挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
金色の眸に映る世界 作者:秋保千代子
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

27/27

その後

奏牙そうが

 片方しかない腕で曾祖父は手招いてきた。

「出かけたい」
「そうだね。建国祭だもんね」


 出かけると告げると、台所に立った母は背中を向けたまま返事をしてきた。
 一張羅のまま駆け回る弟や妹たちの間を縫って門まで出て、杖と片方しかない脚で立つ老体と並ぶ。それから歩き出す。

 王城がそびえる丘の天辺に向かう途中にあるこの家だから、市街に出るには坂を下るしかない。その坂を曽祖父は杖と片足だけで危なげなく下っていった。

 街の家々の門前は花と薬玉で飾り立てられ、道行く人々の衣裳もとびっきりの艶やかさを誇っている。
 今年はもともとの住人達だけでなく、川の上流や海の向こうから見物に来た人も多いようだ。絹の衣裳も綿や麻のそれも一緒になって風にたなびく。


「じい様、どこから行きたい?」
 喧騒の中、声を張り上げて問うと、彼は低い声で応じてくれた。
「そりゃあ、鮮血王様の墓前からに決まってるだろうが」

「そうだよね。何を用意しようか」
「心ひとつあればいいさ」

 曾祖父は笑い、十何年も通っているのだろう道を真っすぐに進んでいく。
 道の先には王家の菩提寺。花束を抱えた人々が吸い込まれ、手ぶらの人たちが押し出されてきて、今、西寧の都で一番賑わっている。

「毎年毎年すごい人だな」
「仕方ないじゃん。建国祭って、ようは鮮血王様の勝利を祝うお祭りなんでしょ?」

 したり顔で言うと、祖父は肩を竦めた。
「あいつがコレを喜ぶとは思えんがね」
 この曾祖父の言う『あいつ』が過去の王本人を指すのだと――奏牙が生まれる前に身罷った先々代の王を言っているのだと知った時、彼は驚くことしかできなかった。



 湖南王国の先々代の王は、俗に『鮮血王』と呼ばれている。
 内乱を収めて王位についた彼は、戦中敵軍を皆殺しにした、投降してきた将を晒し首にしたという話を初め、即位後も反対勢力を粛清した、賊に責め苦を負わせ続けたなど、何かと血の匂いが絶えないのだ。
 旧来の身分を排し、この国の繁栄の礎を築いた功績が評価される一方で、何かと恐れられ嫌われていると云って良い。

 一方で、連れ合いの王妃は関わる人を和ませ、笑顔を与えてきた。正確な名も記されていない彼女は、その懐深さ故、死してなお敬られている。

 正反対に評される二人だが、仲睦まじく、その墓は並んで建てられた。

 その二人の墓には今もなお、追悼の花が飾られ続けている。



 追悼の花が一番積み上がるのが今日だ。色とりどりの香りに目が回る。
「手ぶらでよかっただろう?」
「そうかもね」

 花だらけの祭壇に手だけ合わせて、祖父と二人、郊外の丘の上へ。


 街の側を流れる川を見下ろすそこに、ただ通るだけでは気付きようもない、知っている人でないと分からない墓があるのだと、奏牙は知っている。
 そこにも祖父は残った手を立てて目を閉じるだけだ。

 風が月桃の葉を揺らし、池の蓮の花が反対側に流されて行ってようやく立ち上がるほどの、長い時間祈っていたけれど。


「じゃあ、最後に羅英らえいのところに行くかねえ」

 頷き、並んで歩き出す。市街と丘に向かう道すがらにある寺院で眠っている人だから、行きに寄っても良かったんじゃないかと思いながら。

「なんで羅英小父さんはそこのお寺に弔ったの?」
「先に玉英ぎょくえいの墓をそこに作っちまったからだよ」
「小父さん、弟と一緒になりたかったんだ……」
「結局、あいつは嫁を貰うんじゃなくて、医者としての研究で一生を終わらせちまったな」
「そんなに医学を研究してたんだったら、じい様の足と腕も生やしといてくれたら良かったのに」
「これはこれでいいんだよ」

 皺だらけの顔をくしゃくしゃにして、曾祖父は笑った。


 笑って墓を掃除して、通りに戻ると、そこには一等華やかな行列が通っていた。

 年に一度しか拝めない、国王陛下の行列だ。
 沿道の人々が振る花笠、揺らされる幟、その一つ一つに中央の輿に乗った人は碧い眸を煌めかせている。賢王と名高い先代の王の後を継ぎ、ますますこの国を盛り上げていくのだろう眸。それを見上げて、祖父はまた笑んだ。
 嬉しそうだ。
 奏牙もまた、その眉目秀麗という言葉がふさわしい顔立ちを見上げ、笑った。

「じい様はなんで笑ってるの」
「うるせえよ」
「うるさくないよ。建国祭の夜にお酒を呑んでずっと喋っているじい様より、余程静かだよ?」
「……屁理屈こねやがって、かわいくねえ」

 溜め息を吐いて踵を返した背中を追いかける。

「母さんが御馳走を作って待ってる」
「毎年有難いな」
「沢山食べて、沢山吞んで、沢山喋ってね」
「今更、何をだよ」

 喉を鳴らす曾祖父は、雨上がりの濡れた葉の色をした眸に柔らかい光を宿している。

「今夜は桂雅様のことを聴かせてよ」

 言うと、その光はもっと和いで、澄んだ空と鮮やかな街を映しとった。



(了)

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

虫かぶり姫

 麗しの王子、クリストファー殿下の婚約者として過ごしてきた侯爵令嬢、エリアーナ・ベルンシュタイン。本好きが高じて彼女につけられたあだ名は、本の虫ならぬ「虫かぶり//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全36部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/06/05 04:39
指輪の選んだ婚約者

見た目と中身の一致しない美貌の騎士様と、刺繍に没頭していたい淡々としたお嬢様の、のんびりほのぼのした契約的婚約ライフのお話。 ※本編完結。 ※一迅社文庫アイリス//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全55部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/05/03 11:58
巫女姫に捧げる銀の花

稀代の魔術師ウルリーケは若干八歳にして強大な軍事大国に滅ぼされそうになった国を救った。その代償に彼女が失ったのは成長と寿命。懸命に生きようとする少女とそんな彼女//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全35部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2016/03/31 00:00
おとなな少女と子供な男

格上の侯爵位からの見合いの申し入れ。相手の年齢は28、立派な婚姻遅れだ。うまくいくとも思えない見合いだが、別にどうなろうと男爵位であるレイスは受け入れるつもりで//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 完結済(全5部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2012/10/18 17:00
ささやかな理想と結婚

今宵開かれた舞踏会で目にしたのは、婚約者になる予定の彼と愛人の熱い抱擁の場面だった。慎ましやかな結婚生活、好きな本に囲まれて過ごしたいというささやかな理想には、//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 完結済(全5部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2015/10/16 09:43
美しきものとは

幼い頃に交わした婚約。 令嬢はひと目で恋に落ちた。それが、脆く簡単に潰える婚約だと知った時には好きになりすぎていた。 婚約破棄された令嬢、破棄をした側の子息、そ//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全16部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2016/05/19 00:00
忘れられない嘘吐きの話

少女は本当のことを言えないがために嘘を吐き、青年はその嘘を許さず彼女に偽りを押し付ける。 そして少女は失われ、残されたのは――。

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全15部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2012/11/01 22:34
武姫の後宮物語

ヘレナ・レイルノート侯爵令嬢は二十八歳にして、ガングレイヴ帝国八大将軍が一人『赤虎将』の副官である武人である。 そんな彼女に、ある日即位したばかりの皇帝の抱える//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全266部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/10/22 12:00
運命の赤い糸を、繋ぐ。

*2017.11.02 アイリスNEOさんにて『あやかし恋愛奇譚 運命の赤い糸を、繋ぐ。』として書籍化予定。 環には運命の赤い糸が視える。その力のおかげで、恋//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全89部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/10/02 20:13
抜けない棘を胸に抱き

消えない傷をつくった責任を取るという形でウィルドとリンは結婚した。それから二年たったが夫はいつだって優しく、度が過ぎるほどに甘い。この優しさが傷を作った罪悪感か//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全3部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2016/01/24 10:00
異世界トリップしたその場で食べられちゃいました

【株式会社KADOKAWA ビーズログ文庫様にて9月15日に書籍化します】 水上 桜、二十歳。このたび、異世界トリップいたしました! けど、トリップ先がベッド//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全127部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/09/30 20:06
蟲狩り少女と赤い英雄

村では最強の牙だったインユェ。しかし理不尽な選定のため、長の娘の代わりに後宮に宮人として入れられることに。后妃に仕えていないただの宮人にはお手当てが出ない! 空//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全71部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2016/12/16 17:00
月の雫は永遠に……

【本編完結済み】復讐を誓い男装騎士となったアレクは、自身に重大な秘密が隠されているとも知らずに、危険を顧みずに我が道を突き進む。事情を知るレイジェルは、彼女に恨//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全108部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2015/09/30 17:17
出来過ぎた婚約者

エルザの紳士な婚約者は、存外素直な人だった。 社交的で言葉を選ぶことはするけれど、楽しいと笑い、悲しいと落ち込み、怒ると拗ねたように唇を尖らせる。 そして、嬉し//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全10部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2016/12/01 00:00
恋をしたら死ぬとか、つらたんです

自称『普通の女の子』であるクレイジーサイコビッチ・藤井ヒナが、未来からやってきた社員シュルツに頼まれて、発売前のVR乙女ゲームのモニターのお仕事をする穏やかなお//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全103部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2014/09/06 22:40
量産型聖女

ナツが知らない世界へ聖女として呼ばれてから、一年が過ぎた。しかしある日、新しい聖女が召喚されて見事お役御免に。ならば元の世界に戻ろうと奮闘するが、ナツの護衛であ//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全59部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2013/10/14 19:52
狼領主のお嬢様

自らの贅沢の為に、悪逆の限りを尽くした前領主一家。その一人娘だった私は、使用人であり恋人の彼が、領主の尻尾を掴もうと潜り込んでいた間者だと知った。 そして、領民//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全25部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/09/12 17:29
【改稿版】 運命の改変、承ります ~呪われた英雄の花嫁探し~

 凶悪な魔術師を倒した聖騎士は、最後に不死の呪いをかけられ、呪われた英雄と呼ばれるようになった。彼は呪いを変えることができる魔女のもとへ訪れる。魔女はいう。「呪//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全74部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2015/11/24 22:09
望まない結婚

 ルージマナリア王国の第三女として生を受けたローデリアは、母親の身分の低さを理由にお世辞にも贅沢とはいえない生活を強いられてきた。そんな彼女はある日突然、侯爵子//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 完結済(全21部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2015/11/04 16:00
払暁

「賭けでもするか?」 戦場にてうっかり言った言葉を本気にされてしまった。 騎士と男装魔術師の、双方の思いがすれ違う。試練と葛藤の話。

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全64部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2016/07/17 12:16
セントリーズの悲恋

3百年前に滅亡した、セントリーズ王国最後の王女だった記憶があるアンナは、ある日、人伝に噂を聞く。それは、かつて婚約を結んでいた王子が、王女の生まれ変わりを捜して//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全41部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/01/14 22:00
これも愛あれもたぶん

他人の感情が感じられる変わった感覚をもつものの、それ以外はいたって平凡な少女が、ひょんなことで王子様に見初められ王宮にお持ち帰りされる。王様一家の騒動に巻き込ま//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全23部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2012/11/25 15:00
魔法使いの婚約者

剣と魔法の世界に転生したこの私。復活した魔王、聖剣に選ばれた勇者―――――そんな王道ファンタジーが繰り広げられる中で、与えられたポジションは魔法使いの婚約者。(//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全41部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/10/13 08:55
もう、いいでしょう。

 周囲から虐げられてきた皇女が、幼馴染であり、婚約者でもある騎士に『惚れた女に子供が出来たから、お前から婚約破棄を申し出てくれ!』と暴言を吐かれて、国を捨てる覚//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全15部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/09/08 23:00
失くした記憶と愛の紋章

 見習い魔法使いロゼッタは森で怪我をし倒れたいた青年を助ける。魔法使いにとって特別な『契約の紋章』を持つその青年はなんと記憶喪失だった!  命の恩人であるロゼッ//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全26部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2016/12/29 09:15
不機嫌な乙女と王都の騎士

パレットは港町アカレアの領主館で働く文官だ。ある日パレットが領主様に呼ばれると、待っていたのは見目麗しい王都の騎士様。この騎士様の頼みで、危険な森への案内役に抜//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全86部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2016/11/23 17:00
惚れ薬は切れない

【本編完結済】 魔法士を目指すシフォンは、魔法学校で勉強中。負けず嫌いの努力家なシフォンだが、魔法薬学だけは超がつくほど苦手だった。  そんなある日、シフォンは//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全10部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2015/11/16 08:53
次の千世こそ君と二人で

 最期に後悔したのは先立つ親不孝と、彼の名前を呼べなかったこと。今世で彼を見てそして前世を思い出した。前世での想い人であり友人だった彼は、今世では龍だった。彼の//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全3部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/05/03 02:28
道果ての向こうの光

馬車に撥ねられ死んだはずのユーナは、気付けば真っ白な世界にいた。 そこで出会った天使アンジェリカは唐突に告げる。「聖女シェリアスティーナの身体に入り、少しの間暮//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全87部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2015/10/18 13:41
転生魔女と、魔女狩りの騎士

「それできみは、オレ以外の誰がお気に入りなの?」 絶対めげない強メンタルを誇る魔女ビビと騎士エリオの、転生ラブコメです。

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全17部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2015/11/03 21:00
第三王子は発光ブツにつき、直視注意!

相手のオーラが見える貧乏伯爵令嬢のリナは、ある日王宮に行くことになる。そこで出会ったのは、あまりにも眩しすぎるオーラを持った第三王子のジルベルトだった。直視でき//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全54部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/08/21 12:00
お見合いはご遠慮します

行き遅れになりたい女官のサリカは、言葉が話せない王子を猫かわいがりして暮らしていた。そんな彼女に王宮の女官長が執拗にお見合いを勧めてくる。しかしある能力を持って//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全84部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2016/04/22 12:00
伯爵令嬢の婚約状況

わたしには親の決めた婚約者がいる。公爵家の嫡男であるその婚約者は、非常に女性に人気があるらしい。そしてわたしは社交界デビュー早々、彼に愛人候補がいるということを//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全46部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2016/08/17 23:00
さよならイエロー

幼馴染の婚約者が竜殺しの英雄になった。 よくわからんが、給料上がったら生活が楽になるねと喜んだ矢先、貴族のお嬢様との結婚が決まったってどーゆーことだ。 恐れ多く//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全13部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2015/11/23 15:50
十六の春

「終わりにしようか」 好きで好きで大好きで、その気持ちだけで、押しかけ女房をして十年。今も大好きな変わり者の魔法使いは、枯れた花を処分するような軽さで別れを告げ//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全14部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/03/13 20:00
謙虚、堅実をモットーに生きております!

小学校お受験を控えたある日の事。私はここが前世に愛読していた少女マンガ『君は僕のdolce』の世界で、私はその中の登場人物になっている事に気が付いた。 私に割り//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全299部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/10/20 18:39
↑ページトップへ