挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
洒落にならないモノを失ったが、最強メイドは手に入ったからまあいいか 作者:リヒト

平凡を終えて、異世界へ

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

1/134

最強メイドと歩む者

 荒れ果てた大地を歩いていく……目の前の古城には、きっと魔王がいる。全く……本当にただのオタク寄りの俺には肉体的にも、精神的にも辛いものがあった。

「レイジ様、古城から矢の雨が来ます。防ぎましょうか?」

「いいや、道中の露払いは俺に任せろ。最強のお前は、出せる全てを温存しておいてくれ」

 隣に立つメイドが告げた通りに、千を超える矢の雨が迫ってくる。慌てる必要も無い……橙の炎の文様が描かれた鎧の右腕を振るえば、炎の壁が現れ正面の矢を防いでいく。
 俺はこの世界では強いとは言い切れない。なんだったら大事な勝負なのに勝った戦いより負けた勝負の方が多かった……あれ?勝った事あったけ?無いかも……無いなぁ。

「レイジ様、落ち込まないでください。第二陣来ます」

 黄緑の風の文様が描かれる鎧の右足を振るい、吹き荒れる風が矢を吹き荒れる。荒ぶる風が矢の雨を叩き落していき、俺達の道を作りあげる。
 これなら、左の2つはまだまだ使わなくても良さそうだな。俺の体は無制限に戦えるわけじゃない。俺自身も、なるべく温存していきたい。

「やれやれ……矢が駄目なら、雑魚で足止めか?余程余裕が無いんだな」

 前言撤回しなきゃな……左を使おう。
 迫り来る雑魚の大軍を確認し、青き水の流れが表現された鎧の左腕を地面につける。水がじんわりと溢れ出し、迫り来る大群の足元のみを濡らしていく。水は溜まり、平地だというのに大群の膝下辺りを濡らしていく。こちらの足元は一切濡れていない。

「結局、4つ使われてしまいましたね?」

「問題ないさ。炎、水、風、そして雷。この世界の基本だろ」

 仕上げに黄色い雷の文様の走る左足で水溜まりの端に、爪先を付ける。水を電流が走り出し、迫り来る大群に雷が牙を剥く。焦げ臭い香りが、辺りへと広がっていく。
 昔はこんな雑魚に殺されかけたのか……懐かしいな。

「さあ……行こうか!!」

 こんな事になっているが、俺は地球の人間だった。始まりは数年前、俺が地球に居た頃に遡る。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ