挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

ストレプトカーパスの零し言

作者:綿津見
すとれぷとかーぱすのあやしごと │ 死にたいなあ、とぼんやりと思う。自殺を試みるほどの強い衝動ではない。ただ特に思い当たる節のない、薄く薄く引き伸ばされた感情が、もうずっと剥離することもないまま喉元から背中にかけて張り付いている。──そんな感情を抱えながら、高校生・井々城千草は生活を送っていた。ある日、千草はセーラー服を身に纏った少女に出会う。その正体は、誰かの《代わり》であることに嫌気の差したドッペルゲンガーだった。死にたがりの人間と、人間になりたいドッペルゲンガー。二人は出会った。出会って、しまった。 │ 2週間足らずのやさしい話。2015年1月に発行した同人誌の再録です。
01:2月4日(水)
2016/09/07 19:09
02:2月6日(金) (1)
2016/09/07 19:23
02:2月6日(金) (2)
2016/09/09 19:00
02:2月6日(金) (3)
2016/09/09 19:00
02:2月6日(金) (4)
2016/09/11 19:00
03:2月9日(月) (1)
2016/09/11 19:00
03:2月9日(月) (2)
2016/09/13 19:00
03:2月9日(月) (3)
2016/09/13 19:00
04:2月13日(金) (1)
2016/09/15 19:00
04:2月13日(金) (2)
2016/09/15 19:00
04:2月13日(金) (3)
2016/09/17 19:00
04:2月13日(金) (4)
2016/09/17 19:00
05:2月14日(土) (1)
2016/09/19 19:00
05:2月14日(土) (2)
2016/09/19 19:00
06:2月15日(日)
2016/09/21 19:00
07:4月30日(土)
2016/09/23 19:00
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ