挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ランドスケープ・アゲート 作者:紅亜真探

【二】 逃亡 -ユウの過去編-

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

95/236

光彩陸離

『テリー・ロックウッド。あの男を出すと言っていたな』
『ああ』
 クジャクの、冷静そのものの問いかけに、ユウは、何故か次の行動に移ろうとせず周囲を旋回してばかりいるベネトナシュから、目を切らずに答えた。
 音速を超えるベネトナシュの軌道を見切る。こうして言えば、まるで馬鹿げたことのようにも聞こえるが、その速度ゆえ容易に舵を切ることができないだろうことを考えると、決して、無駄な行為ではない。
 少なくとも、空中戦をモチに頼り切っているユウにとっては、これがただひとつ残された仕事であった。
『テリー・ロックウッドにはライフルがある』
『ああ。ハサンは、オルカーンを撃たせる気だ』
 ユウのこの考えも、あながち間違ってはいない。
 ただ、撃つのはオルカーン本体ではなく、心臓部。それひとつでもL・J十数機をまかなえる巨大光炉をさらに五つ連結し、互いに電力を供給し合いながら膨大なエネルギーを発生させる、『五連重光炉』である。
 その、最も外側に位置する光炉を狙い撃ち、あくまでも墜落させないよう、出力だけを殺そうというのだ。
『とにかく今は、彼に賭けるしかありません。我々は時間稼ぎ、それだけです』
 クジャクは、そうだな、と答えた。
『とはいえ、さ、どうしたものか……』
『モチ』
『はい?』
『将軍機を向こうへ近づけるな。あの風は危険だ』
『……了解です』
『ユウ』
『ああ』
『俺が奴の足を止める。隙を逃さず、斬りつけろ』
 ユウは驚愕した。
 斬るということにではない。クジャクが、ベネトナシュの足止めをするということにだ。
『できるのか?そんなことが』
『わからん。だが、やってみよう』
『それも期待するな、ですか』
『フ、フ、運次第だ。……さあ来るぞ。行け』
 カラスとクジャクは、直後通過した衝撃波の渦に乗り、ふた手に分かれた。

『スピードスター・ホーク!』
『むん?』
 再び機首を返したベネトナシュの鼻先へ、鉄棍を振りかざしたクジャクが迫る。
『ほう、加速する前にやってやろうって腹か!』
 ホークは機体底面のサブノズルを操り、上手く、西向きの強風へ翼を乗せた。
 アクロバットさながらに下降するベネトナシュを、クジャクも同様の動作で追いすがり、
『逃がさん』
 顔の前で刀印を結ぶ。
『どうだ……』
 誰に問うともなしにつぶやいた言葉は、風に乗って消えてしまったかに思えた……。
 ……が、次の瞬間。
 四房に垂れた鎖状の飾り尾羽が、四方へ分散したのである。
『な、なんだ、ありゃあ?』
 飛び散った尾羽は、一枚一枚が薄い円盤状をしており、光炉もモーターも持たないというのに、それぞれが独立して回転している。
 それが自在に飛びまわり、ぴたり、空中で止まったときには、まるで本物の尾羽が開いたかのように、見事な幾何学紋様がクジャクの周囲に描き出されていた。
『こ……こいつぁ……』
 たなびく細羽の溶けこんだ大気が金の薄霞と化し、感じるはずのない異国の芳香さえ漂ってくるようだ。
 コクピットに差しこむ幻光は温かみさえ帯び、言葉を失ったホークは、その神々しいまでの美しさに目を奪われた。

『……将……!』
『う……』
『大将!上じゃあ!』
『!』
 ホークは、とっさに上を見た。
 キャノピー越しに映る影。
 仰角一杯上空から、カラスが、うなりを上げて降下してきている。
 ここでまず上を見ず、なにかしらの操作をしていれば、あるいは、この攻撃をかわすことができたかもしれない。
 だが、ホークは見てしまった。
 見た分だけ行動が遅れた。
『チィッ!』
 ホークは、自ら犯した至極基本的な失敗に舌打ちしつつも、ベネトナシュを小まわりの利く人型モードへと変形させる。
 しかしそれもまた、次の行動を遅らせる要因となってしまった。
 すでにカラスは目の前にあり、クジャクも真横にある。
 光鉄と合金を重ね合わせた、ベネトナシュ唯一の武器とも言える背のウイングでクジャクの鉄棍を弾いたが、もう後が続かない。
 カラスの刃が閃く。
『……フ』
 ホークは観念の眼を閉じ、緊急脱出装置へと指を伸ばした。

 と……。
『右舷側砲!てぇぇい!』
 ここで、右九十度回頭したオルカーンから放たれた砲弾が、ものすざまじい音を立てて飛びこんできた。
 実戦経験には乏しいクルーたちだが、操艦訓練、射撃訓練は、毎日のようにおこなっている。
 無論、照準も測距も適当に打ち出したものだから命中はしなかったが、四百六十ミリ徹甲弾は、ユウがひやりとするほどすぐそばを通り抜け、彼方の山に大穴を開けた。
『とっつぁん!』
『とっつぁんじゃあない!ぼうっとしくさってからに!』
 と、以前上官だったグレゴリオ紋章官だけに、こうなると容赦ない。
 今にも、モニターを突き破って拳が飛んでくるのではないかという剣幕に、ホークは嬉しげな微笑を浮かべ、首をすくめた。
『で、どうするホーク、引くか』
『ハ、ハ、まさか。とっつぁんのくれたチャンス、活かさせてもらうぜ!』
 ベネトナシュは再び姿を変え、絶え間ない砲弾の雨の中を飛び出していった。

 さて、そうなると困るのが、カラスとクジャクである。
 ベネトナシュがチャンスを得たと同時に、こちらは千載一遇のチャンスを逸してしまった。
 それどころか今は、オルカーンの援護射撃まで相手にしなければならなくなってしまったのである。
『くそ……どうする』
『どうする必要もない』
 クジャクは言った。
 俺たちは時間を稼げばいい、と、先のモチの言葉をくりかえし、
『戦艦の目も俺たちに向いている。それこそハサンの望み通りだ。目を開けていれば弾など当たらん』
 いまだ光背然とした円盤群を背負いながらの、その泰然とした姿は、納得の砦長ぶりであった。
『……フ、フ』
『クジャク?』
『いや。……十五年とは、短いものだな』

 クジャクは、刀印を再び胸元に置き、なにか祈りを捧げるような素振りを見せたかと思うと、す、と伸ばした印の指先で、前方を指し示した。
 そこには、軸合わせを完了したベネトナシュと、迫りつつある数発の砲弾がいる。
 ベネトナシュとは比較的距離があったが、砲弾に至っては、その回転が確認できるほど近かった。
『……行け』
 と、クジャクの口から、ごく静かな命令が下された、そのとき。
 背後に散らばる数十枚の円盤が、ピィィンという、なんともいえない摩擦音を巻きながら、空へ散開した。
 この円盤の正体、いわゆる戦輪、チャクラムである。
 環の周囲を刃で囲った投てき武器で、本来、指で回転させて投げ打つものだが、クジャクの場合、それは念動力で動く。
 四、五枚ずつの編隊を組んだチャクラムが、鉄を穿つ徹甲弾の軌道と交差したとき、小規模な爆発がそこここで起こった。
 降り注ぐ鉄片と爆煙のために、ベネトナシュは再び、機首を引かざるを得なくなった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ