挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
紺青ラプソディー 作者:トラユラ

次男様のお部屋2

 

 

 
「次男様。し」

「フレーテ。」

「…フレーテ様、しご」

「フレーテ。」

「仕事って、何したら良いんですかね?」

 埒が明かない。
 ついさっき、彼は青い騎士さんに言っていた。
 私に仕事を頼むから、と。
 ということは仕事があるのだろう。
 それなら早く指示を出して欲しい。
 彼はどうしても私にフレーテと呼ばせたいらしいが、さすがに呼び捨てはちょっとなぁ。

「フレーテって呼ばないなら、呼ぶまでこの部屋に閉じ込めても良いんだよ?」

「フレーテ、仕事の指示をお願いします。」

 そっと頭を下げてそういった。
 なんといいますか、私の立場は凄く弱い。
 ふと顔を上げて次男様の方を見ると、未だに不服そうな顔をしていた。
 何故だろう、私が折れて名前を呼んだと言うのに。

「あの伯爵とは親しそうに話すのに、僕と話すときは敬語なの?」

「…っ、」

 何だこの人、どこまで知ってるんだろう?
 赤松と一緒に居る時は、一応周囲に人が居ないことを確認してから通常通りの口調で話している。
 奴と仲が良いということをバラしていない人が一人でも居れば、当然敬語で話している。…崩れかけた敬語だけど。
 どこかで見られていたのだろうか、と思ったが、そもそも次男様は滅多に部屋の外に出ないと言っていたし…

 完全に動揺してしまった私は、咄嗟に右足を引いた。
 いつでもドアの外に出られるように。
 形振り構っていられないし、本当に大声で青い騎士さんを呼びたくなる勢いだ。

「外に出ちゃダメだよ。おいで、トリーナ。」

 す、と立ち上がり、素早い動きで私の手を引く次男様。
 彼はそのまま私を抱き寄せ、くるりと反転する。
 そして流れるような動きでドアに鍵をかけた。
 簡単に開きそうな鍵ではなく、彼の手元にある鍵を使わなければ開かないようなものだ。
 っていうか機敏な動き出来るんだな。引き篭もりと思って油断した。

「仕事をしてもらわなきゃ。」

 そう言った彼は、私を抱きかかえたまま部屋の奥へと進んでいく。
 床に散らかったままの本を器用に掻き分けながら。

「あの、仕事って、」

「はい、どうぞ。」

 彼は私の言葉を遮りつつ、下ろしてくれた。
 お尻には、ぽふん、と柔らかいものが当る。

「トリーナがこの部屋に来てくれるって言うから、ソファだけは綺麗にしておいたんだ。」

「は、はあ…」

 私が下ろされたのはソファの上で、言われた通りソファの周辺のみ片付けられている。
 他はもう所狭しと本が積んであり、言葉通り足の踏み場も無い状態だ。
 仕事は、それの片付けで良いのではないだろうか。

「はい。」

 ぼんやりと本を見ていると、膝の上に何かが乗せられる。
 本からそちらに視線を移すとそこにあったのはソファの隅に置いてあったクッションだった。

「ふわふわですね。」

「うん。トリーナ、ふわふわしたもの好きでしょ?それあげる。」

「え?いや、貰えません、」

 確かに、ふわふわしたものは好きだけど…。

「新品だよ。トリーナの為に用意してたんだから遠慮しなくても良いよ。」

 そういう問題ではない。

「あ、あの、次男様、」

「…フレーテだってば。」

 ムッとしたようにそう言いながら部屋の隅に置いてあった袋を手に取っている次男様。

「フレーテ、仕事は何をすれば良いんでしょう…?」

「良いから座ってて。」

 にっこりと笑った彼は言う。
 その笑顔に裏表は感じない。とても楽しそうな笑顔だ。

「何故鍵を閉めたのでしょう?」

「だってトリーナが逃げそうだったから。」

 そりゃあ逃げたくもなるわ。
 自分以外の人が知る由も無いようなこと次々言い当てられてるんだから、怖くないわけがない。

「それは、うわっ」

 逃げたくなるような事をされたからで、と言おうとしたのだが、彼が勢い良く私の隣に腰を下ろしたので言葉が繋げなかった。
 勢い良すぎてその反動で私の尻が跳ねたんだけど。
 文句を言おうと口を開いたところで、彼が持っていた袋から何かを取り出した。
 そしてそれを私の目の前に突き出す。

「これ!あげる。」

「…っ!!」

 突き出されたそれは、ずっと前に雑貨屋さんで見たくまのぬいぐるみだった。
 それを買うために、ここで働き出してからずっと貯金していたんだけど。
 もしかして、この人はそれも知っていたのだろうか…

「あの時、約束したよね?次に会った時にあげるって。随分遅くなっちゃったけどね。」

 と、苦笑気味に言う。
 どうやら知っていたわけではないらしい。
 ほんの少し安心した。

「…じゃ、じゃあさっき言ってた約束って、」

「それとこれは別の約束だよ!本当に覚えてないんだ…。」

 彼はくまのぬいぐるみを私に押し付け、しょんぼりと俯いてしまった。

「あの、ご、ごめんなさい…」

「ううん。良いんだ。トリーナも僕も小さかったからね。」

 顔は寂しそうなままだったが、彼はそっと微笑んでくれた。

「…ところでこのぬいぐるみ、」

「それね、トリーナが欲しいって言ってたものにぴったりだったんだ。銀色の毛皮で、首に赤いリボンをつけたくまのぬいぐるみ。」

 言われたとおり、銀色で首に赤いリボンが巻かれている可愛いくまさん。

「私、そんなこと言ったんですね…」

「うん。もしかして、今はもう気が変わってたりする?トリーナももう子供じゃないもんね、大人の女性だもんね、宝石とかのほうが良かったかな?」

 と、どこか心配そうな目をして私の顔を覗き込む。

「いえ…実は、これを買うために貯金していたんです。」

 そうやって口にすると、急に恥ずかしくなってきた。
 そうだよね、次男様の言う通り私はもう子供じゃないんだし、ぬいぐるみなんて欲しがってる歳じゃないよね。

「良かった!…貰ってくれるよね?」

 彼の私を見る目は真剣そのもので、貰えませんとは言い辛い。
 それにずっと欲しかったものだし貰えるものなら貰いたい。
 どうしようか…

「でも、その…」

 ふとさっき『あげる』と言われたクッションが視界に入る。

「じゃあ!じゃあそのクッションはトリーナがこの部屋に来た時用にここに置いてって良いから、くまさんだけは持っていって!お願い。」

 お願いって…お願いっておかしいだろ。
 と思いつつ、私は首を縦に振った。
 欲望に…打ち勝てなかった…!
 私が頷くと、彼はとても安心したように息を吐く。
 そのリアクションの意味が解らなかった私は、ふと隣にある彼の顔を見る。

「それがあれば、トリーナは寂しくない?」

 そんな事を聞かれた。

「寂しい…?」

「あの日、トリーナは言ったんだよ。寂しいからくまさんが欲しい、って。」

 全っっ然覚えてない!

「僕ね、あの時『トリーナはお母さん居なくて寂しい?』って聞いちゃったんだ。今考えれば酷い事言ったって思ってる。」

 孤児院に居る子にその質問はさぞ残酷だっただろう。
 おそらく彼は、その言葉を放ってしまったという罪悪感で約束を覚えていたんだと思う。

 きょとんとしたまま彼の顔を見ていると、彼はふと笑い出した。

「本当に覚えてないんだ、可愛いなぁトリーナ。あの頃から全然変わってない。」

 …ごめんね、途中で変な記憶を思い出してしまったから中身はちょっと変わっちゃってるかもしんない。と思ったが、そんな事言えるわけもなく。

「ねぇトリーナ、あの日の約束は絶対に思い出せない?」

 これだけ会話をしても思い出せなかったんだから、今後思い出せる自信は皆無だ。

「私、孤児院に入る前の記憶が一切ないので…ちょっと記憶力が残念なのかもしれません。だから、」

 きっと思い出せません、と言おうとしたのだが、唐突に頭を撫でられたので驚いて固まってしまった。
 っていうか、次男様と言い奥方様と言い人の言葉を最後まで聞いてくれない確率高いよね。
 親子ってそんなところまで似るんだろうか。

「じゃあヒントだよ。あの日、僕は提案したんだ。そしたらトリーナは『うん、わかった。』って言ってくれた。」

 今更ヒントかよ。しかも全然覚えてないし。
 提案…提案か。
 小さい子の約束だろ?小さい子にありがちな…

「…結婚するとか、」

 そんな言葉が口を衝いて出た。
 日本に居た時友人が話していた初恋の相手は幼稚園の時同じ組だった子だとか、その時結婚する約束をしたことがあるだとか、そんな話を思い出したから。

「ト、トリーナがその気なら、僕はそれでも良いんだけど…」

 こらこら頬を染めるんじゃない。
 まぁそんな事を言うのなら、約束の内容はそれではないんだろう。安心した。
 結婚じゃあないのか。
 そういえば、この人は私がこの部屋に入ってきた時『僕のトリーナ』と言ったな。
 それで思い出すのは奥方様の言葉だ。
 あの人も確か『会いたかったわ、私のトリーナ』と言っていた。
 …今考えたらこの親子、第一声が全く同じなんだな。
 顔もそっくりだし、本当に親子なんだなぁ。
 おっと、思考がズレていた。
 第一声が同じだったということは、彼はもしかしたら私を養女にする話を奥方様から聞いていたのかもしれない。

「…妹?」

 未だに若干頬を染めたままの彼を見てそう呟くと、彼の顔はあからさまに輝きだした。

「思い出したの?」

「いえ、推測ですけど。」

「…そか。そう、僕の妹になってってお願いしたんだ。そしたらトリーナは『良いよ』って。」

 それ、おままごとか何かしてたんじゃないの?という言葉が喉元まで出かかった。
 …って、その話するために鍵閉めたの?
 それよりも、自分以外が知らないことを知っていたのは何なんだ、この話とどう繋がるんだよ。
 なんだー妹かー!と安心しそうになったのも束の間、怖い事に変わりはなかった。

「僕はトリーナが家に来てくれるのをずっと待ってた。それなのに、トリーナは一向に来てくれなくて…」

 それは多分、私が養女の話を断ったからだろうな。

「それは、」

「お友達が行かないでって泣いたからでしょう?トリーナは優しいから。でも、僕よりお友達を選んだ事はちょっとだけショックだったよ。」

 咄嗟にごめんなさい、と謝る。

「良いんだ。トリーナはこの家に来てくれたんだから。」

 そう言って嬉しそうに笑いながら私の頭を撫でる次男様。

「…あの…その、妹の話と、私の最近の事を知っていた事とはどういう関係が…」

 ほぼ自分しか知り得ないことを知っていたのだから、その部分はちゃんと聞いておかないと、今後怯えながら生活しなければならなくなる。

「だって僕はトリーナのお兄さんだからね、妹の事を守るためには、知らないことがあったらダメだから。」

 とんでもないシスコン発言だからな、それ。

「そ、それにしては知りすぎかと、」

「そうかな?トリーナのことは父様と母様に全部報告してもらってたから知ってるだけだよ。」

 そうか、旦那様と奥方様が報告していたのか。
 …いや、だとしても赤い騎士さんに襲われかけた事を知っているのはおかしくないだろうか。
 私の表情が晴れない事に気が付いた彼は、一つ補足してくれた。

「もちろん騎士や使用人さん達にも色々教えてもらってたよ。まぁ…ファルケさんは何も教えてくれなかったけど。」

 と。
 ってことは赤い騎士さんが『襲ったけど返り討ちにあいました』とか、そんな報告でもしたのかな。

「トリーナと会わせてもらえない間は皆に報告してもらってたから寂しくなかった。…いや、こうして触れられなかったから寂しかったのは寂しかったけど。」

「…何で会わせてもらえなかったんでしょう?」

「母様と同じ理由だよ。ベタベタに甘やかして、トリーナの仕事を邪魔してしまうかもしれなかったから。でも母様がトリーナと接触したんだったら、僕ももう会っても良いかなぁって。」

 本当にそっくり親子だな。
 あまりにもそっくりなので、不意に笑いが込み上げてきた。

「で、でもねトリーナ、その、トリーナがさっき言ったみたいに、お嫁さんになってくれても、」

「そんなこと言ってません。」

 次男様は撃沈した。

「…でも、妹にはなってくれるんだよね?」

 と、叱られた子犬のような目で私を見る。

「こうして働き出しましたし、今更こちらの家の養女になることはない思いますが…形だけなら。」

 良いんじゃないでしょうか?と首を傾げて見せると、次男様は両手を上げて喜んだ。余程妹が欲しかったんだな。

「やった!」

「じゃあ、フレーテお兄様…ですね。」

 ふふ、と笑いながら言うと、彼は目を丸くしてこちらを見る。

「トリーナ、もう一度言って?」

「…フレーテお兄様?」

 もう一度、今度は彼の顔を見ながら言うと、思いっ切り飛びつかれた。
 完全に気を抜いていたので、私は抱きつかれたままぐいぐいと押されてしまう。
 物凄い力なんだけど!引き篭もりと思って油断した!

「うぎゃー!」

 潰れるー!なんて言っていたら、廊下の方から轟音が聞こえてきた。
 そしてすぐにガンガンガンガン、と物凄い音がする。
 どうやら誰かがこの部屋のドアを叩いている…いや殴っているようだ。
 …多分青い騎士さんかな。




 
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
▲ページの上部へ