挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ランドスケープ・アゲート 作者:紅亜真探

【二】 逃亡 -ユウの過去編-

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

96/236

スナイパー

 徹甲弾の軌道とはかなりの距離があったとはいえ、宙吊りのマンムートは、またしても揺れた。
 前後左右ならばまだいいが、上下となると具合が悪い。テリーのL・J、シューティング・スターは、ようやくたどりついた甲板の上で、這いつくばるようにして風が通り過ぎるのを待つ。
 その間、テリーがしたことといえば、水筒に用意した酔い覚ましの水を飲み、ブリッジから転送されてきたオルカーン内部の見取り図と、目の前の視界を堂々と埋めるオルカーンの後部とをつき合わせる、このふたつであった。
『さ、て……』
 揺れがおさまったのを見計らい、シューティング・スターは伏射の姿勢をとった。つまり、腹ばいから上体のみを起こし、ひじでライフルを支える射撃体勢である。
 テリーは、シューティング・スターの重心が板面に落ち着き、安定状態に入ったのを確認すると、
『ロック』
 低く、つぶやいた。
『スナイパーモード、スタンバイ』

 すると、コクピット内に、ウウ、とモーター音が起こった。
 動いたのは、テリーの座るリニアシート。それがレール上をスライドし、一メートルほど後方へ移動する。
 次に、シート裏のホルダーから、愛銃ラッキーストライクを引き抜いたテリーは、コードのついたスコープを所定の位置へはめこみ、ななめがけした弾帯の、丁度、自身の心臓の位置におさまった弾丸を抜いた。
 これだけは、ただの弾丸ではない。薬きょうに関しては他と同じ金色だが、弾頭が、透き通ったマリンブルーをしている。
 テリーはそれにキスを落とし、薬室(チャンバー)へと押し入れた。
 これで、準備は完了である。
 ライフルを構え、
『リンク』
 そのひと言で、テリーのライフルと、シューティング・スターのライフルとが接続した。
 今、メインカメラからの外部映像はスコープを通して表示され、代わりに正面モニターには、観測手さながら、風向、風速、距離その他、ひどく角ばったデジタルフォントが並んでいる。
 挿入された例の弾丸の内部では、常時、連動用の高精度変位センサーが射出角を割り出しており、これが、テリーの微調整を、寸分たがわずシューティング・スターへ伝えてくれるのである。
 ちなみに、スナイパーモード時のみ、排きょう、装填の一連の動作はセミオートでおこなわれ、フットペダルがその役割を担っている。
 すべての接続が良好であることを確認したテリーは、唇をすぼめ、細く長く、息をはいた。

 いまだ謎の多いジョーブレイカーは別として、テリー・ロックウッドは仲間内で唯一、近代的な軍事訓練を受けた男である。
 正々堂々をよしとする騎士道を排し、団体行動などという軍そのものの概念を排し、自分自身さえも念頭から排除するよう教育されたこの男は、ひとたびスナイパーとして戦場に立てば、別人のように心を空しくすることができた。
 ……いや。あるいはこの性質こそ生来の才能で、そこを将軍ケンベルに見出されたのかもしれない。
 テリーは険しい顔ひとつせず、まるで草原に舞う蝶を追うような目つきでスコープの奥を眺め、よく訓練された両腕が、目標であるオルカーン装甲板の継ぎ目に、スコープの十字を合わせてくれるのを待った。
 そして、意思がこれといった命令を下す前に指が動き、着弾を確認する前に、当たった、と感じた。
 弾丸は狙いあやまたず、五発、同じ場所へ命中した。


「ぬ、おお!な、なんじゃあ!」
「重光炉破損!第一、第二光炉が全壊です!」
「原因は!」
「ま、待ってください!」
 赤色灯とサイレンの中、オルカーンブリッジは騒然となった。
 背を突き飛ばすような大きな揺れは一度。だが、それ以降は出力が上がらず、高度がみるみる落ちていく。
 右舷側砲も射撃を中止し、オルカーンは、走りまわるクルーたちの靴音と喧騒とで、すぐ隣にいる者との会話さえ困難になった。
「ええい、早く火を消さんか!機関長はどうした!」
「も、紋章官殿!狙撃です!狙撃されたようです!」
「なにい?そんなわけあるか!」
 と、オルカーンのメインモニターに、艦尾下方カメラの映像が映し出された。
 鼻先をななめ上へ向けたマンムートと、その甲板に張りつくシューティング・スターである。
「テリー・ロックウッド?なんちゅう奴じゃ!」
 グレゴリオは驚嘆した。
 そこへ、
「紋章官殿!閣下より通信です!」
「つなげ!」
 画面が変わった。

『とっつぁん、どんな具合だ?』
「はあ、こいつはいけません。第一、第二がやられました」
『飛べるか?』
「今、復旧作業をさせとりますが、難しいですな。出力が半分以下に落ちとります」
『そうか……わかった。アンカーを切り離せ。トラマルに戻る』
「はあ?し、しかし……」
『構わんさ。ギュンターのこともある。だろう?』
「はあ……」
『どこか適当な場所を見つけて、上手く降ろしてやってくれ。俺からのせん別だ』
「……了解です。大将は?」
『もうひと揉みしてくる。こっちはこっちで、面白くなってきたんでな』


 後部から黒煙を噴きながら、オルカーンは高度を下げていく。
 切り立った山の頂をかすめ、ゆるやかな白い斜面へ、マンムートは滑るように近づいた。
「早いな……」
 と、ハサンがつぶやいたのは、物理的な速度に対してか、それとも、スピードスターの決断か。
 それがどちらであろうと、現実はハサンにとって好ましくない方向へ進んでいるらしく、その口からは珍しく舌打ちが聞こえ、そしてこれも珍しいことに、はた目にはそれとわからないほど素早く軽く、指が額と胸にふれた。
「ハッチは閉じているな」
「は、はい、でも……!」
「全員衝撃に備えろ」
 インターカムを通したその声が、いやに無情に、艦内を響き渡るか渡らないかのうちに、その滑らかにも見える雪面へとキャタピラが接地し、直後、激しい衝撃がマンムートを襲った。
「きゃッ!」
「くッ……!」
 マンムートは、轟々と引きずられながら大量の雪をかき集め、双角も見えなくなるほどに埋もれていく。
 その振動は、やもすれば、この鋼鉄の巨体が粉々になってしまうのではないかと思えるほどで、すでにアンカーのロープがオルカーン側から切り離されていたことさえ、誰も気づかなかった。

 ……そう。
 その中では、これは仕方のない事件だったのかもしれない。
 衝撃を受け、甲板をバウンドしたテリーのシューティング・スターが大きく空を舞い、氷の斜面をなすすべもなく滑り落ちていったことなど、誰も気づかないのが当然であった。
 いや、わかっていたところで、誰にも救うことはできなかっただろうが、オルカーンの機関部を狙うと決めた時点で、こうなる可能性がある程度存在していただろうことを考えると、ハサンによって仕組まれた人災と言えないこともなかった。
『くッ、う、う、うう!』
 すでにモード解除していたテリーは、必死に操縦桿を操ろうともがいたが、想像以上に氷が硬い上、命よりも大切なラッキーストライクをかかえたままで、思うようにいかない。
 どうにかシューティング・スターの手足を突っ張り、丸太のように転がることだけは阻止したが、はたと気づいたときには……、
『あ……!』
 目の前に巨大なクレパスが、黒々とした大口を開けていたのである。
『……ああ……』
 これで終わりか。
 テリーは操縦桿からも手を離し、奇妙な浮遊感の中、ラッキーストライクを強く抱いた。
 思い出すのは師と仰いだ、あのしわの深い、温かい微笑みばかりであった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ