挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
金色の眸に映る世界 作者:秋保千代子
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

1/27

一日目(1) 捕まった娘

「おまえに決めた」

 青年はそう言った。
 真っ直ぐに覗き込んでくるその顔は、眉目秀麗という言葉が相応ふさわしい。眸は、深い水の色。二つ揃えばさぞや美しかろうに、左側は瀟洒しょうしゃな眼帯で覆われていた。
 身にまとう衣もまた、細かな光を湛え、腕が揺れるのに合わせてしゃらりと鳴る、実に高価な物だ。

 対する自分はどうだろう。
 麻の衣は汗と血と泥でぐしゃぐしゃで、丹精を尽くした刺繍は見る影もない。邪魔だからと肩上で切り落としてしまった髪はぼさぼさ。掌も頬も、擦り傷と切り傷がいっぱい付いている。
 こんな姿を見つめられるのは、惨めだし、怖いし、逃げ出したくて堪らない。

 だけど、それは叶わない。
 こんな小娘に一体何の用があるというのか、両手両足には枷がめられ、自分の力で歩くことすら許されない。
 伸ばされた手ですいっと顎を持ち上げられ、彼女は青年の視線からいよいよ逃れられなくなった。
 カチカチと奥歯が鳴る。
 それすらも楽しそうに、彼は頬を綻ばせ、唇を寄せてきた。
 荒れた唇に、柔らかい熱を持ったそれが重なる。

「我が子を産め。おまえはい母となる」
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ