挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。
この作品には 〔残酷描写〕 が含まれています。

童話シリーズ

独りぼっちのお人形さん

作者:魔桜

 森の奥のそのまた奥に、小さな小屋が建っていました。
 小屋には、お人形さんが住んでいました。
 それはそれは綺麗な女の子のお人形さんでした。
 でも、彼女には心がありませんでした。
 彼女を造ってくれた人は、もういません。
 だから、心とはどういうものなのか。
 一体どういうものなのか、お人形さんには分かりませんでした。

 そんなある日。
 一人の男の狩人さんが、森で血まみれになって倒れていました。
 驚いたお人形さんは、自分の小屋にまで連れて帰ると狩人さんを介抱をしてあげました。

 やがて、狩人さんが目を覚ますと何度も何度もお礼を言ってくれました。お人形さんが人間ではないということには、気がつかなかったようです。

 お人形さんは、自分の正体を隠しました。
 造ってくれた人がこの小屋にいた時に、忠告してくれていたのです。
 必ず、自分の正体は隠せと。
 そうしなければ、お前は何をされるか分からないと。

 だから、お人形さんは、自分が人形であるということを隠したまま、狩人さんの手当てを続けました。
 傷ついた狩人さんの傷は思いの外深く、傷が治るまで一緒に生活することになりました。

 そうして、二人で一緒の生活をしばらく続けていると、お人形さんは思いました。
 なんだか心が羽のように軽くて、楽しいと。
 そう考えていることに気づくと、驚きました。
 心がなかったはずのお人形さんに、いつの間にか心が宿っていたからです。
 もしかしたら、お人形さんにも元々心があったのかも知れません。
 だけど、造られてからほとんどずっと孤独に生きてきたお人形さんは、心のあるかないかを確かめることすらできなかったのです。
 周りに誰もいなかったから。
 心が動くようなことが何一つなかったから。
 そうです。
 誰かと一緒に生活することによって、ようやくお人形さんにも心が芽生えたのです。
 独りぼっちじゃなくなったから、感情が生まれたのです。

 嬉しくて、嬉しくて、お人形さんは狩人さんに話してしまいました。
 自分が、人形であるということを。
 いつも通りに接してくれると思っていました。

 だけど、狩人さんはお人形さんをバケモノ扱いしました。

 持っていた銃で、お人形さんの顔を破壊してしまいました。あんなに可愛かったお人形さんの顔は壊れてしまいました。
 ですが、お人形は狩人さんを恨みません。
 それどころか、どうしてこんなことをするのかと狩人さんに訊きました。
 ただ理由を知りたかったのです。

 傷ついても平気で動くお人形さんを見て、怖くなった狩人さんは一目散に逃げていきました。
 お人形さんは、狩人さんを追いかけました。
 どうして追いかけたのか分かりません。
 また拒絶されることは分かりきっているのに。
 それでも、追いかけなくてはならないような気がしました。
 胸の辺りがポッカリと空いているような気がしました。
 こんな感情は初めてでした。
 苦しくて、苦しくて。
 こんなことなら、心なんていらないと思いました。

 そうして、お人形さんが狩人さんに追いつくと、熊に襲われているところでした。
 熊には古傷があって、狩人さんが話していた、狩人さんを傷つけた相手だということをすぐに悟りました。
 狩人さんは熊に追い詰められ、また怪我をしそうでした。
 助けるべきです。
 でも、何故かお人形さんの体は動きません。
 動いてくれません。
 どうしても、何かがお人形さんの動きを邪魔します。

 そして、熊の爪が狩人さんの身を引き裂こうとした瞬間。

 何故か、お人形さんの体は勝手に動きました。

 その身を挺して、狩人さんの盾になりました。
 呆然とする狩人さんでしたが、はっとなると銃を持ち直して熊を射殺しました。
 狩人さんは、バラバラの体になってしまったお人形さんに駆け寄ります。
 ごめんなさい、ごめんなさいと、狩人さんは謝ります。
 ですが、もうお人形さんには声は届きません。
 ですが、もうお人形さんが声を発することはありません。

 それから、心のあるお人形さんが動くことはありませんでした。
 

童話初挑戦なので、
これが童話になっているのか良く分かりませんが、
一生懸命執筆しました。
ということで、勘弁してください汗

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ