挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

トッププレイヤーを目指していたけど、あきらめてNPC達を口説いてみたら、ことごとく失敗。やけになってプレイ動画流したら、結構人気でたよ。

作者:青空 想太
感想書いていて思い付いた。なんかごめん。
【引きニート】金太の182回目のプロポーズを成功させる【不可能?】

1:金太の応援団
まずは何故、金太が商人を選んだかが問題だな……

2:金太の応援団
そのことについては語り尽くしただろ?

3:金太の応援団
せめて戦士系なら喋らなくても「俺についてこい!」できたのに……

4:金太の応援団
金の無い商人はただのブタだ

5:金太の応援団
で、金太少しは喋れるようになったの?

6:金太の先生
三文字なら20秒かけて言えるようになりましたよ。金太君はやれば出来る子です。

7:金太の応援団
三文字20秒www

8:金太の応援団長
>>7 クズが 下手な優越感に浸りたいなら他所でやれ

金太は確実に成長している。行動力もあるのだ!

9:金太の応援団
確かに行動力はメジャー級!!

10:金太の応援団
裸で土下座プロポーズは全俺が泣いた

11:金太の応援団
火の輪潜れず、焼かれながらのプロポーズは伝説です

12:金太の応援団
つり橋効果を狙った、つり橋から逆バンジーでドキドキプロポーズは神

13:金太の応援団
ああ、あれな。あれで初めて人形姫の声が聞けたんだよな。

14:金太の応援団
>>13 悲鳴だけどね

15:金太の応援団
団長!大変です!金太が魔王が女だと知って魔王城目指して支度しています!

16:金太の応援団長
>>15 なにぃぃ!!

総員配置につけ!金太の安全ルートを確保しろ!

17:金太の応援団
金太、迷いの森ルートを選択するようです!

18:金太の応援団
迷いの森!?アイツ死ぬ気か?

19:金太の応援団
いや、金太のことだ。迷いの森に住む伝説の精霊狙いだろう。

20:金太の応援団
迷いの森の精霊?確かレベル65オーバーのミッションだろ?レベル3商人の金太なんて瞬コロだぞ!

21:金太の応援団長
それでもやるのが我らが金太。また伝説の扉が開かれる……


 その頃、金太は「人間の女の子は無理でも、精霊や魔王なら念話もあるだろうし……いけるかも?」といった妄想を原動力に街を出ていた。

 これは引きニートの金太と金太を応援する人達が紡ぐ物語

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ