挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。
この作品には 〔残酷描写〕 が含まれています。

ヒガンバナ -Lycoris radiata-

作者:猫文字 隼人
少年、佐倉が転校初日指定された座席は授業中もヘッドホンを外さない女、黒木の隣。
間違いなく問題児だろうと距離を取ろうとした佐倉だったが、ひょんな事から少しずつ仲良くなっていく。

だが、そんな佐倉にクラスメイトから告げられたのは「黒木さんと関わると呪われる」という言葉。
動物を虐殺している黒木を見た生徒がいるのだという。

クラスメイトが嘘をついているのか、それとも……

黒木に連れられた彼岸花の咲き誇る丘で過去の記憶が蘇り、ついに物語は動き始める。

――世界を破滅に導く可能性「ヴォイニッチ手稿」に隠された秘密、そして人間の遺伝子に眠るカンブリアの記憶とは。


※集英社新人賞二次落ち原稿簡易改稿分
※カクヨム掲載中
※執筆二作目、オチ改訂版執筆中
第一章
01
2016/07/27 21:25
02
2016/07/27 21:27
03
2016/07/27 21:27
old memoryⅠ
2016/07/27 21:28
04
2016/07/27 21:28
05
2016/07/27 21:28
old memoryⅡ
2016/07/27 21:30
06
2016/07/27 21:30
07
2016/07/27 21:31
08
2016/07/27 21:31
09
2016/07/27 21:33
10
2016/07/27 21:34
old (lost) memory
2016/07/27 21:35
Full Moon ("amadeus")
2016/07/27 21:35
第二章
次元回廊Ⅰ
2016/07/27 21:37
Full Moon ("amadeusⅡ")
2016/07/27 21:38
11
2016/07/27 21:39
12
2016/07/27 21:39
13
2016/07/27 21:41
14
2016/07/27 21:41
15
2016/07/27 21:42
16
2016/07/27 21:42
第三章
(old / the last)memory「my darkest hour」
2016/07/27 21:43
17
2016/07/27 21:50
18
2016/07/27 21:51
19
2016/07/27 21:51
第四章
20
2016/07/27 21:52
Lycoris radiata(リコリス・ラディアータ)
2016/07/27 21:53
Full Moon (hello,good bye)
2016/07/27 21:53
21
2016/07/27 21:55
月の繭
2016/07/27 21:56
22
2016/07/27 21:56
23
2016/07/27 21:57
幕間
次元回廊Ⅱ 蛇足
2016/07/27 21:58
最終章
かっこうの、つけかた
2016/07/27 21:58
エピローグ
2016/07/27 21:58
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ