挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
金色の眸に映る世界 作者:秋保千代子
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

12/27

四日目(2) 死にたがりの娘

 呼ぶと、川の向こう岸で母が手を振り返してくれた。
 片手で籠を抱えていて、そこからは赤い木の実が零れ落ちそうになっている。柘榴だろうか。
 そっちに行くから、と叫ぶとまた手を振られた。

 見れば、母は眉尻を下げ、目の端に滴を浮かべている。それは、ぽたりぽたりと落ちて、砂利の上に染みを作っていた。
 待ってて、と叫ぶ。すると今度は首を振られる。

「そっちに行くから!」
 袴の裾――村では一度も目にしたことのない、光沢を放つ薄い布の服――をからげ、一歩踏み出そうとして、川の水の色がおかしいと気が付いた。
 透き通った、魚の鱗や蟹の甲羅の柄まで見分けられるいつものそれではなく。黒く渦巻いて中が覗けないもの。
 瞬いて、顔を上げる。

 向こう岸の母の傍にはいつの間にか父もいた。
 つい最近、背丈が自分と並んだ弟も、よちよち歩きの弟も、その手を引いた妹も。
 隣に住んでた酒好きの小父おじさんも、いつも一言多い向かいのおばあさんも、刺繍の腕を競った友達も、他にもたくさん。

 どろり、と皆の服が溶ける。皮膚が真っ黒に煤けていく。ぼこり、と眼窩が窪む。
 急に川が真っ赤に染まった。


 叫ぶ。


 跳ね起きた。
 背中を、腹を、汗が流れていく。顎からも滴が伝わり落ちる。
 心臓が煩い。

 短い呼吸を繰り返しながら見回して、自分がいるのは大きな寝台の上で、ここが部屋の中だと知った。窓の外には糸のような月。寝台に窓際の円卓と椅子、棚の装飾は手の込んだ彫りで、自分の育った家とは間違いようがない。
 知らなかった土地、入ったことのない城。そして。
 寝台の足元側には顔を二度合わせた青年――桂雅けいがが腰掛けていた。

 そうだった、と息を吐く。
 また捕まって、比陽は別の部屋に連れて行かれた。こちらは湯を使わせてもらえて、食事も与えられたが、その後はどうなるのか。

 喉を鳴らして身を引くと、笑われた。彼の眼帯が見た目どおりの繊細な音を立てる。

「生きながら、焼かれたか。おまえの家族と、同じ村に住まっていた者たちは」
「どうして、知っているの?」
「おまえの夢を覗かせてもらった。その上で少し占ってもいるがな。……おまえしか残っていないらしい」
「そうなのね」

 やはり、皆あの炎の中にいたのか。
 偶々《たまたま》居候していたひよう陽と星を眺めに行っていたから助かっただけなのだ。

「……偶然?」
「そんなわけなかろう」

 桂雅が首を振る。

「あれが――比陽が村の外に居るのを知っていたうえで焼いたのだ。鍵を持ち逃げされて、振り回された腹いせに。もっとも、そこからさえおまえたちは逃げ出して、更に振り回すことに成功したのだから、笑い話だな」

 彼は右手を突き出してきた。掴まれて揺らされているのは『鍵』。金で作られている以外は何の変哲もない、親指ほどの大きさしかないそれ。

「比陽が大事にしていたの」
「あれは父から授かったのだろう。もしもの、保険に」
「もしもの?」

 眉を寄せる。青年も一瞬だけ同じ表情になり。

「この戦いの理由を知っているか?」
 と返してきた。それには首を振る。

「誰が王様になるか、ということ」
「端的にはな」
 は、と彼は息を吐いた。
「誰が王になれば己にとって得か――そんなことを考えている連中もいるのだよ」
「……そう」

 比陽が厭がっていた相手だ、と唇を噛む。

「あなたも、そうなの?」

 問うと、彼はゆるりと首を傾げた。

「考えたな。比陽を王にするか、征雲せいうん叔父が良いか――結局は自分でやるのが早いと思い到ったわけだが」
「どうして」
「見えた未来を確実に呼びたかった」

 彼は笑む。

「遥か先に、新しい王が立つ。彼は愛されて育ち、それが故に民を慈しむことができるだろう。その王が無事に立つ道を私が用意したい」

 真っすぐに凜の顔を見て。

「おまえがその母となればいい。子を愛し、育てる母に」
「わたしが?」

 今度は凜が首を傾げる。

「母親?」


 何事もなく村で暮らしていたら、いずれはそうだったのだろう。
 縁談を用意され、同じような境遇で育ってくるだろう男と結ばれ、子を成して。血を未来へと繋げようとしたに違いないけれど。


「もう、なれないのじゃないかしら」
「何故そう思う?」
「だって……」

 村が亡くなったから。
 それ以外にない。

「みんな死んでしまったのよ。さっきあなたが言ったんじゃない。炎に生きながら焼かれたんだって」

 不意に、ぼろり、と目の端から雫が落ちた。

「きっと、熱かったに、苦しかったに、助けてもらいたいって願っていたに違いないわ」
「それは」
「違いないじゃない。苦しくて苦しくて仕方なくて、早く解放してくれって……! いっそ一思いに殺してくれって!」

 ぼたぼたぼた、と涙を落としてから。

「そうよ。死んでいたら楽だったかもしれないのに! あなたに操まで奪われたわ!」

 叫び続ける。

「死んでいたら、何も痛くないし、怒ることも悲しむことも何もしなくて済むのに!」

 俯いて、肩で大きく息を吸う。
 そっと顔を上げると、青年の眸が見えた。


 深い、深い水の色――丘の向こうで広がる海そのものの色の眸が。


 がち、と奥歯が鳴る。
 相手は片方しか表に出ていない眸をまっすぐにぶつけてくる。
 長い指が、喉に添えられる。ゆっくりと食い込んでくる。
 息が吸えない。
 顎を上げて、唇を開いて、そろりと両手を持ち上げて、首を掴む腕に触れる。

「死にたいのだろう?」

 朗らかな声だ。瞼を持ち上げると、青年の顔が見えた。
 その赤い唇が弧を描き、静かに近寄ってくる。

 肺に空気をれていない唇を塞がれる。口腔に捻じ込まれてきたのは、温かく勝手に動くもの。それに喉を塞がれてさらに目を見開く。体を捩ったら、首の後ろも掴まれた。

 僅かに、両手の爪を立てる。
 それでようやく首から手が離れた。

 口の端から唾が流れ、肩から寝台に倒れ込む。
 滑らかな敷き布に頬を寄せて、深く息を吸いこんだ。

「そうまでして、まだ死にたいと言うか?」
「……分からない」

 目を閉じて首を振る。目尻がじわりと熱い。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ