挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
金色の眸に映る世界 作者:秋保千代子
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

4/27

一日目(4) 逃げられない娘

 ここは西寧の街だ、と告げられてもピンとこなかった。
 川の流れに沿って、山を下り、森を抜け、平原を横切った結果辿り着いたのが此処ここだったというだけだから。
 窓から見下ろす瓦屋根の街並みの向こう、群青の景色が海なのだと言われてようやく、生まれ育った山から離れた遠い地に来たのだと感じて、身震いした。

 海はすべてが水なのだ、遥か先――見えなくなった向こうへもまだまだ続くのだと聞かされて、怖いとしか感じない。
 きっと、青い色も駄目なのだ。
 あの青年の眸を思い出させるから。


 首を振ると、髪が揺れた。
 その髪は、今まで生きてきた中で一番綺麗だ。起きるなり浴場に連れ込まれて、体中を洗われたからだ。
 生まれて初めて使った石鹸は、しつこい汚れをさっぱりと落としてしまった。その後は、至るところに花の香りの油を擦り込まれた。
 結果、髪も肌も滑らかに輝き、自分の体ではないようで。
 纏わされた光沢を帯びた衣もまた、馴染まなくて。
 今居る、かつての我が家の部屋よりもずっと広い部屋も、落ち着かない。頑丈な造りの椅子や寝台も、飾られた壺や花も、目に痛い。

 なにもかもがしっくりこない。
 息が詰まる。

 窓際の椅子に腰かけたまま視線を動かすと、部屋の反対側に澄まし顔の女官がアオザイの裾を揺らして立っていた。

「わたし、いつまでここに居れば……?」
 問うと、彼女は紅を塗った唇の端を吊り上げた。
「城主様がいらっしゃるまで。私たちはあなたを外に出すなと言われておりますから」

 ふくよかな顔立ちの彼女は、こちらを頭のてっぺんからつま先まで舐めるように見遣ってきた。

「どうしてまた、城主様もこんな娘に。傷のない素肌と言えば聞こえはいいけれど、魔力を宿すための刺青を入れられない、位の低い家の小娘だということでしょう?」

 唐突に向けられた冷たい空気に、椅子に掛けたまま、両手で体を抱く。

「ただ『鍵』を持っていた、というだけなのに。どうして……」
 女官の眸は冷えていくばかりだ。
「いいことを教えてあげましょうか。全く夫人を迎えようとしない城主――桂雅けいが様ですから。この城にいる若い娘みな、玉の輿を狙っていると言って差し支えないんですからね」
「城主?」

 それはあの青年のことだろうか。名前にはどこか聞き覚えがある、と首を捻っている間にも、相手の言葉は途切れることなく流れていく。

「私たちの気持ちを分かっておいでだからか、商売女を相手にされることをはあっても、城にいる娘をどうにしようなんてされなかった。それが、いきなり現れた小娘に《《おいしいところ》》を持っていかれて、気持ちのいいわけがありますか」

 最後、女官は大きな溜め息を吐いた。

「本当に、瘦せっぽちの、何の力もない娘なのに」

 それきり、彼女は口を噤んだ。
 何も、言えない。動けない。


 陽が沈んでも続いた気まずい空気を動かしたのは、他ならぬあの青年だった。
 やってくるなり手を振られ、女官は眉尻を下げてから、ゆっくり腰を折り、出て行った。
 広い部屋の中に、青年と取り残される。高価な衣裳いしょうを纏い瀟洒しょうしゃな眼帯を身に付けた、傷ひとつない掌の彼はまっすぐに歩み寄ってきて、また顎を掴んできた。
 視線が絡む。

「磨けばそこそこになったではないか」

 深い海の色の中に自分が映ったのを認めて、かち、とまた奥歯が鳴らす。

「私が、怖いか」

 がくがく、と首を振る。
 それを抑えるように顎に触れる指先がきつくなる。
 すっと顔に影がかかり、唇に生温い感触が触れた。

 歯を立てる。腕を突き出す。

 ガタン、と椅子が引っくり返った。
 床に転がり落ちて、這いつくばって進んで、壁にぶつかって止まった。
 大きく目を開けて、振り向く。

「成程」

 青年は先ほどの処に立ったまま。口元にすうっと赤い筋が流れていくのが見えた。

「屈強な兵士の追跡からも逃げて来たとうだけあったな。この、お転婆が」

 眼帯に隠されていない方の眸を細めて、頬を緩ませた彼は、窓枠にもたれかかり腕を組んだ。視線はまだ真っすぐに向けられたまま。

「名は?」
 問われ、瞬いて。首を振った。
「答えられぬ、と」
「名は…… あったわ。もう誰も呼ばないだけで」

 父も母も兄妹も、近所のうるさいおばさんも、いつも笑っていたおじいさんも、淡い恋心を抱いていた男の子も、みんな殺されたのだ、と告げたら。あの眸はどう動くのだろう。
 そう思ったが、もう一度首を振った。

「私には呼ばせられぬ、と」
「……何者か分からない相手に名を呼ばせるな、と言うでしょう?」
「成程、一理ある」

 床を軋ませて、彼は大股で近寄ってきた。
 遠ざかるように、ずりずりと、壁を背に動く。そしてその背がまた、柔らかいものに触れた。
 振り返れば、真っ白な敷布の寝台。
 息を呑んでいる間に彼はもう目の前に居た。
 すっと腰を落として、視線を合わせて。

れい桂雅けいがだ」

 彼は名乗り、続けた。

「この国の王にならんとする一人」

 片側しか見えない眸を見つめながら、ああ、と呟く。

「王族の一人」

 だから名を聞いたことがあったのだ。

――比陽ひようが逃げているといった相手の一人だ。

 自分を巻き込んで逃げ出して、そのままはぐれてしまった人が恐れていた一人だと思い到って、また体を揺らす。

「王族なのに、金色の眸じゃないの?」

 問うと、彼は僅かに眉を寄せ。

「おまえに名をやろう」

 また笑い直した。

りん、だ」

 艶やかな声が響く。

い名だろう?」

 ぞくりと、背筋を何かが這い上がっていく。
 ぐいっと腕を掴まれて、引き上げられて、放り出された。
 柔らかな綿の上に落ちる。顔のすぐ横に手を置かれて、身を竦めた。
 音を奏でる絹から覗く、引き締まった腕。覆い被さってくる、広い肩。

「やだ……」

 もう一度首を振ると、また顎を抑えられた。

「おまえはい母となる」

 深い海の色の眸が笑む。ぎり、と胸の奥が痛む。

「我が子を産め。次に王となる子を」


 崩されていく。溶かされる。泣いても喚いても、手は離されない。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ