挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
金色の眸に映る世界 作者:秋保千代子
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

21/27

七日目(4) 泳ぎ始める娘

「泳げると思わなかった」

 岸に上がって、息を整えて、最初に言われた一言に、たまらず吹き出す。

「王宮で育った人間が、川に潜る必要などないだから仕方ないだろう?」
 睨まれる。
 金色と深い海の色で一対をなす眸は、この七日間で見た中で一番不機嫌そうだ。

「不思議。慌てることがあったのね、あなたにも」

 りんが服の裾をぎゅっと絞りながら喋っている間、桂雅けいがは胡坐をかいて、髪からも衣からも水を滴らせ続けている。

「本当はね、脱いで着替えるのが一番だけど」
「それが叶わないことは分かる」

 傍に膝をついて、裂けた袖を絞る。
 ひた、ひた、と土に水が染みていくのに合わせて、肌に当たる風が冷たくなっていく。

「早く逃げなきゃ」
「そうだな」

 川幅はそんなに広くない、流れもさほど早くない。だが、月と星が照らす石塔はそれなりに遠くに見えた。

「追いかけて来ていないかしら?」
「どうだろうな。今のところ、気配はないが」
「ちなみに、あなたはどうやってここまで?」
「術で飛んできたが――先ほど叔父が言っていたが、同じ技で帰ることができないよう結界を張られているようだ。この外まで別の方法で行くしかない」
「歩けってことね」

 しずくが零れなくなってようやく、立ち上がる。
 ふと、背中から抱きしめられた。

「……何?」
「いいや――温かいな」
「うん」

 そうだ、と唇を噛む。
 比陽ひようの首は石のようだった。

「生きているから、温かい」

 返事はなく、ただ、絡みつく腕に力が入った。
 じわり、体の芯から熱が沸く。


 その腕が離れ、また羊歯を踏んで歩きだす。
 桂雅は、歩くことも下手だった。

「どうしてそこで根につまづいちゃうの!?」
「この夜の中で見えるわけがなかろう!」
「影が移っているでしょう!?」

 そもそも、足元を見て歩くという考えがないらしい、と三度目の転倒でようやく思い至った。


「切った」
 と唸る声を聞いて、屈み込んだままの顔を覗きこむ。頬にすっと赤い一筋。

「木の枝かしら?」
「知らん」

 不機嫌だ、とまた吹き出す。
 案外、人間臭い。
 もういっそお腹の皮がよじれるほど笑ってしまおうか、と思ったところに。

「おまえも存外失礼な娘だな」

 この一言で耐えきれなくなった。
 笑う。
 声を立てて、眼の端が潤むまで。

「あなたに言われたくない。散々酷いことをしてきたくせに」
「そうだな」

 あっさり頷かれて、ようやく笑いを止められた。

「酷いことをしたと、思っているの?」

 一度、唇を噛んでから、桂雅は息を長く吐いた。

「比陽を結局死なせてしまったな。生かしてやりたいと思ったから、傀儡かいらいにしたはずなのに」

 くくく、と喉が鳴る。

「死なせたと言えば――海啓かいけい伯父と率いられていた軍は皆、死なせてしまったな。少し脅せば軍を退いてくれるかと思って、一人で交渉に行ったら、あのざまだ」
「どんな有様?」
「珍しいことではないだろう、と今では分かる。前触れなしに、本陣の真ん中に乗り込んだ。そうして攻撃されたのを防いだら、戦うものと見做された。止まれなくなった、倒れるまで」

 太い樹の根元に座り込んだまま、彼は片手て左目を隠した。
 金色が見えなくなる。

「やっぱり、王族なのね」
「どういう点がだ」
「人を平気で傷つけられる」
「その言い草は、比陽の論理ではないか」
「だって、それしか知らなかったもの」
「そうだな」

 ふっと彼の唇が綻ぶ。

「でも、あなたも、あの征雲せいうんという人にも逢ってしまったけど」
「どちらも酷い男だと云うか」
「そうね。どっちも酷いわ。あなたはわたしを散々な目に合わせて。あっちは、人質をとって、誰かに嫌なことを遣らせようとしているの」
「ああ…… そうだったな」
「酷いことをしていると思ってる?」

 彼は俯いてしまった。

「俺は――焦っているのか」
「そうなの?」
「早く、恵まれた未来が見たい、と」

 すっと真っすぐに見つめられる。伸ばされた左手が頬を包んできた。

「おまえが母になれ。この国をより大きくする賢王の母に」
「その人も金色の眸を持っているの?」

 首を縦に振られて、凜は傾げた。

「その金色の眸に映る世界を作りたいの?」

 もう一度首を振られる。

「返り血を浴び続けた俺が、慈悲深い王になどなれるはずがないだろう。だが、信じたい。今まで見た占の中で唯一、そう願うものだ」

 反対の手が凜の手を握る。
 柔らかく、唇が重なった。

「子を産め。その子と幸せに時を過ごせ。おまえはそれだけでいい」

 それだけ、と口の中で呟いて。
 ごんと額をぶつける。

「何も知らない相手の子をのんびりと育てられるとでも?」

 すぐ目の間で、金色の眸がぐらりと揺れるのを見た。

「勝手を言わないで。わたしは、村で結婚して、そこで家族を作って、一生を終えるんだと思っていたの。今更、どうやって、家族を作れというの? 一緒に親となってくれる男はどこにいるっていうの!?」
「それは」
「そこまで考えてよ! 確実に来る未来だからって投げ出さないで! あなたも何かしてよ!」

 金色だけでなく、碧い方も揺れる。
 桂雅は黙り込んでしまった。


 鼻の先と先がくっついてしまいそうだ。二人、黙って睨み合う。


「己のことは何も見えぬのだよ」

 先に口を開いたのは桂雅のほう。

「明日如何なっているのかは勿論、遠い先は、己の死に様は何も見えぬ。知らぬ」
「見えない方が好いに決まってるじゃない」

 くすくす笑う。

「もし、村が焼き討ちに遭うんだと知っていたら、わたしも村の皆も、それまで生きていなかったかもしれないわ。不幸せになると分かっていて、そこまで呑気に笑ってなんていられない」
「良い未来が待っていると信があるのは、幸いか」

 桂雅も笑む。
 それから、また抱きしめられた。

「……なに?」
「おまえに子を身籠もらせよう。そして、その先に安寧を用意できるよう、力を尽くそう」

 ゾクリ、と背筋が震える。
 ゆっくりと桂雅は立ち上がった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ