挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ARCADIA ver.openβ≪Playing by Elz≫ 作者:Wiz Craft

〆 第五章 『双華祭』

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

152/242

 S19 DIFORE 待ち時間にて

 時刻はPM8:25。本日ニ度目のオートマタ戦を終えた一同は夕食を取るために再びDIFOREへと集まっていた。待ち時間なく入れた昼とは大分様子も異なり、店内は満席らしく入り口から店内まで冒険者が並んでいたが、とりあえずエルツは店の中へと入り予約表に名前を記入して入り口で並ぶ仲間の元へと戻る。

「予約七番目だった」

 エルツの言葉にトマは「随分と込んでるんだね」いつも通りの和やかな表情で並んでいる冒険者達を見回した。

「祭刻だから自然と人は街に集まりますし仕方ないですよ」とアリエス。
「待つの面倒くせぇな。ああ腹減った、今日ならバッファローステーキ500gは食えそうなのに」と空かせた腹を抑えるケヴィン。

 女性陣はPBを開きながら何やら調べ物をしているようだった。

「熱心に何を調べているんだい?」とトマの質問に顔を上げるユミル。
「あ、次の相手の情報がないか皆で掲示板を調べてるんです」

 その答えに感心したように頷くトマ。
 Magician of Blueの情報か、今朝の時点では有益な情報は見当たらなかったが、夕方からのこの僅かな時間の間に攻略情報を載せてくれた心優しいプレーヤーは存在するだろうか。
 エルツもまた並んでいる間の時間潰しにとPBを開きCITY BBSへとアクセスを始める。

――そう言えば、昨日のジュダさんのスレッドはどうなったかな――

 そうして、エルツは昨日のジュダの書き込みの検索を始める。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 City BBS
▼攻略掲示板

ALL ●【攻略】オートマタ戦/Judah(01/双華/光/1 22:15)
  →Re:【攻略】オートマタ戦/Ury(01/双華/光/1 23:23)
  →Re:【攻略】オートマタ戦/Ghoul(01/双華/光/2 0:07)
  →Magician of Blue対策/Judah(01/双華/光/2 19:45)
   →Apolon様発見★/Maco(01/双華/光/2 20:03)
    →Re:Apolon様発見★/Ury(01/双華/光/2 20:17)



 □投稿者 Judah 【攻略】オートマタ戦

 オートマタ戦に関する攻略スレ。
 情報提供頼む。
 ちなみに当方は制限Lv10、魔法攻撃力フルブーストの状態にて
 先ほどMagician of Redをクリア。
 立ち回りは下記の通り。

 ■立ち回り

 開幕ファイアボール。敵がファイアボールを生成する前に、とりあえず一発目を撃ち込む。その後敵の射程限界まで逃げ、八メートルラインでファイアボールを誘導する。この間に、こちらもファイアボールを生成。敵が一発目を撃った後、射程外へ逃れてしまうと敵はファイアボールの生成行動を優先するので、あくまで射程内ギリギリで敵の攻撃を誘導する。二発目を敵が撃ったら即座に接近し、フロートしていたファイアボールを叩き込む。魔法を叩き込んだら再び距離を取り、射程限界で敵の攻撃を誘導し二発目確認後、接近して魔法発動。以下繰り返し。こちらの発弾数を数えていたところ、かすりHitも含め五発目で撃退に成功。

 ■報酬品
 ピエロキャップ(効果:????????)

 ■クリア後

 現在、Magician of Red撃退後、再びチャレンジしたらMagician of Blueが出現。防具・アクセサリは変わらず今度は互いにウォーターロッドを装備しての制限バトル。初戦は言うまでもないが敗退。撃退成功者、プレイ報告求む。

 □投稿者 Ury Re:【攻略】オートマタ戦

 詳細報告に感謝。しかし、報告通りにプレイして撃沈した自分がいる。二発目見てから飛び込むタイミングがどうしても出遅れる。なんか人形のくせに妙なプレッシャーを感じるの気のせいですか。しかも赤ピエロで既にヒーヒー言ってるのに後続が居るのか。なんか他の色も居そうで滅茶恐怖感じるのは自分だけ?

 □投稿者 Ghoul Re:【攻略】オートマタ戦

 いや他の色の可能性は否めない。Magician of Redはなんとか撃沈に成功したけど、俺もその後のBlueで今手詰まり。あの防御性能は反則的だろ。カウンターが痛すぎる。

 □投稿者 Judah Magician of Blue対策

 先程Magician of Blueの撃破に成功。
 詠唱キャンセルを使って、敵の魔法を誘導してやれば
 然程脅威な相手でも無い。
 立ち回りは下記の通り。

 ■立ち回り

 まず開幕ウォータースフィア。タイミングよく重ねないとカウンターを食らうので注意。その後は大体敵と四〜五メートル程の距離をキープして、ウォータースフィアを詠唱キャンセルする。敵はこちらの詠唱に反応して、ウォータースフィアを発動するので、敵がウォータースフィアを放ったのを確認したらすかさず詠唱開始。ウォータースフィアの再発動所要時間は十秒なので問題なく一方的に打ち込む事が可能。あとはその繰り返しで問題なく撃破できる。大体五発前後が目安。

 ■報酬品
 ピエロブーツ(効果:????????)

 ■クリア後

 例によってMagician of Blue撃退後、再びチャレンジしたらMagician of Blownが出現。防具・アクセサリは変わらず今度はストーンロッドを装備しての制限バトル。多分だが、成功報酬のピエロ防具部位から考えると、このBlownを除いてあともう一体は存在すると推測。

 □投稿者 Maco Apolon様発見★

 トピックとはズレた内容すみません!
 ただいまオートマタ付近でMaster GuardianのApolon様を発見しました!
 どうやらオートマタのイベントで遊んでいたみたいです^^
 そのApolon様が見慣れないピエロの衣装に全身を包んでいたので報告させて頂きます。

 □投稿者 Ury Re:Apolon様発見★

 自分も見た。アポロン可愛ゆす!全身ピエロの衣装だった事から多分Judah氏の推測は当たってると思われ。ピエロ防具に加えて、何か見慣れないロッドも持ってたなぁ。なんか五色に輝く不思議なロッドでした。自分が赤オートマタにヒーヒー言ってる間にあの子はもしかしてもうイベントアイテムコンプリートしてしまったのだろうか。流石神童、えらい!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 ジュダの書き込みの内容に読み耽るエルツ。どうやら彼は既にMagician of Blueの撃破に成功したようだった。

「すごいな、ジュダさん。Magician of Blue撃破したみたい。プレイ報告が載ってるよ」
「本当ですか!?」と女性陣がエルツのPBを覗き込み自らもそのスレッドへとアクセスを始める。

 そんな中、ジュダの成功を聞いたポンキチがチッと舌打ちをするのが聞こえた。

「あ、アポロンくんの事も書かれてる」とペルシア。
「アポロンちゃん可愛かったね」と微笑むユミルにミサも笑顔で同意する。

 そんな会話が不服だったのか、皆の前で頭をピエロキャップに変更するポンキチ。

――どこまで歪んでるんだお前は――

 そんな無言の突っ込みを入れたその時、店員からちょうど呼び声が掛けられた。

「八名でお待ちのエルツ様」
「あ、はい」

 エルツが手を挙げると店員の女性が忙しそうに案内を始める。

「お席の方にご案内させて頂きます、こちらへどうぞ」
「ほら、ポンキチそんなもん被ってないで移動するぞ」

 そうして一同はオートマタ戦の合間の束の間の休息を楽しむのだった。
 冒険者で賑わう店内の雑音には、エルツ達の笑い声もいつしか織り交ざっていた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ