挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。
<R15> 15歳未満の方は移動してください。
この作品には 〔ガールズラブ要素〕 が含まれています。

私はもう一度、恋をする

私はもう一度、恋をする④

「私はもう一度、恋をする」の続編です。
『おとうさんがほしい』
一年前のクリスマスに私が娘にクリスマスプレゼントに何が欲しいか聞いた時の娘の回答。私はその一言に何も言えなかった。娘は父親が亡くなったことは知っているが、その意味を知らない。私にとっては夫を亡くしたことは大切な人を失ったことであり、娘の一言は私にとって心に突き刺さるものだ。娘には『サンタさんにお願いしとくね』と誤魔化したが、クリスマス当日は娘にどうやって説明すべきか悩んだ。結果、娘には魔法少女の変身グッズをプレゼントした。しかし、娘は『おとうさんじゃないといや!』と言われた。『わがままを言っちゃダメ!』と叱りたいが、娘と私が失ったものは同じな上に、私も欲しいため、娘には何も言えなかった。私にとって辛いクリスマスだった。しかし、今は違う。夫であって、夫ではない人が私と娘の近くに居る。私たちの家庭事情を把握した上で、大切な時間を割いて真摯に私たちに向き合ってくれる人。
今日はクリスマス。遅いクリスマスプレゼントは今日も私たちのために来てくれる。そして、玄関のインターホンが鳴る。私と娘は玄関に向かう。今日は一年前の分も楽しもう。その前に言わないといけないことがある。
『サンタさん、私たちにプレゼントをくれてありがとうございます。大切にします』
読んでいただき、ありがとうございます。
頑張ります!

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ