挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。
この連載小説は未完結のまま約1年以上の間、更新されていません。
今後、次話投稿されない可能性が高いです。予めご了承下さい。

霊感少女と十六歳の思い出

生死の境を彷徨ったことが原因で、霊感を身に着けた少女。
生き返らせてもらう条件に、三途の川で出会った鬼と結んだ契約は、
十六歳の誕生日から、一年の間に、とある一人の少女の幽霊を無事に成仏させてあげることだった。
 家族や、先生、同じく霊感体質をもつ人々、そして幽霊との関わりの中で、少女は段々、失っていた心を取り戻す。
小学生編
友達は、いなくてもいい
2015/06/28 18:17
失った平凡と、手に入れた特異体質
2015/06/28 18:19
過ち、そして耐性
2015/06/28 18:21
慰霊碑の怨念―Ⅰ―
2015/06/28 18:23
慰霊碑の怨念―Ⅱ―
2015/06/28 18:25
一番恐いのは、幽霊じゃない
2015/06/28 18:31
中学生編
式神少年との出会い
2015/06/28 18:34
白蛇池伝説ーⅠ―
2015/06/28 18:36
白蛇池伝説―Ⅱ―
2015/06/28 18:38
輝の式神と美少年
2015/06/30 00:11
白蛇池探索Ⅰ
2015/07/01 23:19
白蛇池探索Ⅱ―ヒカル―
2015/07/03 00:24
輝の夢
2015/07/22 00:00
完ぺきな美少年
2015/08/22 01:12
告白-Ⅰ-
2015/09/04 22:17
ひかるの告白―Ⅱ―
2015/09/06 10:11
大事な友達
2016/06/28 12:31
白蛇、再び
2016/07/13 16:01
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ