挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。
<R15> 15歳未満の方は移動してください。

約束

作者:Karl
私は小学生の時からの友人と約束をしました。
その友人と約束をした内容は
(お金の貸し借りはしない。)

たったこれだけの優しい約束でした。

なぜこのような約束をしたのかと言うと
高校の時私に一万円を貸してくれと彼は言ってきました。
私は彼のためにならと思い貸してあげました。

「何に使うの?」と聞くと

「母親が病気で。薬を買わないと、、、」
そう言ってました。


今となったら、嘘だとすぐにわかりますがあの時は分かりませんでした。

これが嘘だと分かったのは彼が彼女とデートしていた時でした。

彼はお金がないといっていたのに彼女のためにネックレスを買ってあげてました。


私はすぐに気づきました。
彼はお金がなかったなんて嘘だったんだと。


彼に聞くと


「ネックレス買うのにお金が足りなかったんだ」
そう言いました。


私は怒りました。
「もう嘘をつかないでくれ」そう伝え約束しました


しかし昨日彼は約束を守りませんでした。


いい忘れてましたが約束を破ったときには罰ゲームがあります。


一万円借りるなら指一本百万円なら首一本






彼は何万かりるんでしょうか?

私は斧をもって彼の家に行くことにします

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ