挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ランドスケープ・アゲート 作者:紅亜真探

【二】 逃亡 -ユウの過去編-

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

89/236

作戦会議(2)

「盗みとはディナーだ。食材、味付け、演出。そのどれを欠いても、物足りないものとなる」
 そう言いながらモニターの正面へ進み出たハサンは、指揮者のごとく指示棒を振った。
「では今回のディナーはどうか。食材、申し分ない。味付け、これまた結構。だが演出。お粗末としか言いようがない」
 棒の先が、宙を行き来する。
「ユウ。かつてお前には一度だけ、盗みの計画を立てさせたことがあったな」
「……ああ」
 忘れもしない。それこそ、ハサンが囚われる前日に実行された盗みで、自分が立てた計画の不備によって、ハサンが縄にかかり、命を落としたのではないかと、当時はいたく自分を責めたものだ。
「そのとき私は、なにを教えた」
「それは……」
「言葉に出して言ってみろ」
 ユウは、言われるままに頭の引き出しを探った。

「……完璧なのはハサンであって、俺でないことを自覚しろ」
「その通り。そして?」
「……知るべきは相手の情報ではなく、自分の手元になにがあるか」
「そう。お前はまったく、記憶力だけはいい」
「……思考はシンプルに。行動は大胆に」
「結構。だがお前は、その内ひとつとして理解していない」
「そんなことは……」
「ないか?ならば私に助言を求めることもなかった」
 すると、黙って聞いていたララとアレサンドロが、
「ちょっとハサン!ぶっ飛ばすよ!」
「ああ、俺も同感だな。俺たちはそんなことを聞きてえわけじゃねえ」
「おお、おお、仲間運もいいようだ。うらやましい限りだな」
 指示棒を小脇に挟んだハサンは、ユウの鼻っ柱を、強烈に指で弾いた。

「では、お待ちかね、本題といこうか。この暗黒街の魔術師が、最悪極まるこのディナーをどう演出し直すか」
 全員の視線が、待ってました、とばかりに、ハサンへ集まった。
「それは!」
「……」
「……ンンン、いい緊張感だ」
「早く言え!」
「そう急くな。所詮、答えはひとつ」
 パチン、指が鳴る。
「落とす!」
「落とす?……この崖を?」
「いかにも」
「ハ、そりゃいかにも馬鹿げてるぜ」
 アレサンドロは、お手上げ、とばかりに両手を上げた。
「ウン百メートルって絶壁だ。その衝撃で割れちまったらどうする」
「ていうか俺たちはどうするわけ?大体、すぐバレるって点じゃあ、さっきより悪いと思うけどなぁ」
 これにはユウも同意見だった。たとえハサンの言葉だろうと、聖石を叩き落とすなどもってのほかだ。
 しかし、
「だからお前たちは、いつまでたっても貧乏人だというのだ」
 明らかに小馬鹿にした手振りで、ハサンはせせら笑った。
「では聞こう。数万の敵兵に囲まれた状態で、こちらは年寄り子供、女、負傷した仲間をかかえているとする。退路は今にも断たれそうだ。武器もない。さあ、まず考えなければならないことはなんだ?」
「え……」
 一瞬のうちに、ブリーフィングルームは静まり返った。
「アレサンドロ・バッジョ、お前はどうだ」
「……さあな。俺が言いてえのは、今このときに、なんの関係があるのかってことだけだ」
「フン、想像の放棄は感心せんな。だが……まぁよかろう。私が思うに、これは優先順位の問題だ」
「優先順位……」
「今、我々が第一に成すべきは聖石の奪還だろう?そのための計画だ。ならば敵の存在や退路など、二の次ではないか」
 言いつつ、ハサンの指は灰皿を引き寄せている。
「目的はひとつに絞り、その上で頭を使う。……ユウ」
「あ、ああ」
「それを踏まえて答えろ。今回の計画、なにをもって成功とする」
「だから……聖石の、奪還」
「具体的にだ」
「聖石を……マンムートに保護すること」
「それも安全にな。だが、この巨大戦車は山を登れない。ならば考えうる最速、最短の手段は……」
「……聖石を落下させ、マンムートで回収する……?」
「と、なるわけだ」
 そこでアレサンドロが、待てよ、と口を挟んだ。
 先ほど指摘した、
「安全ってのは、傷ひとつつけずにってことだ。あんたの案は、その辺クリアできてねえ」
 というのが理由だ。
「確かに、光鉄の硬度は大したもんだと聞いてるぜ。だが、あんたも知ってるはずだ。ダイヤでも、金づち一本で粉々にできるってな」
「ならばどうすればいい?」
「なに?」
「聖石を傷つけないためには、どうすればいい。そう、次に考えるのはそれだ」
 ここでしばし、ハサンがパイプに草を詰め、火をつける間、沈黙が流れた。


「では、始めから整理してみようか」
 指揮棒を振ったハサンは、モニターに映し出されたオルカーンを指し示した。
「聖石を落下させること自体は、そう難しいことではない。搬入の際には、当然専用の台車に乗せられ、また今もそれに乗ったままだろう。この右舷搬入ハッチから、それごと落とす」
 監視の目をどうするかはともかく、ここまでは、ユウたちにも理解できる。
「問題は、先ほどから話題になっている聖石本体の保護と、その軌道の調整だ。これにはいくつか方法が考えられるが、人間が持ち運びすることを考え合わせると、パラシュートのようなものがベストと思われる。投下と同時に展開し、N・Sカラスが付き添いながら、マンムートまで操作すればいい」
 パラシュート、とは、ユウたち市井の人間には耳慣れない言葉だったが、以前アシビエム街道に現れたジョーブレイカーが乗り物としていた『凧』のようなものだと聞き、なるほどと納得した。
「着地点にはクッション材を用意。着地と同時にマンムートへ回収し、地中から戦域を離脱する」
「ま、待ってください!」
 と、それまでセレンと共に沈黙を守っていたメイが、悲鳴じみた声を上げた。
「コクピット脱出用のパラシュートならストックがありますし、作成経験もあります。でもクッション材までは、とても手がまわりません。資材も足りませんし、時間も……」
「お嬢さん」
「は、はい?」
「君は、首を傾けて世界を見たことがあるかね?」
「は?」
「面白いものだ、一度試してみるといい。風は縦に走り、雨は横に降る」

 すがるようなメイの視線がユウへ向けられたが、それこそ、首を傾けるより他はない。
 脱線するのもいい加減にしろ、と、アレサンドロににらまれながらも、ハサンは白々しく口髭をなでつけ、にやりとした。
「要するに、物事を一義的に捉えるな、ということだ。時にペンは剣となり、靴は盾となる」
「そして、バルーンはクッションになる」
「その通り!さすがはセレン博士」
 ハサンは指を鳴らした。
 つまり、今まさに洞穴の入口を覆っている、あのカムフラージュ用の迷彩バルーンを利用しようというのだ。
「確かにあれなら、突いたり切ったりしたくらいじゃビクともしないけど……その重さに耐えられるかはわからない」
「フフン、では、そのデータを取るためにも是非」
「おや、口が上手いね。いいよ、好きに使って」
「パラシュートは?」
「間に合わせるよ」
「結構。これで、聖石に関しては解決だ」
 言葉を切ったハサンは、ひと口、コーヒーで口を湿らせた。

「では次の問題だ。残された者の退路と、鉄機兵団への対処。先ほど誰だかぬかしたように、ここまでの一連の行動を隠密裏に運ぶことは不可能だ。ハッチを操作した時点で感づかれる。その状況で、どこから脱出するか」
 言うまでもなく、来た道、つまり水道を取って返す、という選択肢は存在しない。出口で待ち伏せされる可能性が高いからだ。
「となると……」
「や、やっぱり飛び降り?」
「フン、では、テリー坊やには飛び降りてもらうとしよう」
「い、いやいやいや!冗談!」
「そう、冗談ではない」
 我が意を得たりと、ハサンは指を突きつけた。
「何故か。我々には翼がないからだ。ならば奪えばいい」
「ま、まさか……オルカーンを?」
「おお、誰か、この馬鹿をどうにかしてくれ。あれに手を出すくらいなら聖石を落とすか?」
「L・Jか」
 アレサンドロの答えに、ハサンはまた指を鳴らした。
「人間が凧を使うには、ある程度の経験が必要だ。それを思えば、はるかに効率がいい。しかも、同時に他のL・Jを破壊できれば足止めにもなるだろう。今更、奪う物がひとつやふたつ増えたところで大勢にも影響はない」
 ただし。
「将軍機、『神速のベネトナシュ』が現れなければ、の話だ」


 その頃。
 高機動戦艦オルカーンのブリッジでは、キャプテンシートへ鎮座する年寄りが、針金のように尖った髭をかいていた。
 いかめしい眉の下からのぞく目は大型メインモニターへと注がれ、
「参った……」
 視界の大部分を占める雲海を前に、ほとほと弱り果てた様子だ。
 しかし、帝国の誇る空中戦艦が、本当に、これしきの吹雪で足止めを食らうものだろうか……。
「大将から連絡は!」
「依然ありません。機影もキャッチできず」
「もういっぺん呼んでみんか!」
「無理ですよ」
 通信士と操舵士は、それがさも当然であるかのように答えた。
「かぁぁ!これ以上は待てんぞ!」
「どうします?」
「どうもこうもあるか!……もうええわい!風がおさまり次第、降下開始!大将は病欠!」
「いつもの手ですね」
 操舵士のひと言で、ブリッジは笑いの渦に包まれた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ