たちは、ゆっくりと少女に近づきました。
少女は、そんな大人たちが怖くて、ついにその場から逃げ出しました。
少女の中には、恐怖しかなく、ただ走り続けました。
けれど、周りの大人たちに叶うはずもなく、少女の抵抗は虚しく、捕まってしまいました。

振り向けば、刃物を持った大人たちが少女を囲んでいました。
少女は空を見上げました。
そこには、自分が暗闇から奪い返した美しい青空が広がっていました。
少女は両手を合わせ、祈りました。
このような悲劇が、二度と起こりませんように、と。

少女は目を覚ましました。
そこには、少女の体はなく、ただ赤色の液体だけが残されていました。
それは、赤から青に変わり、大きな湖になりました。
その湖の底から、七色の光が橋となり、この国を変えた大きな穴へと続いていきました。
少女は、その橋を渡りました。
少女が足を動かす度、荒れた地に、森や川、海など、様々な自然が蘇っていきました。
そして、穴の前へと着いたとき、声が聞こえました。
「世界を救う為に、貴女は犠牲
にされました。しかし、貴女はこれでいいのですか?」
声は少女へと語りかけた。
「世界を元のかたちに戻す、というのならば、貴女の命は返しましょう」
少女は、その言葉に小さく首を横に振った。
「いいえ。私には、神につかえ、人々を救う、という使命がありました。確かに、私の服も髪も汚れていますが、私はこれでよいのです。私はこの世界が好きです。ですから、世界が元の美しい形に戻った、それがとても嬉しいのです。それが私のお陰なら尚更です」
少女が微笑むと、穴の中から一人の青年が現れた。
「そうか……」
青年は、少女に手を差し伸べた。
「君が死んだことによって、世界は元の美しい形に戻った。それは君が悪魔だったからかもしれない。けれど、君のお陰で救われた人々もたくさんいる。だから君は天使なのかもしれない。否、人間とはどちらでもある存在だ。自分の幸福の為ならば、いとも簡単に他人の幸福を奪う。愚かな生き物だ。それでも、君は……」
青年の言葉を聞いて、少女は笑った。
そして、小さな声で何かを呟いた。
こうして、世界に空いた大きな穴は、一人の少女によって消えた


少女のことは、その世界では、こう語り継がれていた。

『少女が死んだ瞬間、世界が輝きだした。
それは、彼女こそがあの闇を作り出した「悪魔」だったからではないのか。
悪魔は人々に希望をもたせ、最終的には絶望させていく。
天使の化けの皮をかぶった悪魔に気をつけろ』

人間は、今の幸福を自分達で勝ち取ったと思い込んだ。
不幸だったのは我々だ、と。
全て少女が悪かった。
そう思うことで、自分達の存在を肯定している。

幸福には、犠牲ーsacrificeーというスパイスが必要である。

これが、少女が完全なる光となる前に呟いた言葉である。



評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ